下の犬歯の幅を広げても大丈夫?

「下あごの犬歯と犬歯の幅は絶対に広げてはいけない」と古くから言われていますが、本当でしょうか?

1998年 9歳

2003年 13歳

2017年 28歳

前歯にわずかな後戻りはありますが、前から見るとほとんどわからないレベルです。

このケースの場合、リテーナー(保定装置)なしで臼歯間だけでなく、犬歯間の距離も拡大された状態で安定しています。

「下あごの犬歯と犬歯の幅は絶対に広げてはいけない」の反例をここに一つ示しました。

ですから「下の犬歯間の距離を広げては絶対にいけない」は間違いです。

当歯科では必要な場合には、下顎も広げます。インビザライン治療においては、拡大を治療に組み込むのは常識です。

このケースでは、低年齢から歯列を育成することでリテーナーなしで安定した状態をキープしています。