「かわいそう」 「痛そう」では上手に治す事ができないケースがあります。

矯正治療を行う上で、難易度の高いケースが存在します。

その代表的なケースに「開咬」(かいこう)があります。

従来の方法では、患者様に上下にゴムをかけてもらえないと上手く治りません。

また舌の癖が強いと前歯が押されて閉じることができません。

舌の癖が治って患者様がしっかりとゴムをかけてくれると、100点とは言えませんが、ここまで治ることもあります。

最近は、ミニスクリューを一時的に使用することで、より美しい仕上がりを達成できるようになってきました。

このように開咬の治療は非常に難しいので技術力のある矯正歯科で治療することが大切です。