インビザライン治療ってどんなもの?【失敗しないための注意点は?】

インビザラインってどんな矯正治療なのか、失敗することはないのか気になったことはありませんか?
この記事は、インビザライン矯正で失敗しないための注意点について解説いたします。
インビザライン治療について気になってらっしゃる方は是非ご覧になってくださいね。

インビザラインとは、透明のマウスピースを装着して、歯並びを治す矯正方法です。透明のマウスピースなので、ワイヤーを使った矯正治療をする場合よりも目立ちにくいです。だいたい20枚〜35枚くらいのマウスピースを順番に指示通りに交換し、歯並びを整えていきます。
インビザラインによる矯正治療がスムーズに進み、失敗しないようにするためには、いくつかの注意点があります。

① 治療計画を適切にたてる必要があります

インビザラインは、歯の型取り、スキャンをした後、3Dシミュレーション(クリンチェック)によって治療計画をたてます。それぞれのお口の状態に合わせて、シミュレーションの精査を繰り返し、治療計画の修正を歯科医師が行います。
インビザラインには、適している症例、適していない症例があり、全ての人に有効な矯正方法ではありません。例えば、抜歯が必要で歯の移動距離が大きい症例、歯の根っこの向きを変える必要があるような症例には適していません。(抜歯をするとしてもワイヤー矯正を併用したり、移動距離が小さい場合はできることもあります。)また、上下の顎に骨格的な問題があるようなケースは、インビザラインだけで矯正するのは困難です。
そのためインビザライン治療が適しているのかどうかの見極めが重要です。矯正治療開始前に、担当歯科医師と相談をして納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。

②長時間装着しなければいけません

インビザラインは、マウスピースなので自分で取り外しができる矯正装置です。食事をする時や歯磨きをする時に外す事ができるため、食事も歯磨きもしやすいです。しかし、外している時間が長くなってしまうと、望んでいる効果が得られなくなり、治療期間が長引いてしまう事があります。インビザラインでは1日20時間以上の装着が推奨されています。食事や歯みがきが終わったら、再びすぐに装着する事が必要です。

③アタッチメントと呼ばれる装置を歯に貼付けたり
自分でゴムをかけてもらうことがあります

インビザライン治療では多くの場合、望む位置に歯を動かすためにアタッチメントと呼ばれる装置を歯に貼り付けます。
アタッチメントは白いプラスチックの材料を貼付けるものなのでほとんど目立ちませんが、インビザライン治療であれば歯の表面に何もつけないと思われている方は注意が必要です。(アタッチメント無しでの治療計画をたてることもできなくはないですが、計画していた歯の動きができなくなる可能性があります。)
また場合によってはご自身でゴムをかけていただくこともあります。

④歯を動かすスペースをつくるために歯と歯の間を少し削ることがあります

インビザラインでは歯と歯の間を削ることがあります。削る量は最大で1歯について0.5mm程度で、削るときの痛みもほとんどありません。歯を並べるためにあまりに多くの場所を削らないといけない場合には、抜歯をして矯正をしたほうがいい場合もあります。

⑤自分でしっかり装置を管理して装着していただく必要があります

インビザラインは、自分で紛失する事が無いようにきちんと管理し、適切に洗浄を行う事が大切です。
洗浄する際は必ず水で洗ってください。熱湯で洗うと変形、破損してしまいます。汚れの程度に応じて装置洗浄剤を使ってください。
装置を外したら専用のケースに収納しましょう。ティッシュに包むと間違えて捨ててしまうことがありますので注意してください。
もし紛失してしまったら、再びマウスピースを作り直さなければならず、スムーズに治療が進まなくなってしまうので、注意しましょう。
インビザラインは決められた期間ごと(10日〜14日)に、新しいマウスピースに交換します。交換時期をきちんと守らないと、計画通りに矯正が進まなくなり、予定よりも治療期間が長くなってしまいますので注意してください。

いかがでしたでしょうか。この記事ではインビザライン矯正で失敗しないための注意点などについてお伝えしました。
他の矯正治療に関する記事もありますので気になる方はまたご覧になってくださいね。