こどもの矯正費用はいくらかかるか?

Contents

子供の歯列矯正にかかる費用や治療の開始時期についてご紹介します。

子供の矯正治療はいつ始めたらいい?
まだ永久歯が生え揃ってない時期は、どんな治療をするの?
こどもの矯正にかかる期間はどのくらい?
など、疑問も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、こむら小児歯科・矯正歯科での子どもの歯科矯正(小児矯正)について説明していきます。

歯列矯正をいつから始めるか

お子さんの矯正治療に適切な時期はケースによって違いますが、開始する時期が乳歯と永久歯が混在した時期であれば、前期治療(一期治療)になりますし、永久歯がほぼ生え揃った時期前後から行えば後期治療(二期治療)になります。

前期治療

乳歯から永久歯に生え変わる時期(混合歯列期)に行うのが、前期治療(第一期治療)になります。

乳歯と永久歯が混在した時期に上下の顎を広げたり、噛み合わせを改善したり、上下の顎の形や位置関係を整えたりする治療のことです。

前期治療の開始時期

粘土が柔らかすぎても形を作りにくいのにも似て、あまり早期に開始することは、装置の思わぬ副作用が出る場合もあるので早ければ良いというものではありません。一般的には乳歯が永久歯に生え変わる時期(おおよそ6歳〜12歳)になります。ただし、反対咬合(受け口)の場合は、乳歯のうちから始めることもあります。

後期治療(二期治療)

永久歯がほぼ生え揃った後に行うのが 後期治療(2期治療)です。

前期治療(第一期治療)だけでは対応しきれなかった場合や、永久歯に交換してしまって前期治療が行えなかった場合に後期治療(二期治療)を行います。

後期治療(二期治療)の開始時期
こむら小児歯科・矯正歯科では後期治療は永久歯が生えそろう少し前から開始します。

※永久歯が生える時期には個人差があるため、前期治療(一期治療)が終了し、後期治療(二期治療)を始めるまで期間が空く場合もあります。

治療方法や種類

前期治療(第一期治療)のおもな装置


前期治療(第一期治療)では、床矯正装置やマウスピース型装置等の治療装置をかみ合わせの状態や歯列の発育を考慮し、使い分けて治療を行います。


床矯正装置(拡大床)

レジン製のプレートと、拡大するための金属ネジでできた取り外し可能な装置のこと。

顎のアーチを広げて歯を並べるスペースを作ります。


マウスピース型装置

マウスピース型の取り外しが可能な治療装置。就寝時に装着します。これはプレオルソという装置です。これ以外にも色々なメーカーのマウスピースをケースにより使い分けています。


上顎前突(出っ歯)、反対咬合(受け口)、開咬(前歯が噛み合わない)、それぞれの症状に適した装置があります。悪習癖の改善にも効果があると言われています。


クアドヘリックス装置

上顎に固定し、歯列のアーチを広げる治療装置。歯の土台となる骨が拡大されることで、永久歯が生えるスペースを大きくします。急速拡大装置は舌の可動域を狭めることもあるので使用していません。


ペンデュラム

上顎に固定して、上顎の奥歯を後方に移動させる装置。不快感は強いですが効果はあります。


リンガルアーチ

歯の裏側のアーチに沿わせたスプリングの弾力を利用して、歯を動かします。


こむら小児歯科・矯正歯科では使用する装置の種類と数によって治療費用は異なります。年齢、性別、個人差により、治療装置や治療期間が異なりますので、一律に同じ治療を開始するのは間違いです。最初によく調べて正しく診断することが必要です。

後期治療(二期治療)で使われる装置

後期治療(二期治療)では、ワイヤーを使ったブラケット矯正やマウスピース矯正で一つ一つの歯を精密にコントロールして治療します。

ワイヤー表側矯正(マルチブラケット装置)

歯の表側にブラケットとワイヤーを装着して歯並びを矯正する方法。難易度の高いケースに対応できますが、目立ちやすいというデメリットがあります。当院では装置が目立ちにくい、審美ブラケットもあります(一つあたり+4000円(税別))

ワイヤー裏側矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して歯並びを矯正する方法ですが、装置自体が高額なので当院では行っていません。

マウスピース矯正

マウスピースタイプの透明の矯正装置。目立ちにくく取り外しが可能です。当院では、前歯の並びだけでなく奥歯を含めた全体を治療しますので最も高性能なインビザラインを用いています。

第一期治療期(前期治療期)

