インビザライン(マウスピース治療)のメリットとデメリットについて

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

インビザラインとは

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピースを使った矯正治療法です。それまでの矯正治療はワイヤー矯正(銀色の矯正)がメインでしたが、歯の表面に取り付けたブラケットとワイヤーが目立ってしまう難点がありました。 しかし、インビザラインで使うのは透明なマウスピースであるため、付けていることがほとんどわからないという大きなメリットがあります。

*インビザラインのメリット

①目立たない
インビザラインは、従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。

②痛みや違和感が少ない
インビザラインは、厚さ0.5mmのマウスピースを7日~10日毎に交換していきます。1つのマウスピースで歯を動かす距離が少ないため、痛みがほとんどありません。金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、マウスピース自体も歯の部分だけを覆う最小の形態となっています。

③ご自身での取り外しが可能
マウスピースは、必要に応じてご自分で取り外しが可能です。食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、虫歯や歯周病などの心配もありません。

④通院回数が少ない
個人差がありますが、基本的に2ヶ月~3ヶ月毎の通院となります。留学や海外出張などで来院が困難な場合にはさらに通院回数が少なくなるよう対応も可能となっています。

⑤信頼度の高い矯正装置
インビザラインは、世界中で800万人以上の治療実績があり、数多くの研究が行われています。より確実で快適な治療が提供できるよう日々改良が加えられ、進化し続けている矯正システムです。

⑥幅広い症例に対応
治療前のコンピュータによる3Dシミュレーションを使用することでより確実な治療が可能です。一般的なマウスピース矯正では治療が困難な、抜歯が必要なケースや、ひどい出っ歯やガタガタの歯などの矯正も、インビザラインでは短期間の部分的なワイヤーやゴムを併用することで幅広い治療が可能になりました。

⑦子供から装着可能
インビザラインは、これまで主に永久歯が生えそろう時期の矯正治療で使用していましたが、インビザラインシステムの技術進歩により、乳歯と永久歯が混在する時期の矯正治療からの使用が可能となりました。

*インビザラインのデメリット

①装着時間を守らないと歯が動かない

ワイヤー矯正の場合、取り外しは歯科医院で行わなければなりませんが、インビザラインのマウスピースは、患者様ご自身で簡単に取り外しが可能です。1日20時間以上を目標にマウスピースを装着しないと歯が計画通りに移動せず治療の失敗につながります。決められた時間付けていただくといった自己管理が患者様に必要となってきます。「取り外せること」はインビザラインの大きなメリットですが、デメリットにもなり得るのはそのためです。食事と歯磨きのとき以外はずっと付け続けるイメージです。インビザラインを取り外している時間が長いと、歯が後戻りしてマウスピースが合わなくなってしまうこともあります。

装着時間を守らないと歯は動かないマウスピースを装着しなければ歯は移動しません。マウスピース矯正は装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、簡単に装置が取り外せるため、患者様が責任を持って決められた時間装置を付けなければ治療は進みません

②歯に何もつかないわけではない

インビザライン治療では多くの場合”アタッチメント”と呼ばれるプラスチックを歯に貼り付けます。何もつけないことを選ぶことはできますが、計画していた歯の動きができなくなる可能性があります。実はこのアタッチメントこそがアラインテクノロジー社の特許でした(現在は特許は切れています)。インビザラインなら歯の表面に何もつけないで済むと思っている患者様は多くいますので注意が必要です。インビザラインはマウスピースをつけるだけの手軽な矯正治療だと思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。まず、歯の表面にはアタッチメントと呼ばれるプラスチックの小さな突起物が取り付けられます。これはマウスピースをしっかりと歯に密着させるためのものです。また、歯の表面を少し削ることもあります。これは歯を移動させるスペースを作るためです。場合によっては抜歯することもあります。歯を動かすスペースがなければ、抜歯によりスペースを作らないといけないからです。ワイヤー矯正と併用になることもあります。上述したように、症例によってはインビザラインでは対応できないことがありますが、ワイヤー矯正は対応できる幅が広いため、併用せざるを得ない場面があるのです。

③歯と歯の間を少し削ってスペースを作る必要がある

インビザラインではスペースをかせぐために歯と歯の間をしばしば削る場合があります。削る量は最大で0.5mm程度で、この程度では歯の健康は損なわれず、削るときの痛みもほとんどありませんので麻酔は通常不要です。ただあまり多くの場所を削る位なら、抜歯の矯正を選択したほうが良い場合もあります。また矯正を始めた当初、歯にデコボコがある状態で歯と歯の間を削ろうとしても正確に削ることは困難です。歯をある程度並べたあとで、ブラックトライアングル(歯と歯の間の隙間)の出方や、正中のズレを考慮しながら削合量を決めていくのが上手な歯科医のやり方とされています。

④奥歯の噛み合わせ不良が生じる場合がある

インビザラインの代表的な副作用です。奥歯と奥歯の間にマウスピースをはさむので、噛む力が矯正力となってしまい、もともと噛んでいた奥歯が当たりにくくなることがあります。日中に歯を嚙みしめる癖のある方や、歯ぎしりをする方の場合は影響が出やすいです。この状態はインビザライン単独でのリカバリーが難しくなることが多いです。部分的にワイヤー矯正を行い、顎間ゴムなどを併用して治療に当たることが必要になります。

⑤1度ずれたら元にもどりにくい

インビザラインはアメリカの工場から1年分なら1年分、2年分なら2年分、まとめて医院に届きます。型どりをしなくて良いところは楽なのですが、時間がたてばたつほどマウスピースと歯の間に隙間が空きやすいです。インビザラインは歯の上に被せる”帽子”のようなものです。ぴったりくっついていれば歯は動きますが、間に隙間ができてしまっては歯に全く力がかかりません。特に歯を引き上げるような力は加わりません。マウスピースと歯の間に隙間が空いたとき、1本程度であればリカバリーの方法もありますが、全体的にフィットが悪くなってきた場合は型の取り直しが必要です。

