上顎前突について

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:Align Global Galleryに591番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

上の前歯や歯列が前に出てしまう、すなわち出っ歯のことです。原因としては以下のようなものがあります。

*遺伝によるもの
*発育バランスが上顎と下顎で合わなかった
*下唇をかむ癖
*前歯を押すような舌癖
*長期間の指しゃぶり

上顎前突になると、前歯で食べ物がかみづらくなり、発音もしにくくなってしまいます。
後半3つのような癖がある場合、3歳ごろからやめるように促していくことが重要です。

他にも、上顎前突は顎関節症の原因にもなりうるため、矯正を行うことをおすすめします。

10歳までであれば拡大床などによる「顎の拡大・形の修正」が非常に有効です。歯を動かすスペースを確保してから、それぞれの歯を並べていきます。

治療については、十分なスペースがあるかどうかで治療期間や治療方法が大きく変化します。

十分なスペースがないケースでも、早くから矯正を開始した場合は顎の成長を利用したり、拡大床という装置で顎を広げることでスペースを確保できる可能性が高いです。


逆に、10才をこえている方で十分なスペースがない場合、以下のような治療方法があります。
*ワイヤー矯正(後期治療)
*インビザライン治療
*ヤスリで歯を削る治療
*小臼歯という前から4番目の歯を抜歯してスペースを確保する治療


最大限歯を抜かずに済むよう、早期からの顎の拡大を行うことがおすすめです。

歯並びが気になる場合は、スタッフまでお声がけ下さい。

出っ歯(上顎前突)のビフォーアフターはこちら:再生ボタン:https://komura.jp/ortho_case/case1.html

Follow me!