矯正治療に伴う痛みについて(抜歯後に気をつけること)

矯正で抜歯するのに痛みや腫れが治まらない理由とは?
矯正治療で抜歯が必要な場合、そのほとんどが「健康な大人の歯の抜歯」です、そこで不安に思うことは「痛みがあるか」、「健康な歯を抜いて大丈夫なの?」ということですよね。

仕事や学校の関係で、痛みと腫れはどのくらい続くのかというのも疑問に思っていることかもしれません。また、抜歯をした後1週間以上痛む場合にはあることが原因している可能性があります。痛みがおさまらない時どうすれば良いかなども詳しくご説明します。これらの不安や疑問などを歯医者さんに行く前にある程度知っておくことで、きっと今より楽な気持ちで納得して施術にのぞめるはずですよ。参考にしてみてくださいね。

1.抜歯後痛みがおさまらない理由と対処法

1-1.痛みがおさまらない理由
抜歯をして1週間以上痛みがおさまらない場合、「ドライソケット」という症状を引き起こしていることがあります。ドライソケットとは、血液が固まらないためにかさぶたができず、むき出しになっている骨に飲食物が直接接触し、痛みを伴うことでう。どの歯でも起こる可能性はありますが下の親知らずを抜いた場合に起こりやすいです。

こんな症状はありませんか?
・痛みが弱まるどころか強くなっている
・1週間以上痛む
・飲食時にズキズキする

1-2.どうしたら良いか
1週間以上痛みが続いているようでしたらすぐに歯医者さんに行くことをおすすめします。
特にドライソケットの場合、抜歯の直後は痛みをあまり感じず、数日してから痛みがひどくなる特徴があります。放っておくと菌に感染し悪臭が出てきますので、なるべく早い段階で歯医者さんに行きましょう。

2.ドライソケットを引き起こさないための3つのポイント

2-1.うがいを頻繁に激しくしない
血の味などが気になって頻繁にうがいをしてしまうと、血液が固まりづらく、新たな歯茎を作るのを邪魔します。新たな歯茎が作られないことで骨がむき出しになりドライソケットになってしまうのです。
もしうがいをする場合はお水を優しく口に入れ、決して激しくせずにそのまま出すようにし、傷口を刺激しないようにしてください。

2-2.傷口を気にする
抜歯をした後に傷口が気になり、舌を使って傷口を触るようなことはやめましょう。これもまたうがいと同じように、触ってしまうことで血液が固まり新たな歯茎になっていくのを阻害します。
特に飲食をした後に食べ物が挟まっていないか確認してしまう人が多いのですがあまり気にしないことをおすすめします。

2-3.血流が良くなることはNG
例えばお酒の飲み過ぎや運動、熱くて長い風呂など血流が良くなるような行為はしばらく控えましょう。なぜなら血流が良くなるとどうしても血が止まりづらくなってしまうからです。
抜歯の穴がふさがりづらいとドライソケットになる確率が上がってしまいます。抜歯当日から3日間は控えるようにしてくださいね。

3.痛みや腫れはいつまで続くのか?

3-1.痛みの期間
抜歯中は麻酔が効いているため痛みは感じないことがほとんどです。ただ、麻酔が切れた後に痛みが出る場合もあります。痛み止めを処方されることがほとんどですが、担当医に痛み止めが処方されるかを念のため確認しておいてください。
また、痛みが伴う期間は人それぞれです。1日~2日もすればおさまっていく場合がほとんどですが、数日して痛みが大きくなった、1週間以上痛みがおさまらないという人は担当医にすぐに診察してもらってください。

3-2.腫れる期間
腫れの大きさも人によって様々です。腫れのピークは1日~3日間くらいですが、歯の根が深く形も複雑だったりと、抜歯する際に時間がかかった場合は、歯茎を傷つける面積が大きくなるのでより大きな腫れを伴います。
一般的には下の親知らずなどは抜きにくいため腫れが長引きます。下の親知らずを抜いた場合、見た目的にはおたふくかぜのように頬が大きく腫れます。
女性の方や営業職など人前に出る方は見た目も気になると思います。どの歯を抜いたとしても絶対に腫れないとはいえないのでリスク回避として、なるべく休息がしっかりとれることがわかっている日に施術してもらうことをおすすめします。また、特に女性の方は生理中は止血しづらい方や、痛みを強く感じる方がいます。こういった時期はなるべく避けられるよう、歯医者さんと最適な施術日を相談してみるといいでしょう。

