できるだけ歯を抜かない矯正

予防矯正について

前期治療について

矯正の進み方

予防矯正について

○予防矯正とは、歯を動かすのではなく、正しい舌の位置、正しい鼻呼吸、正しい姿勢、正しい飲み込み方を身につける事で機能的に正常で美しい歯並びを作っていこうとする試みです。

矯正装置

 

○アメリカでは、アメリカ矯正歯科学会(American Association of Orthodontists;AAO)>が7才までの受診を推奨しています。


○ただ、不正咬合には遺伝的要因もあるので、予防矯正を行っても歯並びの悪さを必ず予防できるわけではありません。

 

○唇を咬んだり、飲み込むときに舌が前に出たり、口呼吸をしていたり等、いろいろな癖があると歯並びには良くないので、そういった癖を早めに直しましょうというのが予防矯正です。


○当歯科では、特に飲み込み方に問題がある患者様には、早めに指導を実施しています。

詳しくは、 こちらをご覧下さい。>

前期治療について

○5才-11才の永久歯が生えそろう前の時期に顎を広げたり、深い噛み合わせを浅くしたり、顎の形や位置関係を整えたりする治療を「前期治療」と呼びます。


○矯正装置に対するお子様の反応は、成長が止まった大人よりもずっとダイナミックですから矯正治療は成長発育期に行うのが理想です。歯並びが気になったら、とりあえず7歳までに受診して下さい。


○「矯正治療≒ 家のリフォーム」とざっくりとお考え下さっても良いと思います。家がかなり傷んでしまってからリフォームするのは大変なように、乳歯が永久歯に全部交換してしまってから治療開始すると、永久歯を8本抜いたり、多くの歯を削ったり、手術しないといけなくなる場合もあります。

イメージ

イメージ

○さて、人はそれぞれが異なった顔貌や歯列を持つため、患者様によって開始時期、治療内容、装置がそれぞれ異なります。双子ですら治療が異なる場合もあります。

ですから、お子様全員に同じ治療を画一的に行うのは間違いです。

矯正装置

 

当歯科でもプレオルソ >マイオブレース >、パナシールド、T4Kといった既製品の装置をワンポイントで使う場合はありますが、それらだけで第2大臼歯の噛み合わせまで改善できるケースは、あまりありません。

○ケースによりますが、7才以上のお子さんにはインビザライン >で治療が可能です。マウスピースを長時間装着できるかどうかが不安な方に、お試しマウスピース >を始めました。

 

インビザラインについては、このビデオをご覧下さい。>

プレオルソ、マイオブレース、インビザラインファースト

preortho,myobrace,invisalign-first


○いきなり既製の装置でワンパターンの矯正治療を開始するのではなく、まずは検査、診断を行い、適切な時期にその人に適した治療を行う事が大切です。

 

当歯科では、矯正治療を開始する前に、「セファロX線写真」という横方向のレントゲン写真を撮影、測定して、どういう不正咬合なのかを把握します。

セファロ(頭部X線規格写真)

セファロ(頭部X線規格写真)


例えば出っ歯の人なら、少なくとも次の5つのパターンのどれに該当するのかをきちんと把握することで必要な装置が初めて決まります。上顎前突の分類上顎前突の分類

○正しい診断の下に前期治療を行い適切なスペースが確保できて、次の永久歯が問題なく生えてくれば、後期治療(全ての永久歯にマルチブラケットをつけて行う治療やインビザライン治療)が不要になるため、費用総額が少なくなる場合もあります。咬合誘導(部分非抜歯矯正)

○また、前期治療ではダイナミックな成長力を利用できるので、難しいケースであっても咬み合わせが大幅に改善し、小臼歯を4本抜かずに後期治療ができるように変化することもあります。

○特に上顎前突で下顎の小さいケースでは、下図のような治療が大切です。12才以降では、顎の成長をフルに利用できないために抜歯矯正になる確率が上がってしまいがちです。

