ゴムについて

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

歯の矯正をしていると、「装置にゴムをかけてください」と言われることがよくあります。

矯正を行う方の中には、なぜ、ゴムをかけるのか、常にゴムをかけるのか等ゴムかけの必要性や使用方法に疑問を持つ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそのゴムについて説明していきます。

◎歯の矯正中に使用するゴムとは

顎間ゴム(エラスティックゴム)といい、「ゴムかけ」とも呼ばれます。

上の装置と下の装置にゴムをかけ、ゴムの縮もうとする力を利用し上下の歯を同時に動かし、歯を移動する補助をしたり、顎のずれを改善したりと、噛み合わせを整える処置に有効です。

着け外しは患者様ご自身で毎日行っていただきます。

この「ゴムかけ」は、歯がある程度動いた後の段階(矯正治療の中盤から後半)の一部の期間で行われることがほとんどです。

顎間ゴムに使用するゴムは、用途によって使い分けられ、種類によって太さや強さが何段階にも分かれています。

動かしたい場所や目的に応じて段階的にゴムの種類や掛け方を歯科医師が判断していきながら目標とする歯並びへと近づけていきます。

◎ゴムの種類について

・Ⅱ級ゴム(出っ歯・上顎前突)

→上の前歯を後ろに引っ張るイメージ

主に上の歯が出ている(出っ歯)状態の矯正治療に適したゴムかけの方法です。

上の犬歯(前から三番目)あたりの歯と、下の奥歯あたりの第一大臼歯(前から6番目)などにゴムかけを行います。

このゴムかけを続けることで、上の前歯が後ろに引っ張られ、下の歯と噛み合う状態になっていきます。

上顎前突の症例

・Ⅲ級ゴム(受け口・下顎前突)

→下の歯を後ろに引っ張るイメージ

下顎が出ている(受け口)の場合の矯正治療で用いられる方法です。

上の奥歯あたりの歯と、下の犬歯(前から三番目)付近にゴムをかけていきます。

これにより、下の歯は後ろに引っ張られ、上の歯は前に引っ張られ、上の歯と噛み合う状態になっていきます。

下顎前突の症例

・交叉ゴム(交叉咬合)  

→上の歯を内側へ+下の歯を外側へ/上の歯を外側へ+下の歯を内側へ引っ張るイメージ

クロスゴムとも呼ばれ、上下の歯の噛み合わせが左右にずれている場合の矯正治療で用いられる方法です。

歯を内側または外側に引っ張るため、例としては上の歯の外側にゴムをかけ、下は歯の内側に斜めになるようにゴムかけします。

これにより、歯の側面同士が当たっているような噛み合わせを改善させていきます。

歯の内側と外側で斜めにゴムかけする為、慣れるまでは他のゴムなどより少し難しいです。

交叉咬合の症例

・垂直ゴム(開咬)

→垂直方向に引っ張るイメージ

垂直ゴムは上下の歯の噛み合わせに隙間がある場合の矯正治療で用いられる方法です。

上下で同じ位置にある歯に垂直にゴムをかけることで、上下の隙間を改善させることができます。

開咬の症例

◎顎間ゴム使用中の注意点

・1日1回新しいゴムに取り替えてください。

・できるだけ長い時間の使用の使用を心がけてください。

・飲食・歯磨きの時以外はゴムをかけてください。

◎最後に

筆者も矯正治療中の慣れていない頃は自分でゴムをかけること自体が難しく、大変苦労した記憶があります。

最初は難しいかもしれませんが、しっかりゴムかけをするうちに慣れてきて手際よくできるようになります。

特に奥であるほど、自分でかけるのが難しくなっていきますから、どうしてもゴムがかけられない場合はそのままにせず先生に相談しましょう。

ゴムかけをするための専用のスティックなどもありますし、鏡をみながらコツをつかむまで練習を繰り返すことが大切です。

また、口を動かす度に違和感があったり、歯の動き始めでは痛みが生じる場合も少なくありません。

しかし、患者様ご自身が毎日継続してゴムかけを行ってくださることで噛み合わせが変わり、矯正治療の仕上がり具合、治療期間にも影響がでてきます。

正しい噛み合わせで咀嚼ができるようになると顎への負担も軽減できて身体のバランスにも良い影響を与えるのです。

ゴムのかける場所・種類は主治医の指示通りに行ってくださいね。

Follow me!