上下顎に固定式装置を装着した時の痛み

  • 拡大して入れるため入れてから3時間後から3日〜1週間お痛みが出やすいです。
  • 慣れるまでは飲み込みにくく、喉が痛いと表現されることがあります。
  • 内側にワイヤーがあるので、舌で触っていると舌がピリピリします。
  • 特にクアドヘリックスは 舌表面に跡が付いて痛みが出るときがあります。

固定装置の痛みについて

そもそも痛みは生じるの?

矯正装置を付けたときに、最初の数日は痛みを感じ、食事の際も苦痛に感じる方もいらっしゃいますが、

これは言うまでもなく、歯が動いている証拠です。

一方でリテーナーは、元に戻るのを食い止めるために使用されます。歯の位置は基本的に動かないため、装置を付けることによって痛みが出てくることはあまりありません。

では、なぜ痛いと感じるのか?

歯は顎の骨の中に植わっています。歯に力をかけると一方では歯根膜が伸び、反対側では骨が圧迫され少し溶けます。(骨の吸収)

歯が移動後、伸びた歯根膜は元に戻り、そこに新しい骨ができます。この吸収と再生を繰り返して歯は動いていきます。

このように、歯の周りの骨が刺激をうけることによって、生理的に痛みが出るのです。

痛みの種類について

 痛みには歯が動くことによるものと、装置が頬や唇にあたるものの2種類があります。

装置の種類により痛みが異なります

1)マルチブラケット装置 (歯に白や銀のブロックを付けてワイヤーが通っている装置)

Healthy Teeth with metal braces, Macro view. Medically accurate dental 3D illustration

マルチブラケット一般的にこちらの装置が一番痛みを感じます。装置をつけている歯全体が痛いです。

2)顎外固定装置 ヘッドギア・チンキャップ

顎外固定装置朝起きた時や朝ごはんを食べる時、奥歯や前歯が痛くなります。

通常は数日でなくなるので、気にせず装置をしっかり使用しましょう。

3)床矯正装置

床矯正装置一般的に痛みは少なく、 装置をつける違和感や話にくいことが気になります。

4)機能的矯正装置

機能的矯正装置一般的に痛みは少なく、 装置をつける違和感や話にくいことが気になります

5)顎間ゴム

しっかり使用していると使い始めてから数日間、ゴムをかけている歯に痛みが生じます。

そこでやめてしまうと、再度使用する時、痛みが生じます。我慢して使用していると、自然に痛みがなくなります。顎が痛くなった場合はご相談ください。

6)固定式拡大装置

固定式拡大装置装着後3日ほど主に奥歯に痛みが生じます。長いと一週間くらい痛みます。

ピークは2〜3日後で、徐々に痛みが和らぎます。 舌の痛みや歯肉の痛みを生じることもあります。

7)床型拡大装置

床型拡大装置上顎の痛みは少ないです。下顎は舌側の歯肉、特に奥歯の内側歯肉に傷ができ、痛みを生じます。1年に2回〜4回くらいです。

8)マウスピース型矯正歯科装置

マウスピース矯正一般的に装着後1日〜2日痛みやきつさを感じます。マウスピース矯正の種類により変化します。

痛いと感じる時の原因と解決策について

①装置に慣れておらず違和感を覚えている

基本的に歯をその場で固定する装置ですが、ときに位置を微調整することがあります。

最初は変な感覚だったとしても、数日もすれば慣れますので、様子を見てみましょう。

②装置と歯茎が当たっている

保定装置は矯正後の歯の型に合わせて作りますが、歯茎などに当たって痛みが生じることもあります。

口内炎が発生しやすい原因ともなりますので、明らかに当たっている場合には相談されることをおすすめします。

③保定装置を付けていない時期があった

久々に付けると痛みを伴うことがあります。これは、その間に歯が動いていたためです。

矯正というのは歯を無理やり別の場所に動かしている状態で、下の繊維などはそのままとなります。

そこで元の状態に戻ろうとして動いていくのです。

保定装置は、食い止めるための役割があると言えますが、放置する期間が長いと、矯正によって整えたものが乱れた状態になってしまいます。

程度が大きいと作り直すあるいは矯正からやり直す必要があることも多いです。

しばらくしても違和感のなくならない場合には、相談されることをおすすめします。

□まとめ

今回は、矯正を行う際の痛みについて解説しました。

歯の並びを固定する保定装置のため、基本的に痛みはありません。

しかし、上記のような原因によって痛むこともある点は押さえておきましょう。

歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。