バイオネーター

バイオネーター

こういうケースには、インビザライン治療における下顎前方誘導(MA)も有効です。

イメージ

イメージ

○後期治療とは、上の図のようなマルチブラケット装置やインビザライン等のカスタムメイドのマウスピースで、すべての永久歯を精密に動かす治療の事です。

前期治療を行っても

  • 前期治療で問題が解決しきれなくて前突感や深い噛み合わせが残った。
  • 生えてきた永久歯が予想以上に大きかった。
  • 奥歯の咬み方が左右で異なる。
  • 最初はなかった親知らずができてきた。
  • 前期治療でお子様があまり装置をお使いにならなかった。
  • 成長に伴って新たな問題が発生した

等の場合は、年齢が上がった時点で後期治療が必要になります。

○下の写真のようなケースを後期治療する場合、上の小臼歯2本あるいは、上下の小臼歯を4本抜歯して治療することが、広く一般的に行われています。第二代臼歯抜歯ケース

しかし、当歯科には、上の第二大臼歯を抜歯して代わりに親知らずを使うことで、永久歯を28本残したままで治療できたケースが複数あります。(下の親知らずは抜歯します。)

このような上の第二大臼歯を抜歯する矯正は、日本ではあまり行われていませんが、実は1970年代から行われてきた方法 >です。

ページトップへ
相談(歯ならびチェック)

セファロ豊中・こむら小児歯科・矯正歯科ではまず、セファロレントゲン写真を撮影し、骨格を計測して、標準値と比較します。このステップなしに矯正を行うことは、測量図面なしにリフォームを行うようなものです。

歯並びだけでなく、顔の形や大きさも治療に関係しますので、まず計測、分析を行ない、保護者様が気づいていない問題点も含めて洗い出す必要があります。

豊中・こむら小児歯科・矯正歯科では セファロ写真撮影を含む相談料は「2,500円(税別)」です。

image
診断・見積もり
分析結果

1~2週間後に、診断結果とともに治療方針、期間、費用について明細をお渡しし、詳しくお話しします。

きちんと診断を行う事で、通常なら抜歯治療するケースでも、このように非抜歯で治療を行う事ができました。>

時間は30分ほどかかります。

お子様の状況を踏まえ、ご相談の上で治療開始時期を決定します。簡単なケースであれば装置は少なくなり、治療期間が短いため費用も抑えられます。

歯を動かしている期間は平均して1~3年ですが、じっくりと歯列育成した後に小臼歯を非抜歯で矯正を進めていく場合にはもっと長くかかります。

image
検査
写真・模型

40分程度かけて、他の各種資料を採得します。顎の関節に問題がないか、外傷歯や虫歯がないかをチェックすることも大切です。

検証費用は合計で「50,000円(税別)」です。

数日かけて、診断に間違いがないかを検証します。問題がなければ、診断時にご説明した方針で治療を開始します。

診断が間違っていると、抜かなくても良いケースで小臼歯を抜歯してしまう場合もあります。

image
治療
装置

○前期治療では、お子様に最適な装置を使用することが大切です。過蓋咬合、交叉咬合、上下顎前突、捻転歯、乱ぐい歯といった様々な症状に応じた治療を行うには、写真のような各種装置の使い分けが重要です。

装置○多くのケースで、永久歯に交換した時点で後期治療に入ります。

仕上げのマルチブラケット装置(braces) >で個々の歯を動かして良い咬み合わせを作っていきます。メタルブラケットを使用する場合は費用が少なくてすみます。
セラミックブラケット(1個当たり4000円)を前歯にご希望の数だけ使用することで審美矯正も可能です。

装置 ワイヤーは摩擦係数が少ない日本製のゴムメタルワイヤー >も使用しています。ゴムでワイヤーを留める場合は、お好みのカラーを自由に選べます。


難易度が高い場合は、MIA矯正(ミニスクリューを一時的に使用する矯正)を行います。ヘッドギアを使わずに奥歯を後ろに動かす事が可能です。(治療の途中でミニスクリューは除去します。装置



