矯正とむし歯

矯正治療にとって虫歯は天敵です。虫歯ができることによって、治療が中断したりして、期間が長くなってしまうこともあります。また虫歯を治すタイミングについても矯正中にむし歯ができてしまった、虫歯があるけど矯正治療を始めれるのか、などのご質問があります。

また、矯正治療にとってむし歯は天敵であると申しましたように、虫歯ができないようにする工夫も大事になります。

虫歯を治すタイミング

虫歯がある場合、矯正治療とどちらを優先するのでしょうか?

結論から言うと、虫歯を先に治療します。

虫歯治療中であれば、虫歯の治療が終わってから、矯正を開始してください。虫歯のイメージとして、色が黒いと虫歯の治療をしなくてはいけないと思っている人は多いです。

ですが、本当に小さい虫歯の場合は、治療しない場合も多いです。

いわゆる、穴が空いていない初期の虫歯は、治療しなくても何十年そのままのこともありますので、無理に治療する必要はありません。当医院ではできるだけ削らない治療を掲げております。

歯の神経にまで到達している虫歯では治療が必要になります。目で見える範囲であれば穴はわかりますが、歯と歯の間など、見えにくい部分はレントゲンで判断して行きます。

その後の対応としては、できれば保険治療の方がいいです。

この理由としては、被せ物を入れるときは、現在の噛み合わせに合わせて作ってしまいます。

せっかくセラミックなど高額な補綴物を入れても、矯正後は現在と噛み合わせが違っているため、しっかり噛みません。噛まないと安定しないため、後戻りの原因になってしまいます。そのため、もしセラミックなど白色にしたい場合は一旦、保険で治療をしておき、矯正治療が終わってからセラミックを入れるようにするのがオススメです

仮に白い歯を入れる予定でなくても、矯正後に本当は被せ物をやり直したほうがいいです。

虫歯だらけでも矯正はできる?

結論を申しますと、虫歯だらけでも矯正はできます。

ただし、矯正治療を始めるためには、虫歯の治療が終わってからになります。

そのため、必然的に矯正の開始が遅くなってしまいます。矯正治療を開始する前に一度お口の中をお見せしていただきます。

虫歯が多い人は、その後も虫歯になりやすいため、治療が終わった後も虫歯にならないように気をつける必要があります。そのために虫歯にならないお口作りからともに始めましょう。

矯正治療中に虫歯になったら

矯正中に虫歯になったらどうするのでしょうか?矯正治療中は器具の構造上は歯磨きが上手に行うことが難しくむし歯になりやすいといも言われています。

矯正治療中に虫歯になったら、一旦矯正治療は中断して虫歯の治療を行います。ワイヤー矯正の場合は、できれば装置を取らずに治すようにします。装置を外してしまうと、矯正期間がその分、長くなってしまうからですただでさえ、虫歯で中断しているので少しでも期間が長引かないようにするのは大事です。

ただし、虫歯が大きいと、装置を外して治療することもあります。

装置が邪魔で虫歯が取りきれない場合ですので、そこまで大きくなることは滅多にないでしょう

逆に小さい虫歯であれば、あえて虫歯をそのままにして矯正治療をする場合もあります。

虫歯をそのままにする場合は、普段から綺麗に磨けており、また治療が終盤でもうすぐ終わる場合です

そのため、矯正の治療期間を考えて判断になります。

矯正治療が終わってから虫歯の治療をした方が確実に綺麗に治せるためですが、判断は先生ごとに変わるでしょう。

矯正治療中は装置がつくため、プラークがつき、汚れが付きやすい環境になるので、注意が必要になります。そのため、虫歯にならないような工夫が大事になります。

また矯正装置でも取り外しが可能で歯磨きが行いやすく虫歯になりにくいとされているマウスピース矯正インビザラインなど矯正装置も多様になってきています。

矯正治療中の虫歯予防について

矯正治療中に必要な歯ブラシ

矯正治療中に虫歯にならないことは非常に大事です。

虫歯になってしまうと、治療が中断し、矯正期間が長くなってしまうため、いい事ありません

●歯ブラシの方法(ワイヤー矯正の場合)

