インビザライン矯正でずっと痛む時

インビザラインは他の矯正も比べて痛みは少ないとされています。しかし、ほとんど痛みを感じない人、硬いものを食べるときに痛かった人、と痛みには個人差があるため回答が難しいというのが正直なところです。

ワイヤー矯正に比べれば、マウスピースを使ったインビザライン矯正は短い距離で歯を動かすことから比較的痛みが少ないのですが、力を歯にかけながら歯を動かすために多少の痛みを生じることもあるでしょう。
インビザライン矯正では痛みを感じる「タイミング」に一定した特徴があるため、以下に説明いたしましょう。 


インビザライン矯正で痛みを感じやすいとき

初めてマウスピースを装着したとき

マウスピースを初めて装着するときが、インビザライン矯正で最初に感じる痛みのようです。
矯正前は、歯の根の部分が顎の骨にしっかり固定され埋まっている状態です。そのため、アライナー(マウスピース)を装着すると、強い力が加わり痛みを感じることが多いようです。また、今までに感じたことがない歯の締めつけ感を感じる人もいます。
このように、痛みを感じるときは、食事中硬い食べ物を避けてください。特にマウスピースを装着したばかりのときは柔らかいものを中心に食事をしてください。 
対処法として、痛みは、通常約3日から1週間ほどでなくなりますが、痛みが強いときには痛み止めを利用するとよいでしょう。 

長期間マウスピースの装着を忘れたとき

マウスピースを長時間装着せず久しぶりに装着したときにも痛みを感じるようです。これは長時間マウスピースを装着しなかったことで歯が元の位置に戻ろうとする後戻りを起こすからです。後戻りを起こすと、歯が動いた部分がマウスピースに強く当たり痛みを感じるようです。後戻りを起こす範囲が広ければ広いほど痛みが強いため、装着時間はできるだけ守るようにしましょう。

新しいマウスピースに交換したとき

インビザライン矯正は、マウスピースを一定期間装着したあと、新しいマウスピースに複数回交換することで歯をきれいに並べていく治療法です。新しいマウスピースは、歯の形を変えていくために形状が少し変化し、動かしたい部分に力が加わるため痛みを感じるようです。

時間の経過につれ、最初にマウスピースを装着したときよりも慣れ痛みが軽減し、そのうちにそれほど痛みを感じなくなるといわれています。 
3日ほど経てばこの痛みに慣れて気にならなくなるため、マウスピースの交換枚数が増えるほど痛みに慣れ感じにくくなるといえるでしょう。 

矯正治療に必要な処置を行ったあと

インビザライン矯正の治療には、マウスピースの装着だけでなく歯を動かすために「アタッチメント」「IPR」「顎間ゴム」と呼ばれる処置を行います。
「アタッチメント」は、プラスチック製の素材で歯の表面に突起を作りマウスピースから歯にかかる力を調整するための器具です。アタッチメントを装着するとマウスピース装着後の歯に加わる力が大きくなって痛みを感じることがあります。
「IPR」は、“InterProximal Reduction(アイピーアール)”の略で、歯をきれいに並べるために歯と歯のあいだにやすりをかける処置のことです。この処置で削るのは約0.2ミリとわずかなため痛みを感じることはほとんどありませんが、削ったあとにまれにしみる患者さんもいらっしゃいます。 
「顎間ゴム」は、ゴムが縮もうとする力を利用して上下の歯を動かし、安定した噛み合わせ、歯並びを作るための処置です。ゴムで引っ張りながら歯を移動させるため、歯に強い力が加わり痛みを感じることがあります。 

⑤インビザラインが歯肉に当たって痛い

こちらは歯が動いて痛いと言うよりアライナーの形成不足などの何らかの原因で歯肉にあたり傷を作ってしまい痛みを感じることもあります。

そういった際には直ぐに歯科医院へご連絡ください。

痛みへの対処方法

矯正治療中に痛むときは、痛み止めを飲んだり、硬いものを噛まないようにしたり、とにかく安静にしたりして対処するのがいいようです。

歯科医院では、痛みがひどいときのために痛み止めを処方します。痛みが激しいときは我慢せず痛み止めを飲んで安静にしてください。

また、硬いものを噛むと余計に痛みを感じやすくなるため、痛みがあるときは極力硬いものは口にしないようにしましょう。これは、歯の根っこの周りにある歯根膜(歯と骨を支える膜)に刺激が加わるからです。適切な食べ物は、おかゆ、うどん、豆腐などの柔らかいものです。 ※ここで注意して頂きたいのは、
痛みを軽減しようとマウスピースを外してしまうと、それ以上歯が動かなくなり治療が進みません。インビザラインであれば我慢できないような痛みを感じることはほとんどないでしょう。それでも我慢できないときは、ほかの原因も考えられますので、すぐに歯科医院に相談しましょう。 

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶
インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

2022年度はインビザライン社のプラチナ ステータスを取得しました。

Follow me!