3-3.痛みや腫れを長引かせないために気をつけたいこと
~痛みを長引かせないポイント~
・痛みが長引く時は頬を冷タオルで冷やす
・処方された痛み止めを飲む
・歯磨きはしっかりして口の中を清潔に保つ
~腫れを長引かせないポイント~
・抜歯した傷口をなるべくいじらない
・腫れている期間はお酒の飲み過ぎ、運動やお風呂は控える
・歯磨きはしっかりして口の中を清潔に保つ

4.歯列矯正で抜歯後、食事はいつから?
4-1.麻酔が切れるまで食事はNG
歯列矯正では、抜歯をすることがあります。
抜歯手術の場合は、局所麻酔をかけます。この局所麻酔は2〜3時間持続しますが、痛みが治まるまで食事は控えなければいけません。これは、舌を噛むなど、その他のトラブルが発生するのを防ぐためであり、安全のためにも食事は控えたほうがいいでしょう。
また、たとえ飲食しても、うまく唇が閉じなかったり、口から飲食物がこぼれてしまったりすることがあります。誤嚥など、思わぬ事故に発展する可能性もありますので、麻酔が切れるまではなるべく飲食はしないようにしましょう。
4-2.抜歯当日の食事内容とは
抜歯当日は傷や痛みへの配慮が必要です。特に、抜歯した場合は血餅(けっぺい)というかさぶたが取れないようにしなければならない為、柔らかく、刺激のないものを選びましょう。血餅が剥がれてしまうと、いつまでも傷口が治癒することは出来ません。そのため、抜歯後は血餅を剥がさないように、注意して過ごしましょう。食事内容を選ぶ場合は、傷口を刺激しない、柔らかく煮たうどんやおかゆがおすすめです。
4-3.抜歯翌日からの食事
抜歯当日を過ぎても、通常の食事よりは配慮が必要になるでしょう。特に柔らかいもの、刺激の少ないもの等、傷口への刺激に配慮しましょう。抜歯当日の食事内容と同様に、柔らかく煮たうどんやおかゆなどを選んで食べましょう。血餅が剥がれないようにする配慮はまだまだ必要です。

5.抜歯後に避けた方がいい食べ物
5-1.とくに避けるべき食べ物
ここでは、特に避けたほうがいい食べ物をご紹介します。抜歯後の献立作りの参考にしてみてください。
・硬いもの
ボリボリ、バリバリとした硬い食べ物は、口の中を刺激してしまう可能性があります。お煎餅等の破片は傷口を再び傷つける可能性もありますので注意しましょう。魚の骨等、傷をつけるリスクのあるものもこの時期は避けほうが良いでしょう。
・香辛料、スパイス
唐辛子などのスパイスは、傷口の炎症をさらに悪化させる可能性があります。ピリピリヒリヒリなど、患部が明らかに痛むようなことは、この時期は避けほうが良いでしょう。
・ビール等のアルコール類
なんともないと思えるかもしれませんが、ビールや焼酎、ワイン等、アルコール類は傷口へ刺激を与えます。アルコール類は消炎作用があると考える人もいますが、実際は血行を促進させてしまい、傷口がまた開く一因となります。患部を痛めつけるだけですので注意してください。
5-2.注意して食べる必要がある食べ物
気づきにくい、注意すべき食べ物をご紹介します。もし口にする際には、各注意点に気をつけて食べるようにしてくださいね。
・ラーメンなどのすすって食べる麺類
ラーメン等の麺類はすすって食べるのが一般的ですよね。これらの食事はすすって食べたほうが美味しく感じるのですが、勢い良くすすった場合に抜歯した部分を刺激してしまう場合があります。
そのため、ラーメン等のすすって食べる食事をする際には、傷口を傷つけないように注意をしましょう。また、すすらないように、れんげ等に麺をのせて、口に運ぶといった食べ方が有効でしょう。1章で紹介した「柔らかく煮たうどん」等も、すすって食べるのではなく、適量をお椀にとって、すすらずに食べることが大切です。
・ストロー等で飲むドリンク類
飲み物を飲む時、ストローなどで飲む人も多いでしょう。しかし、ストローはすする力が必要になり、それが原因で傷口を刺激し、血餅が取れてしまう可能性もあります。抜歯後はストローを使わずにコップで飲んだり、スプーンなどにとって水分を摂取すると良いでしょう。
・ゴマ等の小さなもの
食材としては栄養がありますが、ゴマなどの小さな食材は、食べたときに口の中の細かいところに入り込んでしまいます。気をつけていても患部にゴマ等の食材が入り込んでしまう為、お手入れがしにくく、汚れがたまる可能性がでてしまいます。
傷口を歯ブラシ等で磨くのも難しいので、最初のうちは細かいゴマ等の食材は避けるようにして、ゆすぐだけでも食べかすが落ちるような食材を料理に使うと良いでしょう。
6.抜歯後におすすめの食事
6-1.傷口を早く治すために…
傷口の回復を早めるには、バランスよく栄養を取ることが大切です。口の中の傷は自然治癒に任せるしかないところがありますので、炎症等の問題を防ぐためにも、免疫を高めることがポイントになります。
積極的に摂取したほうがいいのは、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンA,亜鉛等です。それぞれの栄養素は以下の食材に含まれますので、意識的に摂取してみてください。
・ビタミンB群
ビタミンB群は、エネルギー代謝を促す栄養素です。多く含むのは、豚肉、うなぎ、玄米、納豆、カツオやピーナッツ、レバーで、肉や魚、野菜や穀物等に豊富に含まれます。
・ビタミンC
ビタミンCは、身体の調子をととのえるのに必要な栄養素です。パプリカやゆず、アセロラやパセリ、キウイフルーツやいちご、野菜や果物等に豊富に含まれています。
・ビタミンA
ビタミンAは皮膚や粘膜の健康や成長に関わる栄養素です。ビタミンAを摂取すれば、粘膜が保護され、抜歯後の治癒にも役立ちます。このビタミンAは緑黄色野菜に含まれるカロチンに多く含まれ、また、レバーやうなぎ、バター、卵などの動物性の食材にも豊富に含まれています。食事の中で少しずつ摂取を増やしていきましょう。
・亜鉛
亜鉛は免疫力を高める働きや、新陳代謝をアップさせる働きがある栄養素で、抜歯後にはぜひ積極的に摂取してほしい栄養素です。たんぱく質の合成にも必要な必須ミネラルですが、インスタント食品やファストフード等をよく摂取する人は、亜鉛が不足しがちになります。
亜鉛は牡蠣、うなぎ、牛肉やチーズ、大豆食品やナッツ類に多く含まれます。亜鉛不足が特に気になる人は、サプリメントも利用しながら栄養のバランスを取るといいですね。
6-2.おすすめの献立
おすすめのメニューとしては、シチューや親子丼、豆腐類、雑炊やお茶漬けなどがいいでしょう。熱々を食べると傷口を刺激する為、注意が必要ですが、栄養価が高いのでおすすめです。
食材を大きく切ってしまうと、咀嚼する際に口の中を刺激するので、なるべく小さめに切り、食べやすくしましょう。ヨーグルト等もたんぱく質が豊富ですので、食後のデザートにはおすすめです。

