矯正治療をすると歯茎が下がる!?【歯肉退縮について】

矯正治療の影響で歯茎に影響はないのか?歯茎が下がらないのか?と気になったことはありませんか?この記事では矯正によって起こりうる歯肉退縮について説明します。興味のある方は是非ご覧になってくださいね。

矯正治療後の歯肉退縮とは?

矯正治療後に歯茎が下がってしまうことがあります。歯が以前よりも長く見えてしまったり、歯と歯の間の隙間が目立ってしまうなどの見た目だけの問題ではなく、歯の根っこの表面が露出することによる知覚過敏、虫歯のリスクの増大や歯周病のリスクの増大の問題もあります。また歯茎は加齢によって下がっていきますので、そのまま放置していくとどんどん歯茎が下がっていって歯を残すのが難しくなってしまうというケースもあります。

矯正治療によって歯茎が下がるケースは頬側の歯茎と、歯と歯の間の隙間の歯茎に起こることが多いです。

矯正治療で歯茎が下がってしまう原因として、歯を抜かずに広げる治療などを行った時に過剰に広げてしまい骨の許容範囲を超えてしまったりすることなどが挙げられます。他にも無理な力をかけて矯正した場合には骨の吸収が起こって歯茎が下がってしまうこともあります。

矯正治療を行う際にはきちんとした診査診断を行い、歯だけではなく周囲の骨や歯茎の状態も考えて慎重に治療を進めていく必要があるのです。そうでないとせっかく矯正治療をして歯並びは良くなったとしても歯肉退縮が起こってしまい歯が長く見えて審美的に悪くなってしまったり、歯を支える歯茎や骨が少なくなることによって歯の寿命が短くなってしまうということも考えうるのです。

下がってしまった歯茎を回復する方法は?

頬側の歯と歯茎の境目のラインが下がってしまった場合は、歯茎の再生療法をします。

歯と歯の間の隙間の歯茎が下がってしまった場合は、詰め物などで修復して対処することもあります。

歯周病が進行しているような場合は骨の再生療法を行うこともあります。

しかし、歯茎の退縮が重度であるケースや歯周病を併発しているケースなどは再生療法が困難です。そのため、気になる場合は早めに歯茎の状態を回復させることをお勧めします。

成人矯正の場合は歯茎が下がってしまうリスクがあります。

まだ矯正治療を始めていない方は歯茎が下がらないように気をつける必要があります。

まず治療前に歯茎の状態をきちんと確認してリスクを把握しておきましょう。

例えばねじれている歯を並べる際、歯と歯の間の隙間の歯茎が下がってしまうことがあります。これはねじれた歯と歯の間の隙間にある骨は非常に薄いことが多いからです。この隙間をブラックトライアングルといい、成人矯正の場合しばしばみられるものです。

他にも歯茎の厚みが薄い方、歯周病などの理由により歯肉退縮がすでにある方は矯正治療をする前にあらかじめ歯茎や骨の歯周組織再生療法を行う方がいい場合もあります。

いかがでしたでしょうか?この記事では矯正治療による歯肉退縮について解説しました。また他の記事もご覧になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です