大人は本当は歯列矯正を始めないほうがいいの?

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎの虫歯治療、抜きすぎのワイヤー矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶ 大人にはインビザライン治療という方法が、清潔な器具に週一で取り換えることもできる上に通院回数も減らせておすすめです。


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

マウスピース矯正は、床矯正と同じで簡単そうに思われていますが、奥歯の移動が必要なケースでインビザラインGO(奥歯を動かせないタイプ)を選択してしまったり、たとえ1本の歯の移動であっても歯科医が移動の指示を間違えてマウスピースを作製すると治療はうまく進みません。多くの矯正歯科クリニックがマウスピース矯正を行っていない理由がこの辺りにあります▶


実際にインターネットで「歯列矯正」で検索をすると「歯列矯正 やらなきゃよかった」、「歯列矯正 後悔」、「歯列矯正 やめたほうがいい」などのネガティブな検索結果が表示されます。しかし、歯列矯正を行いコンプレックスが解消した方や笑顔が増えた方も多くいるので、本当にやめたほうがいいのか?やめたほうがいいと思うその理由はどのような点なのかご紹介させていただきます。

「歯列矯正をやらなければよかった」代表的な”4つ”の失敗事例

■計画していた期間で治療が終わらなかった

まず一つ目は計画通りに治療が進まず予定より長い期間治療が続いたケースです。

インビザライン矯正は、治療開始前に治療計画が作られます。治療計画とは、担当医が患者さまの歯並び状況を元に、歯の移動を想定する計画表になります。お家を建てる時のいわば、設計図です。

この治療計画を正確に作るためには歯科医師の知識や技術が重要です。インビザライン治療のレベルは医院によって全く異なります。

治療計画の精度に問題がある場合は、たとえ1本の歯であっても、無理な位置に動く計画になっていれば、いつまでたっても治療はうまく進みません

長い年月をかけても想定した仕上がりにならない理由は、患者様の協力が今一つだったこともあるかもしれませんが、計画に無理があった可能性も高いです

現在、インビザライン社はスキャンデータと写真を元に最初の治療計画を作成します。CTレントゲンやセファロレントゲンのデータは使用していません。

ですので、その最初の治療計画をそのまま利用しても歯並びは、まずなおりません。

なので現状は、その最初の治療計画を全面的に作り直ししてから、それぞれのお口の状態に合わせて理にかなった実現可能性の高い歯の移動を一つ一つの歯に細かく指示する必要があります。

歯科医による地道な修正を繰り返し、練り上げた最終案に基づいて、マウスピースが作られることが治療の成功のための重要ポイントです。

こむら小児歯科・矯正歯科では、インビザライン治療歴が10年以上ある院長が計画を作成し、何回も修正し、インビザラインのインストラクターに添削してもらう万全の体制を取っています。

■かみ合わせがひどくなった

二つ目は噛み合わせが元の歯並びよりひどくなってしまったというケースです。

従来のワイヤー矯正の診断とインビザライン治療の診断とは大きく異なります。最初の診断や計画の精度に問題がある場合、見た目の歯並びは良くなったが、奥歯のかみ合わせが合わなくなってしまったという事例があるようです。そのため矯正をしなければよかったと思われたのではないでしょうか。

小臼歯を抜歯して奥歯を大きく動かした場合、かみ合わせとしては良くても、元のかみ合わせとはかなり異なるため違和感を感じられるかもしれません。これを防ぐために当院では成人矯正の場合、できるだけ下の小臼歯の抜歯は行わず、奥歯の移動量を大きくしないように治療計画を立てています。

逆に費用が安いマウスピース矯正にありがちですが、奥歯の位置が悪いのに前歯だけの矯正を行えば、かみ合わせに問題が出てくる場合もあるでしょう。前から見える部分だけでなく、機能面をしっかりと考慮に入れた計画を立てて治療を行なわないと後悔することも出てくるでしょう。

■歯の後戻りが起こってしまった

三つ目は、一度歯並びが理想の状態になった後で後戻りしてしまうケースです。

歯列矯正が上手くはいかなかったケースとして、一番多いとされているのは「歯の後戻り」です。

特に大人の場合は、矯正治療が完了し、矯正装置を外すと、歯は元の位置に戻ろうとします。そこで「保定装置」という歯を正しい位置にキープする装置を装着し続けなければ、歯は元通りの位置に戻ってしまいます。時間をかけてゆっくりと新しい状態になじませていくことが大切です。

親知らずを抜かないと親知らずが手前の歯を押して多くの歯がズレてしまいます。くれぐれもご注意ください。

■ むし歯になり、治療が中断してしまった

四つ目は装置を外さないと治療できない虫歯ができてしまい治療を中断してしまったケースです。

ワイヤー矯正、マウスピース矯正、どのような歯列矯正においても、矯正装置がお口の中にあると歯ブラシが十分に行き届かず虫歯が出来やすい歯周環境になります。もし治療期間中に、虫歯が発生してしまった場合は、治療が中断したり、治療期間に遅れが出たりします。そのため、事前に虫歯を治してから治療を行うことが理想とされています。