前期治療(第一期治療)にかかる期間

前期治療(第一期治療)で歯を動かしている期間は、お子さまにより異なりますが、最短で半年、最長で4年程度です。

歯や顎の状態や、どこまできれいにしたいのかによって治療期間も違ってきます。

前期治療(第一期治療)を行うメリット

顎骨の成長が活発な時期に前期治療を行うと、以下のようなメリットが得られます。

歯列や咬合に悪影響を及ぼすと言われる悪習癖が改善することがある

「口呼吸、舌癖、爪を噛む、指しゃぶり」などの歯列や咬合に影響を及ぼす悪習癖が、改善することがあります。

抜歯を伴う歯科矯正治療を回避できる場合がある


前期治療で骨格を改善することで、永久歯がキレイに並びやすくなります。そのため、将来、小臼歯を抜歯する必要性が低くなります。

顎骨の発育を良い方向へと誘導できる


顎骨が柔軟なので顎の大きさや位置関係を整えやすいといったメリットがあります。

前期治療(第一期治療)の注意点

特に年齢が低いお子さまは以下の点に注意しましょう。

子供にとってストレスとなることがある

お子様は、治療の必要性をうまく理解できないため、慣れない矯正装置でストレスを感じることがあります。楽しく歯科矯正できる環境づくりが大切です。

治療装置によっては歯磨きがしづらく虫歯のリスクが高まる

夜間の唾液が少ない時間帯に装置が入りますので虫歯のリスクも高まります。仕上げ磨きやおやつの管理などが大切です。

前期治療(第一期治療)+前期治療(一期治療)で治療期間が長くなることがある

前期治療(第一期治療)で顎骨を整えた後に後期治療(二期治療)を受ける場合、治療期間が長くなることがあります。ケースによっては、幼少期から思春期まで治療を継続するケースもあります。

前期治療(第一期治療)のみで治療が終了する場合

前期治療(一期治療)のみですべてが改善できれば、治療が完了する場合があります。

  • 全体が改善されて、それ以上の矯正治療が不要であると判断された場合
  • 悪習癖が改善されたことで歯並びが整ってきた場合
  • 本人や保護者の判断で、目指す歯並びになったと判断した場合

前期治療(第一期治療)後に後期治療へ移行する場合

後期治療(第二期治療)が必要になる場合は主にこの二つです。

  • 前期治療(1期治療)だけで歯並びや顎の骨格が改善されていないと判断された場合
  • 前期治療(第一期治療)でだいぶ改善されたが、もっと歯並びをきれいに整えたい場合

後期治療(第二期治療期)

永久歯がほぼ生え揃った後に行うのが後期治療(2期治療)です。

前期治療(第一期治療)だけでは対応しきれなかった場合や、歯が永久歯に交換してしまい前期治療(第一期治療)が行えなかった場合、永久歯を適切な位置に整え、歯並びや噛み合わせの改善を目指し治療を行います。

後期治療(二期治療)の開始時期

後期治療(二期治療)は、永久歯が生えそろう少し前から開始します。

※永久歯が生える時期には個人差があるため、前期治療(第一期治療)が終了し、後期治療(二期治療)を始めるまで、数年期間が空く場合もあります。

後期治療(二期治療)から始める場合

  • 診断の結果、前期治療が不要だった場合
  • 永久歯に交換した後で矯正を始める場合

後期治療(二期治療)から始める場合は、前期治療を行った場合よりも、後期治療(二期治療)の期間が長くなり、負担が大きくなることがあります。

後期治療(第ニ期治療)の注意点

治療装置自体の費用が高額になるため、前期治療と比べて高額になります。使用する装置の数が多ければ多いほど高額になります。かんたんなケースでは症状が軽い場合は装置の交換も少なく済みますが、難しいケースでは装置の数や交換数が増えます。

治療費用

こむら小児歯科・矯正歯科は基本料金+来院時毎に調整料がかかるシステムです。

こむら小児歯科・矯正歯科では総費用が過去の実績からは約16万円~72万円です。

簡単~中等度のケースでは、当院のシステムが割安になります。詳しくはこちらをご覧ください▶

治療が長期間かかり再発しやすい受け口や開咬のケースは2期治療がほとんどの場合で必要になるため、トータルフィーシステムの医院を受診された方が総費用は安くなります。

保険が適用になる矯正について

歯の矯正治療すべてが自由診療というわけではなく、保険が適用されるケースもあります。

国が定めている、先天性の病気が原因で生じている噛み合わせの異常や、顎の外科手術が必要となる顎変形症(がくへんけいしょう)の手術前、手術後の矯正治療には保険適用が認められています。
他にも、唇や歯茎などが割れている唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)や染色体異常の一種であるダウン症候群、筋力低下がみられる筋ジストロフィーなども対象となっています。

 ◇  ◇

それ以外の歯並びの矯正はどうして医療保険が適用されないのでしょう?

公的医療保険は、疾病や負傷に伴う療養に給付するものだからです。美容整形や予防接種も保険でできないのも同じ理由です。

歯科矯正は、歯並びやかみ合わせに問題のない人が、口元をきれいに見せるために行う場合もあるので、そうした美容目的と治療との線引きができないため、歯科矯正に保険を適用する症例は限定されています。日本人は外国人と異なり、八重歯がチャームポイントだと言われてきました。個人的には、噛み合わせが悪くなければ、ご本人と保護者様がご満足であるなら「八重歯もありかな」と思っています。

 ◇  ◇

では、どうしたら良いでしょう?

