口元が気になる女性の方へ

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶

インビザライン治療について詳しくははこちら▶︎

明るい笑顔、素敵な口元は表情を明るくし、好印象を与えます。男性の場合も、そこから円滑な人間関係が築ける場合もあると思います。女性ならなおさらでしょうか。

矯正は長い期間にわたる治療ですので、女性の場合、妊娠出産などの際には、ホルモンバランスの変化やライフバランスの変化によりお口の中は歯周病や虫歯になりやすくなります。妊婦さんの場合、安定期になるまではレントゲン写真を撮ることは避けますが、矯正治療そのものには問題ありませんのでご安心ください。

歯肉が健康な状態であればもちろんですが、歯肉の状態の悪い方、虫歯の方の多い方でも、矯正治療がお役に立てることがあると思います。

歯や歯ぐきの状態が健康であれば、矯正治療は年齢と関係なく行うことができます。虫歯や歯周病などがある場合も治療後に矯正ができますので、一度ご相談ください。

また、成人式や結婚式など、人生における特別な日に矯正装置が見えることが気になる場合には、装置を外したり、目立たない透明のマウスピースやクリアブラケットなどにすることができるなど近年の矯正は目立ちやすい装置だけではありません。

詳しい矯正装置種類についてはこちらからご参照ください。

目立ちにくい矯正

最近はインビザラインによる成人女性の矯正のケースが非常に増えてきましたので、当院では、インビザライン・インストラクターの監修下で治療の質を高めて、矯正が初めての方〜ワイヤー矯正後に後戻りした方の治療を行っています。

さらにインビザラインは矯正開始から最終段階までの治療計画を機械にて作成するため、どのように歯並びが変化していくのか患者様自身でご確認いただけます。そのため矯正医と患者様との間での誤解が生じることがなく患者様の理想に沿って治療を計画することが可能です。

目立たない矯正装置の為ストレスを感じることなく矯正治療中も笑顔で過ごして頂くことが可能です。

詳しいインビザラインの内容についてはこちらをご覧ください。

当医院では簡単に歯を抜きません

矯正=抜歯と思い浮かべる方もそう少なくはないと思います。しかしこむら小児歯科・矯正歯科では、抜歯の判断は慎重に行っています。

抜歯はできるだけ避けたいと考えていますので、インビザラインを用いて、できるだけ前から4番目の歯を抜歯しない治療を行います。

どうしても抜歯を行う場合は、親知らずを利用して歯の総本数を減らさない方法を選択したり、むし歯の大きい歯や外傷で神経が死んでしまった歯を抜歯して、健康な歯を残すように心がけています。

 

機能と実用性を重視した矯正を目指して

こむら小児歯科・矯正歯科では、機能>審美と考えています。機能と実用性を重視した矯正治療を行い、審美面のみを重視した矯正は行なっていません。ご理解下さい。 

近年、お母様が矯正経験者である方が増えて参りました。

お子様が開始されるとき、お母様が矯正の経験者でいらっしゃいますと、お子様にとっては誰より心強くて身近なアドバイザーになって頂けます。

 コロナウイルスの影響でマスク生活を余儀なくされ、会話を交わす際口元に注目を浴びなくなりました。しかし水分補給する際やふとマスクを外す場面で余計に口元を注目されるようになったのでは、と逆に気になってしまい、もし、にこやかに微笑むことができなければ、その原因は何でしょう?

もし、歯並びが気になる、口元が気になるのであれば。どんなご相談でも構いません、お気軽にご相談ください。

ぜひこの機会に大人の矯正治療への一歩を踏み出してください。そこからあなたの笑顔が始まります。

あなたの素晴らしい笑顔のためにこむら小児歯科・矯正歯科(☏06-6845-8249)でお待ちしております。

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶
インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

Follow me!