矯正に使う器具

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

歯医者さんは好きですか?

こういった問いかけに歯医者さんが苦手と答える方が多いでしょう。世間体のイメージとしても歯医者さん=怖い、痛いが定着していると思われます。皆様の歯の健康を守るためにもぜひとも払拭したいイメージですね。

まずなぜ歯医者さんが怖いのかについて「何をされるかどんなものを使っているのか分からない」が挙げられます。

歯医者ではほかの病院と違って、ご自身では目視できない状況になってしまい、何をされるのか分からない恐怖感を生み出してしまいます。

歯医者さんってどんなもの使ってるの?これが分かれば少しは歯医者さん嫌いもなくなるのではないでしょうか?

矯正に使う器具

外す為のプライヤー(器具)

矯正装置は、その役目が終わったら、外さないといけません。外すプライヤーは、以下の4本になります。

① バンドリムーバー

バンド(奥歯につける矯正装置)を外す為のプライヤーです。

② ブラケットリムーバー

ブラケット(歯面につける銀色の装置)を外す為のプライヤーです。ブラケットを変形させて外します。

ワイヤーを曲げるプライヤー

① ヤングプライヤー

太い針金を曲げる時に使用するプライヤーです。

② スリージョープライヤー

太めのワイヤーを曲げる時に使用します。

③ ツイードアーチベンディングプライヤー

トルク(歯の動く向きのこと)をワイヤーに付与する時に使用します。

④ ツイードループフォーミングプライヤー

オメガループなどの輪を作る時に使用するプライヤーです。

⑤ ホウプライヤー/ユーティリティプライヤー

口の中で奥歯のブラケットの後ろから飛び出したワイヤーを曲げる時に使用します。また、ブラケットにワイヤーを装着したり、脱着する時にも使用します。

ワイヤーを切断するプライヤー

① ピンアンドリガチャーカッター

細いワイヤーを切断するプライヤー、結紮線(ブラケットとワイヤーを結ぶ細いワイヤー)を切断する時に使用します。

② エンドカッター

口の中で奥歯のブラケットの後ろから飛び出したワイヤーを切断する時に使用します。

バンド

矯正治療において、バンドは様々な時に使用します。

下の奥歯へのブラケット装着、リンガルアーチやヘッドギア等の矯正装置には、バンドが必要です。

他の矯正器具

① ツイスター

これは結紮線などをブラケットに装着するのに使用します。

② 持針器

矯正器具(ワイヤーやゴムなど)を把持する時に使用します。

次は装置です

大人の装置(永久歯に全て生え変わってから)

メタルブラケット

歯列矯正に多く用いられる最もオーソドックスな装置です。

他の装置と比較して目立つ欠点はありますが、費用も他の装置に比べて一番安く、また、丈夫で壊れにくく、表面も滑らかで汚れが付きにくいなどメリットも多いです。

外からの見た目にはあまりこだわらず、治療費を抑えたい方に合った装置です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

取り外し式のマウスピースを装着して、歯並びを治す治療法です。

2週間毎に新しいマウスピースへと変更することで歯が動きます。透明なマウスピースを付けるだけなので他人に気づかれずに歯並び(軽度のもの)の改善が可能です。

当医院はインビザラインの多くの症例を治療しています。

子どもの装置

歯列矯正用咬合誘導装置

乳歯列の反対咬合(受け口)に使用する取り外し式の装置です。

3歳頃から前歯の生え変わる6歳頃までの子どもで使用します。

舌のくせなどの歯列の成長に悪影響を与えるくせを取り除き、筋機能のアンバランスを整えることで、顔面、あご、歯を正しい環境で発育できるように手助けをします。主に就寝中に使用し、効果を発揮します。

リンガルアーチ

舌側弧線装置(ぜっそくこせんそうち)とも言います。

主に、上の歯の内側につける装置で、内側に入っている歯を、細いワイヤーのばね(弾線)で外に押し出したりして歯列を整えます。保隙(永久歯の生えるスペースの確保)や保定(後戻りの防止)に使われることもあります。

バイオネーター

上下一体型の取り外し式の装置になります。

下あごの成長を促進する効果、咬みあわせを浅くする効果があります。

中央部分にねじがあり、あごの横幅を広げる効果もあります。就寝時を含め、一日12時間以上使用します。

これらのように矯正とひとくくりであってもお口の中の状態により使用する器具は様々です。使用する器具それぞれの役割を理解していただくことにより、少しでも歯医者に対しての恐怖感や苦手意識が軽減されるのではないでしょうか。

少しでも不安のある方はお申し出ください。

ご自身のペースに合わせて最適な治療を提案できるようにまずは相談から始めてみませんか?こむら小児歯科・矯正歯科にてお電話お待ちしております。

Follow me!