下顎歯列の幅が広がりました。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

過去には、「下の犬歯と犬歯の間隔を広げても必ず後戻りする」と言われていました。

しかし、こむら小児歯科・矯正歯科では、低年齢から歯列を拡大することで、多くのケースで良い結果を出す事ができました。前歯だけではなく、奥歯までキレイに並んでいることが下の写真からお分かりいただけると思います。

矯正の完全な終了は、上の親知らずを抜くことができる19歳頃が一般的ですから、遅く矯正を始めた方が治療期間は短くなります。

しかし、それでは小臼歯を抜かずに矯正を行う事はかなり難しくなるのです。

当歯科では「自分自身は昔に歯を抜いて矯正したのですが、子供は非抜歯で矯正してもらいたい」とおっしゃってお越しになる保護者様も多いです。

正直なところ15歳以上で初めて来院された患者様を見て、「早期治療しておけば、抜かなくて治療できたのに・・・」と感じる場合は少なくありません。