7.通常の食事に戻すタイミングは?
7-1.痛みや傷口の様子を見て
痛みや出血等が治まってきたら、食事を普通の食事に戻すといいでしょう。傷口が回復していないうちは、硬い食べ物などは避けるようにしてください。
7-2.歯医者さんの指示に従って
回復を早めて通常の食事をするには、歯医者さんの指示を守ることが大切です。抜歯後は歯医者さんや看護師さんから手術後の過ごし方に関する注意点が伝えられます。渡された抗生物質は飲みきるなど、指示にきちんと従うことが大切です。

矯正の抜歯の費用はこれくらいかかる

「保険が効くか、効かないか」で抜歯の費用が大きく変わってきます。虫歯や歯周病などで抜歯する際には、多くの場合保険が効きます。
しかし、健康で異常がない歯を抜く場合保険は効かないため値段が高くなります。矯正の抜歯であればほとんどが健康な歯を抜くので保険は効かないと考えておいてください。

怖がる必要はない?歯の矯正中に感じる痛みの原因と対処法

1.歯の矯正中に感じる主な痛みと対処法

1-1.矯正の装着時に痛む
<症状>
矯正装置のバンドを歯に押し込む際に痛みを感じる人が多いようです。矯正装置をつけ初めて2~3日はうずくような痛みが生じるのが一般的ですが、その痛みは長く続くわけではありません。個人差はありますが、1週間ほどで痛みはやわらいでくるでしょう。 ただし、矯正装置を調整するたびにこのような痛みを多少なりとも感じることは避けられません。
<対処方法>
基本的に痛み止めを服用するしか手がありません。なにもしていないのに痛みが生じるときには、薬によって痛みを散らしましょう。

1-2.歯が動くために痛む
<症状>
矯正装置を装着して3~4時間ほどたつころに歯が動くことによる痛みを感じます。これは神経性の痛みではありません。歯と骨の間にある組織が圧迫されて炎症が起きるために痛みが生じるのです。最初は弱い力が加わる程度ですが、歯が動き始めるとじわじわと痛みが増していくでしょう。
<対処方法>
鎮痛剤は炎症を抑える働きもあるため、歯が動きにくくなってしまいます。ですから、できるだけ鎮痛剤に頼らないほうがいいでしょう。どうしても我慢できない場合には、鎮痛剤を服用しても構いません。ただし、歯が動くことによる痛みは1週間程度で治まってきます。そして、この痛みは子供も含めて矯正経験者すべてが経験しているので心配する必要はありません。