答え:子供の時にしかできない治療を優先することだと思います。まずは理想とされる顎の骨格に近づけることを最優先にする事が大切だと思います。

子どもの歯並びが気になっているものの、矯正治療にかかる治療費用がネックとなって、歯医者さんに行くのを迷っている親御さんは少なくないと思います。もちろん大人になってからでも矯正できますが、子どものころに治療を受けた方が、メリットが大きいのが事実です。


10歳までに歯の生えてくる土台をしっかり整えておけば、抜歯を必要とするような矯正治療を行わずにすむ可能性も高まるでしょう。一期治療では、床矯正装置や既製のマウスピース治療装置などの取り外しの器具がメインです。

ブラケットを使うワイヤー矯正やマウスピース矯正のシェアーNo.1であるインビザラインという高額な矯正器具を使わない上に特別な保定装置も不要なため二期治療に比べて治療費が比較的少なくなります。


成長力を利用できるのは子どもの時期だけ。そしてその成長力が、顎の形態、歯並び、顔貌を改善する原動力となります。とりあえず前期治療のみ行っておけば、お子様の成長後に「こう押しとけばよかった」と後悔することは少なくなると思います。

7歳~10歳前後のお口の状態を混合歯列期(大人の歯と子どもの歯が混在している時期)というのですが、この時期は成長を利用してお口の中を大きく変化させることができる時期です。治療期間を短くしようとして、この大切な時期に問題を放置すると将来の歯並びや骨格に影響を及ぼす事があります。当院での前期治療の対象は7歳~10歳で、6歳以下のお子様は多くの場合は、矯正装置を使わずに経過観察となります。

他にも乳歯が残っている子どもの時期に小児矯正を開始することのメリットがあります。

  1. 非抜歯矯正の可能性が高まります。:お子様のアゴの骨は柔らかいため、柔軟に広げることができ、歯を並べるスペースを確保することができます。
  2. コンプレックスから解放されます。:思春期に入ると、歯並びや口元にコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、傷つくようになることも少なくありません。矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることで明るい気持ちになれます。
  3. 顔貌を改善できます:歯並びと顔の形の関係性は高く、歯並びを改善させることで好ましい顔貌への誘導が可能になります。

子どもの歯を矯正するには、計画を立てることが大切です。費用の面は確かに気になりますが、まずは子どもさんの歯の状態をチェックしないと対策を立てることもできません。ローンを使えますので、治療費に関して不安なことがあれば、お気軽に歯医者さんにだいたいの目安も含めてご相談下さい。お子様のお口の中を拝見し、適切な診査診断をすることで、今後、お口の中がどのように変化していくか、そしてその変化は適切なものか、適切な変化でなければ、いつ、どのような装置を利用して治療をしていくのかが予測できます。

「矯正の相談に行く=治療しなければならない」とはなりませんので、ご安心ください。

 ◇  ◇

矯正治療は医療費控除の対象となります

1年間で支払った医療費が10万円以上になると、所得金額から一定の額を控除できるのが医療費控除という制度です。


年齢や症状にもよりますが、矯正治療が必要と認められる場合には、医療費控除の対象となります。

発育段階にある子どもの成長に支障をきたすような噛み合わせの異常を矯正する場合は基本的に対象となります。

ただし、美容や審美的な改善を目的とした大人の永久歯の矯正歯科治療は原則的には医療費控除の対象には入りません。

 ◇  ◇

クレジットカードやデンタルローンが使えます

お子さんに矯正治療を受けさせる際は、いくつかの歯医者さんの料金を比較するとよいでしょう。ただし、料金だけにとらわれてはいけません。歯医者さんの技術力や信頼性なども歯医者さん選びの重要なポイントです。治療開始前に実績を写真で確認しましょう。当院では、分割払いの他、クレジットカードやデンタルローンを利用して分割払いができます。

 ◇  ◇

受け口や開咬といった長期間かかるケースはトータルフィーシステムの医院がお得です。

治療を始める前に、総額でいくらかかるのか提示してもらえる定額制を、トータルフィーシステムといいます。この額には矯正の調節費や経過観察のための費用も含まれているので、通院した際に追加料金を支払わなくてもかまいません。

受け口は治療方法が複雑で、身長の伸びと伴に再発しやすく、アゴと歯並びの不調和の程度が大きすぎた場合は、歯並びの矯正治療だけでは対応できずに、顎(アゴ)の位置を改善する外科手術が必要になる場合があります。開咬も治療後に再発しやすい不正咬合です。治療が長引くと、支払い額が増えてしまうのではないかと不安になる人も多いでしょうが、トータルフィーシステムではそのような心配は不要です。納得いくまで、何回でも歯医者さんに診てもらえるのもメリットといえます。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

 ◇  ◇