前期治療の時期について

○ざっくりと「矯正治療≒ 家のリフォーム」とお考え下さっても良いと思います。家がかなり傷んでしまってからリフォームするのは大変なように、乳歯が永久歯に全部交換してしまってから治療開始すると、永久歯を8本抜いたり、多くの歯を削ったり、手術しないといけなくなる場合もあります。

実際のところ、前期治療は行わず、中学生以上〜成人で矯正治療を開始して、小臼歯を抜歯したり歯を削ったりした方が、矯正治療期間は短くなるから良いという考え方もあります。

しかし、こむら小児歯科・矯正歯科では、やや難しいケースでは7歳くらいから、簡単なケースでは10歳頃から治療を開始する事で、多くの患者さんを小臼歯非抜歯で治療してきました▶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です