1-3.食べるときに痛む
<症状>
矯正中は痛みのために食べられないことがあります。特にかたいものはかむことができないほど痛むこともあるでしょう。
<対処方法>
. 調理法を工夫する 口に入れやすい大きさに切り、片栗粉などでとろみをつけると食べやすくなります。かたいものは下処理をきちんとするとかみやすいので、煮たり蒸したりするなどひと手間加えましょう。肉類は加熱するとかえってかたくなるので気をつけてください。
. やわらかく栄養のある食材を選ぶ。やわらかいだけでなく栄養価の高い魚や魚卵がおすすめです。肉類ならひれ肉やささみ、しゃぶしゃぶ用の肉、ひき肉、レバーがよいでしょう。
. しっかり食べて栄養バランスのとれた食事を。痛いからといって食事をとらないなんてことのないように三食きちんと召し上がってください。食欲をそそる「うまみ」を上手にひきだしたり香味をいかしたり、できることがあります。ただし、刺激の強いものは逆効果になることがあるので注意してください。

1-4.血行不良で痛む
<症状>
歯が動くときにもつながったままの血管や神経が引き伸ばされて、血行が悪くなります。すると血管内に老廃物がたまって、一時的にジンジンとしびれるような痛みが生じるのです。血の流れがよくなると老廃物も流れていくので、痛みは治まります。
<対処方法>
血行不良による痛みは歯の動きが落ち着いてくると自然にやわらいできます。正座をしたときの足のしびれと似たようなものなので、時間がたつのを待ちましょう。

1-5.炎症が起きて痛む
<症状>
矯正装置をつけていると口の中で摩擦が生じて、粘膜が傷つきます。口内炎ができやすく、ピリピリとした痛みを感じることが多くなります。食べ物や飲み物がしみることもあります。
<対処方法>
口内炎ができにくくなるようにビタミンB2を多く含む食事をおすすめします。矯正装置をつけていることでかみにくくなっていることも原因なので、やわらかくてかみやすい食材を選ぶことも大切です。

1-6.ほっぺをかんで痛む
<症状>
かみあわせが不安定になっていると、ほっぺの内側をザックリとかんでしまうことが多いでしょう。粘膜が傷ついて口内炎になる可能性も高いです。矯正装置のつけ初めには特に注意が必要です。
<対処方法>
食べるスピードが速いと、どうしてもほっぺや舌をかんでしまいます。ゆっくりと食べるよう心がけましょう。そのうち、食べ方のコツをつかめます。

1-7.装置があたって痛む
<症状>
矯正装置の種類によって差はありますが、ブラケットと呼ばれる装置は特にほっぺに接触しやすいので口内炎の痛みを感じやすくなります。歯の内側に装置をつけている人は、舌にあたってチクチクと痛むことがあります。
<対処方法>
矯正装置がこすれて痛いときにはワックスが有効です。ホワイトワックスという粘土を塗って摩擦を抑えます。万が一飲み込んでも問題のない成分ですから、安心して使えます。慣れてくると、ワックスを使わなくても平気になる人がほとんどです。

1-8.ブラケットやワイヤーなどが外れて痛む
<症状>
ブラケットが外れると歯茎にあたって痛みます。八重歯の場合、ブラケットのフックが唇にこすれて痛みやすいでしょう。ワイヤーが飛び出て痛みを感じるケースもみられます。ほかにも、バンドの上部分が欠ける、はがれてめくれることで舌などにあたって痛いことがあります。
<対処方法>
ブラケットやワイヤーなどに不具合が生じたときには歯医者さんへ行きましょう。

1-9.抜歯の影響で痛む
<症状>
矯正の際に抜歯が必要なケースがあります。抜歯する歯によって痛み方は異なります。 乳歯や普通に生えている永久歯を抜歯した場合には麻酔による痛みくらいしかなく、少しジンジンとした痛みが残ることもありますが、痛み止めの薬で抑えることができます。 歯茎に埋まっている永久歯の抜歯では歯茎の切開や骨を削る必要があるので、強い腫れやズキズキとした痛みが3日~1週間ほど続くでしょう。
<対処方法>
通常の抜歯をしたときと同様、麻酔がきれた後の痛みには痛み止めを服用します。歯茎に埋もれていた永久歯を抜歯した人は傷が治るまで痛みは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です