図面なしではリフォームはできません。矯正治療も同じです。

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

パノラマレントゲンだけで矯正治療を行うのは、建築に例えるなら立面図だけでリフォームを行うようなものです。

立面図だけで良いリフォームはできますか? リフォームを行う際には正確な平面図が絶対に必要ですよね?

矯正治療では、この平面図にあたるものがセファロレントゲン写真になります。

治療前に必ず横方向からの顔のレントゲンを撮影し、計画的に治療を開始する必要があります。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

Follow me!