歯型を取るときに吐き気がする

歯の型取りを無理なくする方法

〜お口の中に器具が入るのが苦手な方へ〜

はじめに

矯正治療の際には最初の記録や装置の作製のために歯型を取ります。器具を口腔内に入れると「オェッ」と嘔吐(えず)いてしまうことを「嘔吐反射」と言いますが、歯医者の治療が苦手な方の中にはこの「嘔吐反射が強い」という理由で治療が受けられない方がたくさんおられます。最初の記録がないとどれくらい改善したのかがわからず、治療の進捗状況もわかりません。苦しいけれども歯型は必要なため、嘔吐しても採取せざるをえないのてす。また、インビザラインのスキャンにしても同様に奥が苦しいとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。今回はそんな嘔吐反射への対処法についてご紹介します。

嘔吐反射への対処法

・歯型を取る前にゆっくり鼻呼吸をしてリラックスしてもらう。

治療中、鼻呼吸を心がけるも効果的。口で呼吸すると水やバキュームによる強い刺激をうけ、どうしても呼吸が苦しくなります。こうなると、嘔吐反射が起こりやすいです。

・歯型の粘土の硬さを調節して舌の方流れないようにし、早く粘土を硬化させる。

・歯型を取る前に匂いや味のついたものを軽く舌の上に乗せる事で気持ちをごまかす。

・「嘔吐反射しやすい」と治療前に自己申告をしたり、医師や助手と積極的にコミュニケーションをとる

医師や歯科助手も嘔吐反射がしやすい方への対処は比較的慣れています。負担を軽減するよう配慮して、治療を行うことができます。また、医師や助手とコミュニケーションを図るのも有効です。治療方針やこれから何をするのか話を聞けば、気持ちが落ち着きます。

・上半身を高くする

椅子をあげてもらい上半身を高くすると、気分が楽になることがあります。

・治療以外のことを考える

嘔吐反射が起こる原因として大きいのは緊張や不安などのメンタル面です。メンタル面の対策として、治療以外のことを考えるのがおすすめです。考える事柄は楽しいことや趣味、自分のすきなものなどが良いでしょう。

・体をつねる

体をつねって痛みを与え、そちらに意識を向けるのも効果があります。どうしても辛ければ我慢せず、手を挙げ休憩したい意思を伝えましょう。

・全身の力を抜いてリラックスする

歯医者を訪れる前にできる対処法

・刺激物を控える

・水分を摂取する

治療前はコーヒーや脂っぽいものといった刺激物の摂取は控えましょう。最低でも治療を受ける1時間前はこれらの食品を摂取しないよう注意してください。また、口の渇きを防止するため、適量の水分を摂取しましょう。飲みすぎるとトイレが近くなるので、ほどほどにしましょう

*最後に

最近は、虫歯の治療をした事がないお子様も多く、初めて歯型を取るのが矯正歯科医院であったりします。ですから、歯型とる私たちも細心の注意を払っていますが、やはり4人に1人くらいは嘔吐反射が起きます。歯型は矯正の記録や装置を作るためには必要な処置で、矯正治療中は何度か取ります。回数を重ねると共に歯型を取られる事にも慣れてくるもので、吐き気も段々減って来る事が多いです。つまり、嘔吐反射の半分はメンタル的な事が関与しているという事なのです。

歯型を取るときに吐き気がしてたまらない方もおられると思います。

省略できたら歯医者側としても省略したいのはやまやまですが。。。

ただ、矯正歯科治療の場合、最初に計画を立てるために歯型もしくは口の中のスキャン画像は必須です。

ざっとGoogle検索してみても、苦しくても歯型は取る必要があると書かれたサイトばかりが出てきます。

口腔内スキャナーは吐き気がないというのは多少言い過ぎで、現状ではある程度の大きさがあるため、どうしても奥の方をスキャンするときには吐き気を催しがちです。

ご理解いただければ幸いです。

https://mikawa-kyosei.jp/blog/1060/

https://www.seeds-kyousei.com/blog/?p=1016

https://www.tomoharu-ortho.com/2017/09/26/1563/

https://makino-ortho.com/archives/1896