上の犬歯の方向が悪くても自然に改善することもあります。

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

こむら小児歯科・矯正歯科で経過観察してきたケースです。

上の犬歯の位置が悪かったのですが、最終的には問題なく生えてきました。

どんなケースでも矯正治療が必要というわけではなく、正しい診断の元に経過観察することも大切です。

2015.07.29(9417)
2016.7.29
2017.7.4
2018.7.23

埋まっている上の犬歯を引っ張らなくても このようにきれいに生えてくる事もあります。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