○また、ケースによっては、見えにくいマウスピース型の矯正装置「インビザライン」>も使用可能です。豊中・こむら小児歯科・矯正歯科ではインビザラインの費用は動的治療終了まで総額64万円〜74万円+消費税です。デンタルローン利用で月々9000円で治療できます。

装置

 

○矯正でご来院された時には、矯正治療、あるいは唾液検査を行います。筋機能訓練が必要な場合もあります。矯正治療では、月1回の来院が多いですが、処置内容によっては月に2回以上、6週間に1回、3か月に1回となることもあります。

○骨格的に平均とズレが大きかったり、開始年齢が高かったり、遺伝的要因があったり、歯の根の長さが長かったり、習癖(舌癖、異常嚥下癖、頬杖、指しゃぶり、爪噛み、唇を咬む、うつ伏せ寝、姿勢が悪い等)があれば難しいケースです。

○来院間隔が開いたり、装置に対するご協力が得られなかったり、装置を頻繁に紛失・破損されたり、管楽器の演奏、習癖・口呼吸・鼻閉、歯が生えるのが遅い、下顎の晩期成長などがみられる場合、治療期間が長期化することがあります。

イメージ

イメージ

○こむら小児歯科・矯正歯科では簡単なケースは装置が少なく期間も短くなるので、費用は少なくてすみます。(総費用が定額制の医院だと簡単なケースは支払いが割高になります。)

逆に難しいケースでは、装置の数も増えて期間もかかるので定額制の医院の方が安くなるかもしれません。詳しくは 矯正症例 >をご覧下さい。

○虫歯治療やクリーニングをご希望の方は保険診療になりますので 矯正治療のご予約とは別に保険診療のご予約をお願い申し上げます。

image
保定
保定装置

歯の移動完了後は、保定を行います。 矯正の完全な終了は上の親知らずを抜くことができる19歳頃が一般的です。成人矯正の場合は後戻りしやすいので保定期間は数十年になります。

保定はキレイな歯並びを安定させるために重要になります。日常生活に置いて、歯にはさまざまな力がかかります。歯並びをそろえておくためには、保定装置が欠かせません。特に舌の癖が続く場合は癖が治るまでは絶対に必要です。

年に数回、保定装置の定期検診を行います。

図のように保定装置は既製品ではなくオーダーメイドです。古くなったり、壊れたりしたリテーナーの再製には、費用がかかります。 ご理解下さい。成人の場合はリテーナーの夜間着用は、ほぼ永久に必要です。

スプリングリテーナーができるまでクリックすると別ウィンドウで拡大表示します



現在、親知らずを抜歯していて、舌の癖等がない後期治療終了済の方の再治療は、調整料のみで行っています。再治療にあたってインビザラインを希望される場合は、29万円+消費税が別途かかります。

image
ページトップへ

○豊中市のこむら小児歯科・矯正歯科では、ご希望があれば、早期治療が必要かどうかをご説明いたします。 相談料は「2500円(税別)」です。歯並びが気になったら、 7才までに歯並びチェックを受けましょう。>ブラケット

ただし、7才では、すべての問題が出現しているわけではないことに注意が必要です。

早く始めたことで治療が早く終わるケースは、親知らずが元々なくて、残りの歯が生えてきた時に自然にキレイに並んでキチンと咬むような非常に簡単なケースに限定されます。 こちらの千里中央の柴口先生の書かれた記事 >もご覧ください。

○「じゃあ成人になって矯正すればいいのでは?」と思われがちですが、成人の場合は成長を利用できないため骨格の改善が手術以外に方法がありません。
また、歯や歯肉の状態が健康とは限りませんので治療のゴ-ルが妥協的になってしまいがちです。更に筋肉や骨格が以前の歯並びに合わせて完成しているため、後戻りしやすいです。