ワイヤー矯正の場合、装置がつくため、歯ブラシがしにくくなります。

そのため、通常の歯ブラシに加えて歯間ブラシ、ポイントブラシ、デンタルフロスを使用していきます。

矯正器具の間に細い歯ブラシを入れている

歯間ブラシをワイヤーの中に入れ、汚れを落としていきます。あまり強く力を入れると装置が取れてしまう可能性もあります。軽く力を入れるだけで、汚れは取れますので安心してください。

ワイヤー矯正の間をポイントブラシで磨いている

通常の歯ブラシの山を一つにしたイメージです。ポイントブラシをワイヤーの間に入れ、ブラケット間を磨いていきます。

デンタルフロスでワイヤー矯正の間を綺麗に磨いている

デンタルフロスは歯と歯の間を綺麗にし、汚れをとります。先ほどの歯間ブラシやポイントブラシよりも、歯と歯の間を磨くのは得意になります。ただし、ブラケット間についている汚れは取れませんのでご注意ください。

●歯質の強化

フッ素入りの歯磨き粉を使用して歯を強化している

みなさん知っている通り、フッ素によって虫歯になりにくい歯になります。フッ素には2種類あって、家でするタイプと病院でするタイプになります。家ではフッ素を取る方法としては、歯磨き粉にフッ素が入っているものを使用したり、フッ素入りの洗口剤を使用します

こちらのフッ素は低濃度になります。

病院でしてもらう場合は高濃度のフッ素になります。

病院でしてもらったら、30分はうがいしないようにしましょう。うがいするとせっかくつけたフッ素が取れてしまいます。

この2つのフッ素を組み合わせることによって虫歯になりにくい歯を作ることができます。

●糖分のコントロール

虫歯は糖分があると酸を出し、歯を溶かしていきます。そのため、酸出させないように、糖分を減らすことによって虫歯にならなくなります。ジュースやチョコレート、キャラメルなどはイメージつきますが、炭酸やお酢、ワインなどもリスクが高いため注意しましょう。

食べるなとは言いませんが、矯正期間中は控えた方が安心でしょう。

●食事の時間

糖分を長時間口の中にある状態は更に良くありません。そのため、もし糖分を摂取する際は、時間を区切ってパッと食べるようにしましょう。よくあるのが、ジュースをダラダラ飲んでいると、長時間口の中に糖分がある状態になります長時間、糖分があると虫歯菌が酸を出す時間が長くなり、より歯を溶かしやすくなってしまいます。

また、チョコレートやキャラメルなどは歯にまとまりつくため、同じように糖分が口の中に長くいる状態になりやすいです。甘いものを食べた時は、パッと食べてすぐ歯を磨くようにしましょう。

磨けないときは、うがいする事でもある程度の汚れは取れるので効果的です。

虫歯になりにくい矯正装置

先ほども少しお話しさせていただきましたが、矯正装置には何種類かありますが、どれも虫歯のリスクは同じでしょうか?実はそれぞれリスクが変わってきます。

結論から言うと 表側矯正>裏側矯正>マウスピース矯正になります。

裏側矯正は一見すると歯ブラシもしにくく、虫歯になりやすいと思うかもしれません。実は、裏側の歯のエナメル質は分厚く虫歯になりにくいです。また、裏側は唾液の循環が良好で、虫歯になりにくい環境になります。

マウスピース矯正は取り外しできるので、歯ブラシが非常にしやすいです。矯正前とほとんど変わらないため、一番虫歯のリスクが低くなるでしょう。

虫歯と矯正治療は優先順位として基本的に、まずは虫歯治療になります。

矯正前に虫歯があれば、先に虫歯治療をしてから矯正をスタートさせます。

また、矯正治療中に虫歯になってしまったら、基本的には中断して虫歯治療をすることになります。

虫歯にならないようにするためには、矯正治療中は虫歯予防に努めることが大事です。

具体的には歯ブラシを工夫したり、フッ素塗布、糖分を控えるなど工夫する必要があるでしょう。また定期的に歯医者に通いきれいにしてもらうように来院することも大切です。

歯磨きの方法が分からない、どの歯磨き道具を使ったらいいの?など分からないことは気軽にお尋ねください。虫歯になりにくい強い歯を目指しましょう。

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶
インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

Follow me!