上顎前突の早期治療はしない方が良いの?

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

さて上顎前突の治療については矯正の先生の中でも意見がわかれているようです。

日本歯科矯正専門医学会の見解は

https://megalodon.jp/ref/2021-0317-1213-01/https://minds.jcqhc.or.jp:443/docs/minds/orthodontic-in-children/orthodontic-in-children.pdf

日本臨床矯正歯科医会の見解は

https://archive.ph/H9lNK

日本国内では上記のように言われてきましたが…

2022年においては、世界中で、インビザラインファーストを用いた上顎前突の早期治療が多くのお子さんに行われています。

こむら小児歯科・矯正歯科では1995年の開業当初より、必要に応じて上顎前突の早期治療を行ない、結果を出してきました▶。

お悩みの方はご相談下さい。


こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

2022年はインビザライン社のプラチナステータスを取得しました。

1. お電話の方はこちらからご予約ください▶ 0120-55-8249

2. 月火水木の15:30まで(夏休み期間はお電話ください)にご来院の方はこちらからご予約ください

3. 歯並びの問診票はこちらからご記入ください

Follow me!