-------------やはり矯正を行うのであれば、成長発育期が理想です。------------

ブラケット○しかし、あまり低年齢から矯正を始めると以下のリスクもあります。

  • 装置を入れると汚れがたまりやすくなり、むし歯を作ってしまう場合がある。
  • 長期間の治療でお子さんが疲れてしまい、治療途中で非協力的になったり、中断になったりする場合がある。
  • 「口元が突出」「常に前歯が見える」「犬歯が変なところから生える」「奥歯の咬み方が左右で異なる」「7番目の歯が生えてきて、奥がガタガタになる場合がある」
  • 最初に気になっていた問題が解決しても、成長とともに別の問題が発生することがあり、キチンと治すために治療が延々と続くので保護者様もお子様も疲れてしまい、治っていないのに治療を中断してしまうケースがある。

○では、これらのリスクにどう対応すれば良いのでしょう?

ブラケット矯正開始時期は歯並びだけでなく、骨格の問題・お口の癖の有無・性別・健康状態・ご本人とご家庭の状況・進学の状況・カリエスリスクの変化などを総合的に考える必要があります。

歯並びは治ったけど虫歯だらけになってしまったり、あるいは最適な治療時期を逃して小臼歯を抜歯しないといけなくなったりする事は望ましくありません。

検査結果により最適な開始時期がわかります    

まずは豊中市のこむら小児歯科・矯正歯科にご相談下さい。早期治療が必要かどうかをご説明いたします。 相談料は「2500円(税別)」です。

これまで1300症例以上を経験していますので、「非抜歯で治療できるかどうか」とか「簡単なケースか?難しいケースか?」等、ほぼ予想できます。資料をもとに総合的に診断して、適切な開始時期をお話ししています。

具体的にはこちらをご覧下さい。>

原則として、前歯の根がかなり完成してから前歯を動かすようにしています。お子様が小学校低学年の時点で、とりあえず乳歯を抜歯して前歯を並べるとトータルのスペースが不足して、後から奥歯のかみ合わせに問題が出てくる場合も多いです。

ブラケット

「早くしないと前歯が手遅れになってしまう!!」というお気持ちは理解できますが、ここは冷静にお考えください。

豊中・こむら小児歯科・矯正歯科が目指しているのは、お子様が大人になったときに「なるほど、これで良かったんだ」と思ってもらえるような矯正治療です。

そのためには、前歯の歯並びや口元だけでなく、第二大臼歯の咬み合わせまで考慮する必要があります。「良い咬み合わせは、健康ともつながりがある」と私自身、実感しています。

ページトップへ

当歯科は叢生、上顎前突、過蓋咬合の治療の経験値はそこそこあると思います。

しかし、以下の
×外科矯正治療
×小臼歯を抜歯し、平均値以上に前歯を内側に入れて側貌を改善する治療
×開咬の治療
×骨格性の受け口
は原則として行っていません。

開咬や骨格性の受け口のケースは、装置が複雑で数も多く必要な上に期間がかかるため、トータルフィー(定額制)の医院で治療された方が費用が安くなります。

頭蓋骨

頭蓋骨

装置

骨格性の受け口のケースでは、骨のすき間が閉じてしまう前に、写真のようなファイシャルマスクやチンキャップ等の複雑な装置を使って、多数の骨に大きな力を正確に加えて、成長をコントロールしながら治療する必要があります。

ただし、身長の伸びを止めることができないのと同じで、下顎の成長を止めることはできません。前期治療を行っても下顎が上顎に対して過成長してしまった場合には、外科矯正治療 >が必要になります。

外科矯正治療は豊中市では、高橋矯正歯科クリニック、くろだ歯科・矯正歯科、ヤナギ矯正歯科においてのみ保険適応で行うことができます。 >

私達は外科矯正治療の可能性がある場合は、近くの上記の矯正歯科をご紹介しています。トータルの費用や治療の一貫性を考えるとその方が良いと思います。

-----受け口や開咬で大事な事は、「真の名医」を探すことです-----詳しくはこちら >

ページトップへ
PAGE TOP