こむら小児歯科・矯正歯科でもむし歯の多い方の矯正はやはり中断が多くなります。

 歯科矯正をやってよかったメリット

歯科矯正を「やらなければよかった」という事例やデメリットを見ていきましたが、ここでは「やってよかったメリット」をご紹介します。

患者様それぞれ歯科矯正を始める理由はさまざまです。しかし、歯科矯正をすることによってこうした見た目のコンプレックスの改善にもつながります。

■噛み合わせが良くなる

歯並びに問題を抱えているということは、噛み合わせにも問題があるケースが少なくありません。歯科矯正によって歯が正しい位置になると、噛み合わせも改善され食べ物を十分に咀嚼(物を食べたり噛んだりすること)できるようになります。

■フェイスラインに変化が起こる

歯並びが悪く、同じ方の顎でばかり噛む癖があった人も、歯並びの改善によりバランス良く口腔内が使えることで顔の変化を感じるなど、左右の対称比が改善することもあります。

■虫歯や歯周病リスクを下げられる

歯並びが良くなると、歯磨きのしやすさも上がります。すると、虫歯や歯周病といった危険性も下げることができます。

■笑顔に自信がもてる

何よりのメリットとして、これまで歯並びがコンプレックスで笑顔に自信がもてなかった人も、歯科矯正によって自信をもって笑えるようになります。自然と笑顔が作れるようになると、積極的にコミュニケーションを行えるようになるなど、メンタルにも良い影響が出てくる可能性が大きいです。

 歯科矯正をやめたほうがいい方とその理由

歯科矯正は健康な口腔内であることが理想的です。次のような人は、すぐには歯科矯正ができないほかやめたほうがいい可能性もあります。

■ 虫歯や歯周病などが多い

虫歯や歯周病といったトラブルを抱えている場合、これらの治療が矯正治療よりも最優先となります。とくにワイヤーやブラケットを使った矯正の場合、つねに装置をつけたままの状態となりますので、普段より歯磨きがしづらくなります。すると、今ある虫歯や歯周病が悪化し、せっかく始めた歯科矯正を途中でやめる必要が出たり、思うように歯の移動が生じない可能性が出てきます。

■ 顎関節症の場合

顎関節症とは口を開いた際に音が鳴ったり、顎に痛みや違和感を感じる症状です。症状がひどい場合は食事もままならず、頭痛や腰痛といった体の他の部位にまで影響が出てきます。顎関節症は噛み合わせの悪さからくることがありますが、症状が重い場合、歯科矯正ができない可能性があります。ただケースによっては矯正することでかみ合わせが良くなり、顎関節症が良くなる場合もあります。

■ すぐに効果が欲しい場合

歯科矯正は長年位置していた場所から適切な位置へと歯を移動させる医療行為です。イベントがあるからといって、自分の思い通りの期間に治療が完了するとは限りません。すぐにでも治ると考えて安易に歯科矯正を始めると、予定していた日までに終わらずに後悔することにもつながりかねません。

 悪い歯並びをそのままにしておくデメリット

ここからは、歯科矯正をせず悪い歯並びを放っておくことのデメリットをご説明します。歯並びの改善は見た目の改善が結果とイメージされている方も少なくないと思います。しかし、歯は人間が生きていくうえで必要な栄養を取り込む入り口にあり、生命維持や健康に欠かせません。悪い歯並びをそのままにしておくと、次のようなリスクやデメリットが生じる可能性があります。

■ 虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪い状態は、歯同士が重なっていたり、歯ブラシで磨きづらい部分があるなど、清掃性(掃除がしやすい状態)が良いとはいえません。歯科矯正を行い、清掃性を上げることで、虫歯や歯周病になるリスクが下げられます。虫歯や歯周病は、口腔内だけの問題にとどまらず、全身の疾患の原因になるほか、QOL(Quolity of Life:生活の質)の低下も招くことさえあるといわれています。

■ 口臭がきつくなる

清掃性が悪いことで、磨き残しや同じ箇所に食べカスなどがたまりやすくなり、口臭の原因となります。また、歯並びが悪いことで食べ物が十分に噛み砕かれないまま胃腸へ送ることも、十分な唾液の分泌が起こらずに口臭を招くことにつながることもあります。

■ 噛み合わせが悪い

悪い歯並びは十分な噛み合わせが行われていない可能性があります。噛み合わせがしっかりしていないと、よく噛めていないまま食べ物が胃腸に送られ、消化吸収に負担がかかることもあります。

■ 見た目が悪く自信がもてない

歯並びにコンプレックスを抱えていると、口元を隠して笑ったり、会話に積極的になれないという人もいることでしょう。すると、まわりから控えめな印象をもたれたり、自分に自信がもてないということにもつながります。