マウスピース矯正について【インビザラインとは?】

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

インビザラインってどんなもの?インビザライン矯正に興味があるので詳しく知りたい、と考えていませんか?この記事ではインビザライン についてお伝えいたします。ご興味のある方は是非読んでくださいね。

インビザラインとは

インビザラインとはマウスピースを用いた矯正の一つで、アメリカの会社で作られたものです。シンプルで目立たず快適な矯正方法として世界中で選ばれています。現在では全世界で100ケ国以上の国で提供され、これまでに520万人以上が治療している最も普及しているマウスピースを用いた矯正方法です。

インビザラインの特徴

矯正治療といえば歯の表面にブラケットと言われる装置と矯正用のワイヤーを使うイメージを持たれている方が多いと思います。そういった従来のワイヤーを用いた矯正とは違い、インビザライン はマウスピースタイプの矯正装置(アライナー)なので自分で取り外しをする事ができます。厚みが薄く、透明に近いマウスピースなので目立たず、矯正治療中であることが周りの人に気づかれにくいのが大きな特徴です。マウスピース矯正はメーカーによって適した症例が異なりますが、インビザラインは抜歯が必要な症例をはじめとして比較的幅広い症例に対応することができます。

インビザライン はアメリカのアライン・テクノロジー社の独自のクリンチェックシステムという術前シミュレーションを用いて、歯科医が計画を立てます。一回のシミュレーションで良い計画ができることはありません。知識と経験をもとに何度も何度も計画を立て直しすることでようやく納得のいくシミュレーションが出来上がります。

苦労の末に出来上がった治療開始から終了までの歯の動きを、患者様は治療開始前に3D画像・動画で確認することが可能でききます。

検査で得られた3Dデータをもとに、患者さん一人一人にの歯に合わせてマウスピースを設計します。専門の技工士が、歯科医の指示に基づき設計します。歯科医師はそのシミュレーションを確認しながら細かい治療計画を立案していきます。何回も修正を加えた後に治療過程のシミュレーションが完成すれば、インビザライン治療の全過程のマウスピースがそれに沿って製造されます。これによりある程度の治療の期間は予測する事ができます。治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし歯並びを矯正していきます。

インビザラインのマウスピース矯正装置(アライナー)は、食事や歯磨きなど必要に応じて自分で取り外す事ができます。1~2週間ごとにマウスピースを自分で交換して治療を進めていきます。歯科医師が定期チェックも行うので安心です。

治療開始までの流れ

事前に資料を取ったり、お口の中の状態(虫歯がないかなど)をチェックします。もし虫歯や歯周病などで治療が必要な場合は矯正治療前に治療を受けていただきます。

実際にインビザライン を用いて矯正治療を行うということになると、インビザライン 作成のための型取りを行います。当院では専用の機械を用いて歯型をスキャンして、そのデータをインビザライン を作る会社に送ります。そこで実際にどのように歯を動かしていくかというシミュレーションしたデータを送ってもらい、細かい治療方針を決めていきます。装置が出来上がったらマウスピースをお渡しして治療を開始していきます。

インビザラインの矯正方法

インビザライン の装置はマウスピースタイプのため、食事や歯磨きの時など、必要に応じて自分で取り外し、しっかりとした自己管理のもとで1日20時間以上の装着時間をキープする必要があります。取り外して洗浄することができ、お手入れは簡単です。

インビザラインは1つのマウスピースで少しずつ歯を移動させる設計になっており、理想の歯並びまで1週間ごとにご自身でマウスピースを交換していくことで治療を進めて行きます。

1ヶ月~2ヶ月ごとを目安にご来院いただき、次の段階のマウスピースのお渡しと、歯科医師による定期チェックを行い、歯の動きの進捗状況を確認します。

歯並びが治ると矯正治療はいったん完了しますが、装置を外した後の歯は少しずつ元の位置へ戻ろうとします。顎の骨や歯周組織が安定するまで保定装置(リテーナー)を装着し、経過を観察します。

いかがだったでしょうか。
このページではインビザライン についてお伝えしました。
他の矯正治療に関する記事もありますので気になる方はまたご覧になってくださいね。
こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