矯正治療によって歯茎が腫れた!?【原因や対処法について】

矯正治療を考えているが歯や歯茎に影響はないだろうかと心配に思われていませんか?この記事では矯正治療による歯茎の腫れの原因や対処法についてご説明します。ご興味のある方は是非ご覧になってくださいね。

歯茎の腫れの原因とは?

歯茎の腫れている状態は歯を支える骨や歯茎の病気である歯周病の可能性があります。歯周病を放置しておくと将来的には抜歯をしなければならなくなることもあります。

他にはむし歯を放置しておくことで歯の神経が腐ってしまい歯の根の先に膿がたまってそれが原因となり歯茎が腫れることもあります。この場合も病巣が大きくなってしまうと歯を保存することが難しくなってしまうこともあります。

また歯の根がひび割れることにより、その隙間から細菌が入って炎症を起こして歯茎が腫れることもあります。歯の根にひびが入ってしまった場合は、ひびの入り方、割れ方にもよりますが多くの場合で抜歯が必要です。

他にも親知らずの周囲の細菌による腫れや服用している薬の副作用による腫れ、歯茎の腫瘍による腫れなどもあります。

いずれの理由にしても歯茎が腫れている場合は、歯科医院にて診察してもらってください。

矯正治療中の歯茎の腫れの原因は?

矯正治療中に歯茎が腫れたときは、多くの場合は装置がついたことにより清掃不良になり歯茎に炎症が起こっていることが原因です。ブラケットという歯の表面につける装置やワイヤーが装着されていると歯ブラシが届きにくくなり、汚れが残ると歯茎が炎症を起こします。そうすると歯茎が腫れてきたり、出血しやすくなったりします。

その場合はまずは、炎症を抑えるためにその原因となっている歯垢や歯石を除去していきます。腫れが著しく痛みも伴っている場合は飲み薬を処方されることもあります。また、装置がついていても炎症をおこさないように歯磨きの仕方を練習していただきます。せっかく矯正治療によって歯並びがきれいに改善しても歯茎が炎症をおこし、歯周病が進行して骨が吸収してしまってはいけないので、ご自身のケアだけでなく定期的なお口の中のメインテナンスを受けていただきます。

いかがでしたでしょうか。この記事では矯正治療中の歯茎の腫れについてご説明しました。他の記事も興味がありましたら是非ご覧になってくださいね。