インビザライン治療での保定の期間はどれくらい?

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

インビザライン治療における保定の期間はどれくらいなのだろう、と気になっていませんか?この記事ではインビザライン治療における保定の期間について解説いたします。ご興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

インビザライン治療における保定について

矯正治療は歯を目標とする位置に動かせば終わりというわけではありません。歯は動かしてすぐに装置を外すと元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといいます。この後戻りを防ぐために、歯を動かした後にその位置で安定させる必要があります。

また舌の癖で歯を押したりするとせっかく並んだ歯並びが崩れてしまいます。これを防ぐために行うのが保定です。後戻りを抑えて、理想の歯並びを維持していくためには、保定する期間を充分にかけて骨や歯肉の繊維を安定させていくことが重要となります。保定期間では、「リテーナー」と呼ばれる専用の装置を装着し、歯を安定させていきます。基本的には、矯正治療が終了してもこのリテーナーを使用することをおすすめしています。

マウスピースタイプの矯正装置を用いるインビザライン治療においても保定は重要なプロセスです。インビザライン治療は後戻りをしにくいといわれることもありますが、これは患者さんが治療中のマウスピース装置の装着や取り扱いになれているため、保定装置に切り替わっても装着や管理がしやすいことが理由として考えられます。

インビザラインの保定装置

保定の段階に入ると患者さんの歯並びに合わせたリテーナー(保定装置)と呼ばれる装置を作製し、装着していただきます。

インビザライン治療をうけた患者さんでよく用いる保定装置が、マウスピースタイプの保定装置です。インビザラインを作っているアメリカのアライン・テクノロジー社がビベラリテーナーという保定装置を提供しています。インビザライン矯正治療中のマウスピースと同じく、ほぼ透明で目立たず取り外し可能であり、食事や清掃がしやすいです。

歯を動かす際のマウスピース(アライナー)と比較すると固くて頑丈に作られており耐久性が高いです。アライナーと同じように、クリンチェックのデータから作製し、歯列データの記録・保管が可能です。

ただビベラリテーナーは噛み合わせの面を覆ってしまい、噛み合わせが低くなる可能性があるので、当院では通常のタイプのリテーナーを装着する場合が多いです。

保定する期間について

一般的には歯を動かした期間と同じくらいの期間の保定が必要であると言われています。

歯を動かし終わってすぐ~1年くらいは、歯が後戻りしやすいですので、食事や歯磨きのとき以外はリテーナーを使う必要があります。歯の位置がだんだん固定されるまで、定期的に経過観察のチェックを受けて、問題が無いようであれば徐々に装着する時間を減らしていきます。

リテーナーの装着をしなかったり、装着する時間を守らなかったりすると歯の後戻りが起きてしまう可能性があります。後戻りしてリテーナーが合わなくなってしまったら、再治療で歯を動かしなおしたり、さらにリテーナーを作り直したり、と時間やお金がかかってしまいますので注意しましょう。

保定装置の種類としてはインビザラインのマウスピースよりも硬い素材を使ったビベラリテーナーや、細いワイヤーを歯の裏側に固定させるタイプ、表側の歯並びにワイヤーを沿わせ、裏側は透明なプラスチックのプレートが歯列を抑えるタイプ(ベッグタイプリテーナー)などがあります。

いかがでしたでしょうか?この記事ではインビザライン治療における保定の期間について解説いたしました。他の記事もぜひご覧になってくださいね。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