「前期治療のみ」でどこまで美しく治るかには個人差があります。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

前期治療は上下の顎を広げたり、上下の顎の位置関係を整える治療です。

年齢が低い時期には永久歯が埋まっている周りの骨を大きくすることができます。しかし、まだ生えてきていない永久歯は動かす事はできません。

1. 前期治療の後、乳歯が永久歯に交換するのを待ちます。永久歯が小さくて、ねじれたり、傾いたりせずに良い範囲に出てくると下の写真のような美しい歯並びになります。こういう場合は総費用が安くすみます。

2. 別のケースです。上下の顎を広げた前期治療の後で、出てきた永久歯の大きさが大きすぎず、運良く内側や外側にズレずにきれいに生えれば、下の写真のようにある程度、きれいに歯は並びます。厳密に言うと問題もあるのですが、この程度で十分と言われる方もいらっしゃいます。

しかし良く見るとこのケースでは、上の犬歯と上下の小臼歯の歯の軸は前に傾いてしまい、咬むと歯に側方力がかかります。 個人的には後期治療をした方が良いと思います。

3. 前期治療で上顎や下顎を広げても、出てきた永久歯が大きかったり、永久歯が出てくる向きが 運悪く おかしかったりすると、下の写真のように歯は美しくは並びません。このようなケースでは、美しい歯並びを完璧に作るためには一つ一つの歯を細かく動かす作業(後期治療)を行わないと治りません。ただ、この程度でも良いと言われる方には、当歯科では無理に後期治療はおススメしていません。

黒線が歯の長軸を表しています。上の5番目の歯が運悪く内側からはえてきました。

今まで見てきたように 前期治療を行ってもその方がお持ちの条件が異なるため、前期治療だけでうまくいく場合もありますが、前期治療だけでは不十分な仕上がりになる事もあります。

4. 下の写真では、前期治療の後に上下のすべての歯にブラケットとワイヤーを付けて後期治療を行いました。ほとんど変らないように見えますが、歯の軸を見れば、犬歯から後方の歯がより直立し、特に上の5番目の小臼歯がしっかりと直立してキチンと咬めているのがお分かりいただけると思います。

上の親しらずを抜歯したら終了です。

傾斜している歯の軸をキチンと整え、正しいかみ合わせを作るためには、歯の根がほぼ完成した後、「すべての歯にマルチブラケット装置を付け、下の親知らずを抜歯し、 ワイヤーで細かく動かす後期治療」か、あるいは 「下の親知らずを抜歯し、インビザラインを使用してすべての歯をまとめて動かす後期治療」が多くの場合に必要になります。

最後の写真では、一見したところ、それほど違いがないように見える歯並びでも歯の軸を見るとかなりの違いがあり、歯の健康を考えると長期的には大きな違いとなる場合もあります。家のリフォームでも見えない基礎の部分が大事なのと同じです。

テストで50点を65点にするのはそれほどの努力は必要ありませんが、75点を100点にするのはかなりの努力が必要なように、本当に美しい歯並びを作るためには、永久歯がある程度生えてから 一つ一つの歯を細かく動かす作業が必要なのです。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