乳歯の時期から矯正が必要と言われて迷っている方に

大阪府おすすめのマウスピース型矯正の名医9人に掲載されました。
大阪府おすすめの小児矯正の名医6人に掲載されました

乳歯の時期から矯正が必要と言われた方にぜひご覧いただきたいと思います。

予防矯正は本当に必要?

疑問を感じたら私たちにご相談ください

正しい診断で疑問を解決しましょう。

以下のケースをご覧ください。

レントゲンを見ると永久歯と永久歯が接近しています。

レントゲンでは、上の犬歯の生えるスペースがないように見えます。この段階で「矯正が必要です」と言われることもあるかもしれませんが…

私達は何もせず経過観察することにしました。

何もしていないのに上の犬歯のためのスペースができてきました。

順調に乳歯から永久歯への交換が進んでいます。

さらに経過を観察しています。

美しい歯列が完成しました。このケースでは、口腔機能訓練も一切行っていません。

しかし、低年齢から矯正をした方が良いケースもちろんあります。

大切なのは、お子様の立場に立った正しい診断です。


こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

2022年にインビザライン社のプラチナステータス
そして2023年にはプラチナエリートステータスを取得しました。

Follow me!