口腔内3Dスキャナー「iTero Element(アイテロ エレメント)」

歯の型どりに今まで苦しい思いをされた方は多いのではないでしょうか?しかしこの歯の型どりのために作られたこの3Dスキャナーを導入することにより苦しい思いが無くなるだけでなく様々なメリットが得られます。こちらを今回ご紹介します。

*目的

快適な治療へ

当院では、インビザラインのマウスピース(アライナー)型の矯正装置を作製するために必要な歯型を『iTero Element(アイテロ エレメント)』という3Dスキャナーで採取します。そのため、苦しい歯型をとる必要がありません。そしてこのスキャナーは『インビザライン』に適応できる機種なのです。

*メリット

①最大のメリット「型どりの精密さ」

「iTero」のメリットは多々ありますが、一番のメリットは精密・正確な型どりができることです。

型どりの一番の目的は「歯および歯列の正確な再現」です。それが他のどの手段よりもこちらは優れています。

その秘密は、印象材の変形(収縮)や石膏硬化時の変形(膨張)に悩まされることが無いスキャンニング独自の特性によるものです。その特性とは「形態をそのままデータ化する」ことです。データであるがゆえに変形することはありません。

これにより、今までのシリコン印象による歯型を採得する治療に比べて、さらに矯正治療の結果が向上します。

②快適さの向上

今までインビザライン用の歯型は『シリコン印象』という精密印象材で数分間かけて採得するため、苦しい思いをしなくてはなりませんでした。

特に嘔吐反射の強い方にはつらいものでしたがこちらの導入により、短時間で快適に歯型をとることができるようになりました。

歯型をスキャンするスピードは、平均で上下顎をすべて行って『約1分』という早さです。

③治療開始までの時間短縮

3Dスキャナーでは、インビザラインのアライナー(マウスピース)作製が早くできます。今までのシリコン印象材の場合は採取した歯型をアメリカまで空輸する必要があり、アライナー(マウスピース)が出来上がるまでに時間がかかりました。

『iTero Element(アイテロ エレメント)』ならスキャンしたデータをインターネットで送ることができるので、シリコン印象の場合よりも『1~2週間程度も早く』治療をスタートすることができます。

④模型の長期保存に向いている

矯正治療において、歯列情報が詰まった模型(平行模型、顎態模型)は重要な資料です。

現在、この模型は石膏模型として保管していますが、いくつかの欠点があります。1つは、破損の恐れがあること。もう1つは、模型自体場所を取るということです。3D模型であれば模型の破損の恐れはありません。複製も簡単にできます。また、広い場所を必要とすることもありません。検索1つですぐに見つけ出すことが可能です。必要があれば、プリントアウトすることによって実際の模型に早変わりします。

⑤医療情報の共有がしやすくなる。

模型がデータ化されれば医療情報共有のハードルが下がります。そのことにより、遠隔地ドクターと情報交換を行いやすくなることだけでなく、医療情報を集積することができ、治療法の発展につながります。

これらはあくまでこの手段を使いこなせる「人」がいて初めて成り立つことですが、医療情報を共有することは大切なことだと思います。

⑥治療後の歯並びをシミュレーション

口腔内3Dスキャナーを活用し、治療前後の歯並びを簡易的にシミュレーションすることが可能です。

⑦インビザラインが進化

口腔内スキャナ―(3Dスキャナー)は現在数種類発売されています。しかし、日本では、「iTero」のみがインビザライン製作と連携したシステム構築を取っているのです。インビザラインで治療を行うならば、「iTero」を用いて型どりを行うのが最も精度の高い装置製作になると言えます。実際、iTeroを導入後、装置(インビザラインのアライナー)の歯へのフィット感の違いを実感することができています。

*治療の流れ

歯列のスキャン(1分)

スキャンからドクターサイトへのデータ移管(15分)

スキャンデータと処方書をあわせてオンライン送付 2~3日でクリンチェックが完成

承認後14日程度でアライナー(マウスピース)が届く(修正の頻度により変動)

スキャンから最短16日程度でアライナー(マウスピース)が到着します。

シリコン印象の時よりも『平均で10日程度』短縮できます。

『iTero Element(アイテロ エレメント)』は、インビザラインなどアライナー(マウスピース)矯正治療に適した互換性を持っています。

もちろん、他の矯正治療器具にも活用できますので、さまざまな矯正治療の方法に活用していきます。

iTero Element

(アイテロ エレメント)について

メーカー:アライン・テクノロジー社(Align Technology,Inc.)

米国(アメリカ)所在の「マウスピース型矯正装置」のパイオニア企業です。

独自に開発した3D画像化技術と審美的な要素をあわせた歯列矯正装置の「インビザライン・システム」をグローバルに展開しています。

詳しくはこちら↓動画