子供さんがマウスピース矯正を嫌がるときは?

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶

マウスピース矯正は、床矯正と同じで開始するハードルは低いのですが、マウスピース矯正できちんと治すのは意外にむずかしいのです。多くの矯正歯科専門医院がマウスピース矯正を行っていない理由がここにあります。。

マウスピースを嫌がるときには

小児矯正は低年齢から行いますが、ワイヤー矯正は永久歯がある程度、生えそろってから行います。小児矯正は、成長発育に合わせ、低年齢から行うのが理想ですが、歯並びの改善だけなら、いずれ大きくなってからワイヤー矯正でもできます。一方、小児矯正であれば、あごを大きく拡大できるので、より健康的な歯並びを作ることができます。

当院では、お子様がマウスピースを嫌がるときには、まずはお風呂で一日5分つかうところから練習していただき、それでも無理なら別の装置を用いて、その後にワイヤー矯正を行うことが多いです。マウスピースを嫌がったら他に方法がなくてお手上げというのでは、費用のムダになってしまいます。

小児マウスピース矯正の方が、ワイヤー矯正よりも優れているというものではありません。それぞれにメリットとデメリットがあるのでケースによって使い分ける事が大切です。

当院で行なっている小児マウスピース矯正と、ワイヤー矯正を比較してみましょう。

インビザラインファースト

メリット

  • 一つ一つの歯を細かく動かせて精度が高い
  • 永久歯に交換後に二回目のインビザラインをする時にディスカウントがある

デメリット

  • 費用がかかる
  • 装着時間が長い

小児マウスピース矯正(プレオルソ、マイオブレース)

メリット

  • 装着は在宅時のみ
  • 清潔を保ちやすい

デメリット

  • 機能改善がメインで一つ一つの歯を細かく動かす事はできない
  • お子様によっては入れられないケースもある

ムーシールド

  • 口の中に入れて、装置の上に舌を置き、唇が閉じにくいところを、頑張って、唇を閉じる。唇を閉じることで、口輪筋という口の周りの筋肉が下顎を後ろにひっぱり、装置の上に舌を置くことで、舌を上に持ち上げる筋肉が刺激されます。
  • プレオルソやマイオブレイスは軟式マウスピースですが、ムーシールドは硬くて慣れないうちは不快感が強いです。
  • 細かく精密に仕上げることは難しいので、ワイヤー矯正やインビザラインといった装置を後で使用する場合も多いです。

ワイヤー矯正

メリット

  • パワーがあり早く動かす事ができる。

デメリット

  • 装置の違和感や痛みや違和感が大きい
  • 見た目が目立つ
  • 装着したまま
  • 不潔になりやすい