部分矯正で出っ歯はなおるの?【部分矯正の費用は?】

部分矯正って聞いたことあるけどどんなものなのか、出っ歯は治せるのか、と気になったことはありませんか?この記事では部分矯正について解説いたします。部分矯正について気になってらっしゃる方は是非ご覧になってくださいね。

部分矯正ってどんなもの??

歯の矯正とは、歯全体に矯正装置を着けなければならない印象がありますが、例えば前歯の歯並びだけを治したいということであれば部分矯正という選択肢もあります。

部分矯正は、全体ではなく歯並びを治したい箇所に必要な分だけブラケットという矯正装置を着けてワイヤーで行う矯正方法です。全体矯正とは違い一部分にしか矯正装置を着けませんから違和感も比較的少なく、費用も比較的安くなります。また治療期間も短くて済むことが多いです。

全体矯正では審美的だけでなく機能的な改善を望む方が多いですが、部分矯正は審美的改善を望む方が多いです。軽度な症状(歯並びのガタガタなど)の場合、部分矯正でも十分審美的には改善が期待できるからです。

しかし奥歯や全体的な噛み合わせに問題があるような場合、歯並びのガタガタが著しい場合、著しい出っ歯を矯正によって引っ込めるように改善をしたい場合、骨格的に問題がある場合は部分矯正では無理です。

ご注意いただきたいのですが、気になる部分、ガタガタしているところだけを治したいとしても装置を付けるのはその気になる歯だけではなく、その隣接する歯も何本か装置をつけなくてはいけない場合が多いことです。一般的に部分矯正で歯のガタガタを治す場合、歯を並べるためのスペースを作るために歯と歯の間を少しずつ研磨して並べます。1歯あたりに研磨できる量は限られているので、歯のガタガタの量によって装置をつけなければいけない歯の本数も変わってきます。

ブラケットをつける部分矯正とは少し違いますがマウスピースを用いた矯正、インビザラインという方法もあります。インビザラインでは歯の型取りをしてそのデータから三次元的に歯の動きをシミレーションするので最終的な仕上がりもあらかじめ見て確認していただけます。マウスピース自体は全体的に装着するものですが、マウスピースを作る際に細かく指示を出して作製できますので、ご希望の部位のみの改善ということにも対応できる場合があります。

このように部分矯正とは状態やご希望に応じて方法、費用が大きく異なってきますので、実際にお口の中を見せていただいて診査、診断を行ってから対応が可能かどうかお答えさせていただいております。部分矯正について気になっておられる方は、まずはご相談ください。

いかがでしたでしょうか。この記事では部分矯正について解説しました。他の記事も是非ご覧になってくださいね。