小児マウスピース矯正でよりよい結果を生み出すためには

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶

インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

トレーニング(筋機能訓練)

小児マウスピース矯正でよりよい結果を生み出すためには、マウスピースをしっかりと決められた時間装着することと、毎日のお口の筋肉トレーニングをきちんと続けることが大切です。

毎日のトレーニングはなぜ大事?

マウスピースは効果の高い装置ですが、ただ装置を入れているだけでは健全な歯並び・かみ合わせを作るのに不十分です。毎日の地道なトレーニングも同時にしっかりと行なってこそ、お口周囲の筋肉が鍛えられ、その毎日の積み重ねがきれいな歯並び、健全なかみ合わせを作っていきます。

そのためには、毎日きちんと忘れず実行するというお子様の努力、ご家族のサポートが欠かせません。継続していくことで、だんだんとそれまでの悪い癖がなくなっていき、筋肉の調和のとれた場所に、本当の意味で健康的で美しい歯並びが形成されていくのです。

マウスピースこども歯ならび矯正法

毎日、日中1時間と夜眠っている間に装着するのが理想

「マウスピースこども歯ならび矯正法」は、プレオルソやマイオブレースなどのマウスピース型の矯正装置を装着することで健全な歯並びに整えていく、新しい矯正治療法です。お子様にマウスピースを装着し、歯並び悪化の原因となっている口周辺の筋肉の不調和を取り除くことで、本来あるべき位置へ歯を動かしていきます。

歯並びが悪くなるのには何らかの原因がある

歯並びが悪くなっているお子さんの場合、口周囲の筋肉の使い方に問題がある場合が多いです。例を挙げると、食べる時によくかんでいない、歯や顎に力をかけるような舌や唇の癖がある、口呼吸をしている、というようなものです。

これらの簡易マウスピース装置は、歯に装置をつけて1本1本歯を動かす、というものではありません。プレオルソやマイオブレースはお口の周囲の筋肉を訓練するための装置であり、装着することで、自然に舌や唇などの筋肉の使い方が身についてきます。

プレオルソやマイオブレースの特徴

取り外し式のマウスピースタイプ

これらの装置は取り外し式の簡易マウスピースタイプです。一つ一つの歯を動かすことができるインビザライン装置とは大きく異なります。固定式の装置は痛みが出やすいですが、プレオルソやマイオブレースはやわらかい素材でできていますので、装着しても痛みが出にくくいのですが、嫌がるお子様も一定数はおられます。

どうしても使えない場合は、当院では別の方法を行いますのでご安心ください。

もし痛みを感じる場合には、強く当たっている部分を削って、お口に合うように調整が可能です。また、取り外せるので歯磨きは普段通りに行うことができます。装置をつけることにより、お口周辺の悪い癖(舌・唇の癖、口呼吸など)を治療し、正しい筋肉の使い方へ導いていくため、歯と顎の位置が理想的な状態になりやすくなります。

口呼吸を鼻呼吸に促す

簡易マウスピースを装着することで、鼻呼吸が促されます。口呼吸は歯並びの悪化やあごの骨の変形を招きます。成長発育の早い段階で口呼吸を鼻呼吸へ改善する事は大切です。

日中1時間、就寝中のみの装着でOK幼稚園や学校から帰宅してからの日中に1時間、そして夜眠っている間に装着するだけで効果が発揮されます。外出時にする必要はありません。

プレオルソ はこんな歯並びに対応できます

⭐︎上顎前突(じょうがくぜんとつ)・過蓋咬合(かがいこうごう)

出っ歯やかみ合わせが深い多くのケース

☆開咬(かいこう)

かみ合わせても前歯が空いている一部のケース

⭐︎反対咬合(はんたいこうごう)

受け口。かみ合わせると下の前歯が上の前歯よりも前に出ている一部のケース

筋機能訓練

1.かむ訓練

しっかりとかむ、前歯でもかむ、全体的にバランスよくかむ訓練をします。

2.食事の環境改善

食事中には次のようなことに気をつけます。

姿勢を正し、足を地面につけてぶらぶらさせずに食べる
食べ物を水などで流し込まない
歯ごたえの良いものも食べる
一口に20回はかむ
食事時間をたっぷりとって(20~30分程度)


3.悪習慣の除去

指しゃぶり、唇や爪をかむ、舌の位置が悪い、口呼吸、ほおづえ、うつぶせ寝などの癖は、歯並びや骨格の成長に悪影響を与えます。なぜ悪いのかをお子さんに説明しながら、お子さんの理解を促し、根気強く癖を治していくことが大切です。

歯並びをなおすんだったら、全部永久歯に交換してから矯正装置を歯につけて動かせばいい。歯並びなおすのにどうして癖を取り除いたり、筋肉のトレーニングが必要なの?と思われる人もいるかもしれません。でも、歯を動かして歯並びを整えても、歯並びが悪くなった根本的な原因を解決しなければ、また歯並びというのは崩れてきてしまいがちです。

もともと歯並びというのは、お口周囲の筋肉のバランスが取れたところに作られていきます。ですから、装置で歯を動かしたとしても、筋肉が正常にバランスよく機能していなければ、また元の位置に戻っていってしまうのです。