⑥長時間使わないといけない

インビザラインでは1日22時間以上の装着が推奨されています。臨床的には通常、20時間程度の使用で問題無いと考えられています。ある日に10時間アライナーを装着し、その次の日に10時間使ったから合計20時間で1日分使ったことになるわけではありません。しっかり決められた時間使用して頂くことが必要です。インビザラインのアライナーは1個につき歯を最大0.25mm程度動かすのですが、2時間~4時間程度アライナーを外していると元に戻ってしまう可能性があります。またインビザラインのアライナーを入れたまま食事をすることはできません。食事のたびに外さないといけないので、人前でよく会食をされる女性の場合は、人前でいちいちマウスピースを付けはずしできないという理由でインビザラインを敬遠される方もおられます。またしょっちゅう味見をする仕事をしている方(パティシエさんなど)も注意が必要です。

⑦治療できないケースがある

患者様の歯並びやお口の状態によっては、インビザラインでは治療できないことがあります。特に大きく歯を動かすのが苦手で、例えば元々の歯が少ない場合や歯並びが悪すぎる場合などには向いていません。また、重度の上下顎前突(出っ歯や受け口)は、歯を動かすだけではなく外科的な手術が必要になるため、インビザラインだけでは対応できません。歯の数が少なかったり、咬合力が強すぎたりなど、症例によってインビザラインだけでは矯正が難しいなどもまれにありますので、まずはご相談ください。

⑧抜歯の場合不適応となるケースがある

マウスピースの中で歯がズレてしまうと、歯は動かなくなってしまいます。抜歯の矯正をすると奥歯が前に倒れやすく、いったん倒れてしまうとインビザライン単独でのリカバリーは困難です。インビザラインには特殊な知識と技術が必要なため、インビザライン治療の経験のない矯正医では治療することが難しいと言われています。 また経験の浅い歯科医師による治療では誤った診断や治療計画により、歯を抜いたり削りすぎたりして、希望通りの歯並びにならないケースもあるようです。 ▶

⑨気軽に食事できない

インビザラインでの治療期間、食事のときはマウスピースを外さないといけません。付けたまま食べるとマウスピースを傷つけてしまいますし、その理由として、虫歯や歯周病になりやすくなるからです。食事が終わった後は歯磨きもしないといけません。そのため、ちょっとつまみ食いといったことが難しくなります。調理師やパティシエのようにお仕事で味見をしなければならない方など、インビザラインでの矯正治療に向いていないケースもあるでしょう。

⑩ 噛み合わせが悪くなってしまうことがある

インビザラインで治療をすると、歯並びはよくなったのに噛み合わせが悪くなることがあります。よく見られるのはマウスピースの影響で奥歯が沈んでしまい、奥歯の噛み合わせが悪くなるケースです。この場合は、ワイヤー矯正で修正しないといけません。アライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)は、常に歯の表面を覆っている装置なので、臼歯部(奥歯)が沈みやすく、治療終了時、臼歯(奥歯)がしっかりかまない場合があることがデメリットの一つです。

しかし、これも時間とともに噛めるようになる場合が多く、補助装置で上下の歯をゴムで引っ張り出すことで改善が可能です。

また、マウスピース矯正では歯槽骨(顎の骨)から歯根(歯の根っこ)が出る現象が起き得るのですが、これはワイヤー矯正とは違い、歯を傾斜(根っこ側は元の場所で歯の上側のみ動かすこと)移動ではなく、歯体(歯全体)移動可能なためです。歯を歯体移動(ある地点から歯ごと移動させること)可能なことはマウスピース矯正の大きなメリットであり、非抜歯矯正時にきちんとスペースを空けた状態で歯を奥歯の方に移動させることができます。(スペースがないのに無理に並べようとすると、前歯が前方に傾いてしまいます)歯槽骨から歯根が出る現象も、しっかりと事前にCTなどで骨の厚みや移動方向を把握していれば避けることができます。

⑪ マウスピースを自分で管理しなくてはいけない

インビザラインのマウスピースは自分で管理しなければなりません。決められた期間ごとにマウスピースを交換していかないとマウスピースが合わなくなってしまうこともあります。また、外食や間食などで取り外したマウスピースを紛失してしまう可能性もあります。専用ケースに入れるなどして紛失しないようにしなければなりません。

インビザラインで後悔しないためには

何よりも信頼できる歯科医院を選ぶことです。まず信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。多くの歯科医院では矯正治療について無料相談を受け付けています。そういった機会を利用して金額や治療内容など疑問点をしっかり解消して、信頼関係を築いておくことが大切です。

そして、しっかりとカウンセリングで悩みを解決しましょう。

『こんなはずじゃなかった』を避けるためにも、最終の目標を患者様と近づけるため少しでも疑問に思うことなどは必ずご相談ください。少しでも誤解が生まれぬよう努めたいと思っております。

*おわりに

インビザラインは正しく使えばメリットの大きい治療法です。しかし、正しく治療するためには歯科医にインビザラインについてのかなりの知識と経験が必須です。

矯正の知識のない歯科医にとっては正しく使うのが難しい装置ですが、ワイヤー矯正しか経験のない矯正歯科医にも別の意味で使いこなせない高性能の矯正装置がインビザラインです。

インビザライン治療でお困りの患者様は10年以上の経験とインビザライン公式サイトで評価されている当院にてご相談ください。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶


こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶
インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

Follow me!