こどもさんの指しゃぶりによる歯並びへの影響と対策

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:Align Global Galleryに591番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

お子さんが指しゃぶりをしている時、上の前歯は上と前方向への力がかかっています。逆に、下の前歯は後ろと下方向への力がかかっています。

これにより、前歯が前に出てしまう上顎前突…すなわち出っ歯や、奥歯を噛み合わせたときに前歯がかみ合わない「開咬(かいこう)」という良くない歯並びになってしまう可能性が考えられます。開咬の矯正治療は難易度が高いことが多いです。

特に上顎は歯の生えている土台の「歯列」ごと指に前へと押し出され続けるため、上顎の歯列が狭くなる「歯列狭窄(しれつきょうさく)」になってしまう可能性があります。これは出っ歯や、歯のスペース不足の原因になり、小学校低学年でおこさんの矯正治療が必要になる場合も多いです。

3歳以降も子供さんに指しゃぶりが続く場合は、4、5歳になるまでの間にやめさせる方向にもっていきたいところです。

指しゃぶりをやめるようにするには以下のような方法が有効です。

お子さんも特別だと感じているような記念日をきっかけに、「今日からがんばって指しゃぶりをやめようね」という風にやる気にさせる
お子さんではなく親指が悪いというふうな言い回しで注意する
指を忘れさせるように手を握ってあげながら添い寝する
お気に入りのキャラクターの絆創膏を指に貼る
手袋や苦い味のする無害なマニキュアを利用する


お子さんが大人になってから歯並びになやまされることがないよう、気長に様々な方法を試してみましょう。

Follow me!