歯並び・かみ合わせを悪くする様々な癖

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶

インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

さて歯並び・かみ合わせが悪くなるのは日常の「癖」が原因の一つです。

実際、歯並びを悪化させている原因の一つは、日常的に行なっている様々なお口周辺の癖です。そのため、このような癖を治さない限り、せっかく歯を並べてもまた歯並びが悪くなってしまう危険性があります。

歯やあごの骨に力がかかる癖

指しゃぶり、舌で歯を押す癖、舌を突き出す癖、唇や爪をかむ癖、頬杖やいつも同じ側を下にして寝る癖、のような歯やあごの骨に力をかける癖は、それを毎日続けることで歯並びやかみ合わせの悪化、骨格の変形を招きます。

口呼吸(こうこきゅう)

本来鼻で行うべき呼吸を口で行なっている場合、上あごの成長が十分に行われない結果、上あごが狭くなり、歯並びの悪化、そしてあごの骨の変形につながり、顔の見た目にも影響してきます。

姿勢の歪み

姿勢の歪み、例えば食事中に横を向いてテレビを見ながら食べている場合など、片がみになることが多く、それが続くと歯並びやかみ合わせの悪化を招きます。

よくかまない癖

最近は固いものを食べる機会が少なくなり、やわらかいものばかり食べることでかむ筋肉や舌の筋肉が十分に発達せず、それが歯並びを悪化させてケースも見られます。

理想を言えば、こういう癖は早くから改善する方が良いです。小児マウスピース矯正治療では、「プレオルソ」や「マイオブレース」と呼ばれるマウスピース型の矯正装置を使い分けます。当院では、どちらか一方だけを使用するのではなく、それぞれの特性が異なるため、症例に応じて使い分けています。それに加え、お口周囲の筋肉トレーニングを並行して行うことで、歯並びやかみ合わせを悪くする癖を治していきます。

お口が正常に機能している状態とは?

お口周辺の骨・筋肉バランスが保たれている状態とは次のような状態です。

  • 鼻呼吸をし、口がポカンと開いていない
  • 舌の位置が正しいポジションにある
  • かむ力が十分にある(こどもで20kg、大人で30kg)
  • あごの位置が正しい、正常に発育している
  • 姿勢が良い
  • ※お口が正しく機能していることが、あごの骨は正しく発育し、歯も好ましい位置に並んでいくための必要条件になります。

次のような場合は注意が必要です。

  • 目が眠そうに垂れている
  • 下膨れ顔である
  • 口がポカンと開いている
  • 食べ物が口からこぼれる
  • 風船をふくらませられない

歯並びを悪くする悪い「癖」

指しゃぶり・かみグセ

指しゃぶりや、何かをかむ癖は、持続的に歯やあごの骨に力をかけ続けるため、長期間続くと歯並びが悪化したり、骨の成長に影響が出ることがあります。

指しゃぶり

指しゃぶりを続けていると、歯とあごの骨に力がかかり続け、出っ歯を招きます。

下唇をかむ癖

下唇をかむ癖も同様に、出っ歯の原因になります。

爪をかむ癖

爪をかむ癖は、1本だけ歯が前に出る原因になったり、すきっ歯を招くことがあります。

タオルをかむ癖

タオルをかむ癖は、前歯のかみ合わせが合わなくなる「開咬」の原因になります。

ほおづえ

ほおづえは、どの部分が押されるかによって歯並びに与える影響が変わってきます。例えば、両方ほおづえをついている場合、押されている部分の歯が内側に引っ込んでしまいますし、あごの真下にほおづえをつく場合だと、かみ合わせが深くなったり、出っ歯に見える原因になります。

うつ伏せ寝、いつも同じ側を下にして寝る癖

うつ伏せ寝や横向き寝でいつも同じ側を下にして寝ている場合、それが毎日数時間続くことで、あごの骨の成長に影響が出てきます。

口呼吸

鼻で呼吸せずに口で呼吸をしていると、歯並びや骨格だけでなく、健康にも影響が現れます。

<歯並び・骨格への影響>

口で呼吸していると、上あごが未発達になりやすく、出っ歯になりやすくなります。また、口で呼吸しやすいようにあごが発達するため、アデノイド様顔貌(口元が出ている口ゴボ)になってしまうことがあります。

<健康への影響>

鼻を通さず、喉に直接外気が行くため、風邪にかかりやすくなります。また、お口が乾きやすいため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。さらに、口呼吸によって、お口の粘膜が炎症を起こすと、白血球やリンパ球の機能に異常をもたらし、免疫力を低下させて花粉症、アトピー、糖尿病、白血病、高血圧の様な病気を引き起こしやすくなるとも言われています。

きれいな歯並び、きれいな骨格を作るための食生活上での注意点

歯並びの悪さは食生活の習慣と大きく関わっています。きれいな歯並び、骨格を作るためにはまず、食生活から見直してみましょう。大事なポイントは、「よくかむこと」「正しい姿勢で食べること」です。

食材は大き目に切って

食材を小さく切り過ぎてしまうと、あまりかまずに食べられるので、かむ回数が減ってしまいます。食材を大きめにしておくことで、前歯でかみ切り、奥歯ですりつぶすという、歯の本来の機能を十分に引き出すことができます。

かみごたえのある物を取り入れる

最近はあまりかまなくても食べられるような、やわらかい食べ物であふれています。ぜひ、食事の時には、生野菜などを取り入れたり、白米に玄米や雑穀を混ぜるなどの工夫をし、かむ回数を増やせるようにしましょう。

歯ごたえを残す工夫を

かむ回数は、同じ食材であっても調理の仕方により変わってきます。例えば、切り方、熱の加え方、水分量などにより食感が変わるため、なるべく歯ごたえを残すような調理の工夫をしていきましょう。野菜は繊維を残すような切り方を、肉は柔らかく煮込むよりも歯ごたえを残すような工夫をする、など、ちょっとしたことで変わってきます。

食事中に飲み物を飲ませない

食べながら飲み物を飲む癖をつけていると、よくかまないまま丸飲みする事につながります。本来しっかりかんでいれば、唾液が出てきて、水やお茶なども必要ないものです。飲み物は食事の前、もしくは食事が終わってから飲ませるようにしましょう。

食事中の座り方

食事中の姿勢も大事です。椅子に座って足がブラブラすることのないようにしましょう。足が安定しないと、体が安定せず猫背になります。猫背になると、頭でバランスを取ろうとしてしまうので、かみあわせる位置がおかしくなってしまうことがあります。

また、テーブルとの距離も大事です。テーブルから体が離れすぎると、やはり猫背になってしまいます。テーブルと体の距離はこぶし一つ分くらいがちょうど良いでしょう。