インビザラインで出っ歯は治る!?インビザライン矯正について

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

出っ歯が気になるが、インビザラインで治せるか気になってはいないですか?この記事ではインビザライン矯正で出っ歯を矯正できるのかについてご説明いたします。ご興味のある方は是非ご覧になってくださいね。

出っ歯とは?

上あごの前歯の先端部、あるいは上あごの歯全体が前に出ている状態を上顎前突(出っ歯)といいます。骨格が原因の場合と、歯が原因の場合があり、「上あごが大きいことによるもの」「下あごが小さいことによるもの」「歯だけが出っ張っているもの」等があります。

歯性の出っ歯の原因として大きなものは上顎の骨の幅が狭いことです。日本人は顎の幅が狭いことが多く、そのために歯が重なったり捻れたりという叢生になりやすく、出っ歯にもなりやすいのです。また、癖で上の前歯を舌で押していたり、指しゃぶりをしていたり、口呼吸で口を閉じる筋肉の力が弱かったりすることで出っ歯になることもあります。

出っ歯だと見た目の問題だけでなく、上の前歯と下の前歯がうまく噛み合わないので咀嚼しにくく発音もしにくくなります。また口を閉じにくいために、口の中が乾きやすくお口の中の環境が悪くなりやすいです。

インビザラインで出っ歯は治るのか

出ている前歯を治療する際に患者様が気になるのは「抜歯が必要になるかどうか」でしょう。前歯がどのくらい出ているかにもよりますが、インビザラインの場合には、抜歯した仕上がりと抜歯しない場合の仕上がりの2種類の治療計画をシミュレーションすることができます。
シミュレーションで、どのくらい前歯を移動できるかを患者様と確認してから治療を開始することができます。

成人の方の場合、歯を並べることのできる顎の骨の量が決まっているため、抜歯をしないと歯を安全に動かせない場合もあります。

出っ歯になっている前歯を引っ込めるためには小臼歯という前歯と奥歯の中間にある歯を抜いて、そこに出来たスペースを利用して前歯を引っ込めるという方法を取る場合が多いです。

小臼歯を抜いてできたスペースに犬歯を移動し、その後に前歯を下げていきます。前歯が下がると顔立ちがかなり変わります。

お口の中の状況によりますが、インビザラインの場合、奥歯を後ろに動かしたり、顎を拡大する事で歯と歯の間の隙間を作り、そのスペースを用いて歯を動かすということもよく行われます。

インビザラインはマウスピース型なので取り外しができ、大事な用があるときは外せるなど、メリットがたくさんあります。ただインビザラインには適応症があり、全てのケースに治療が可能な訳ではありません。例えば骨格的に顎の位置に問題がある場合や歯の移動量が多い場合や重度の不正咬合の場合はインビザライン単独で治療することは難しいです。

マウスピースで上顎前突を治す場合、ワイヤー矯正を併用することで期間を短くすることができます。

インビザラインは他のマウスピース矯正との違いとしてアタッチメントという歯の動きをコントロールする補助的な装置をつけることにより、精密な歯の動きを可能にすることができます。そのため、治療の終盤では、インビザラインの方が仕上げが簡単なように思います。

もっともシミュレーションに近い形で治療を進めていくには、マウスピースの装着時間をきちんと守って、装着する際はしっかりとアタッチメントにはめていただくことが大切です。またお口の中を清潔に保ち、装置もきれいに保つようにしましょう。

いかがだったでしょうか?この記事ではインビザラインでの出っ歯の治療について解説しました。もしご興味がある場合は他の記事もご覧になってくださいね。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