インビザライン治療ってどんなもの?【失敗しないための注意点は?】

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら(リンク)

インビザラインってどんな矯正治療なの?

インビザラインってどんな矯正治療なのか、失敗することはないのか気になったことはありませんか?
この記事は、インビザライン矯正で失敗しないための注意点について解説いたします。

インビザライン矯正システムとは

透明のマウスピースを装着して、歯並びを治すマウスピース型矯正の方法の一つです。透明のマウスピースなので、ワイヤーを使った矯正治療をする場合よりも目立ちにくいです。だいたい20枚〜35枚くらいのマウスピースを順番に指示通りに交換し、歯並びを整えていきます。
インビザラインによるマウスピース矯正がスムーズに進み、失敗しないようにするためには、いくつかの注意点があります。

Woman holding mouthguard on white

インビザライン治療の注意点

1.治療計画を適切にたてる必要があります。

インビザラインは、歯の型取り、スキャンをした後、スキャンしたデータはアライン社に瞬時に送られます。アライン社はデータを元に叩き台となる案を提示してきます。しかし、現時点では、アライン社から送られてきたデータをそのまま利用しても歯並びは治りません。3Dシミュレーション(クリンチェック)によって、実現可能性の高い歯の移動を一つ一つの歯に細かく指示することが非常に大切です。何回もアライン社とシミュレーションをやり取りし、毎回治療計画の修正を歯科医師がアライン社に指示します。そうやって、練り上げた最終案に基づいて、アライン社でマウスピースが作ることが治療の成功に欠かせません。歯科医の能力の差で結果は全く違ってきますのでご注意下さい。

ワイヤー矯正も、インビザライン矯正も、それぞれ「得意・不得意な動き」があります。インビザライン・ドクターによる正確な診断と適切な治療計画の立案がとても重要で、従来のワイヤー矯正とは異なる独特の知識と技術が欠かせません。インビザライン矯正ならどの歯科医院で受けても同じだと思われがちですが、ドクターによって治療の効果は大きく異なります。インビザライン矯正で失敗しないために医院選びはとても大切です。

2.決められた装着時間を守ること

マウスピース矯正で失敗する一番の原因は、決められた装着時間を守らないことによるものです。マウスピース矯正は、装着時間を守らないと、矯正治療が進みません。特に、ご本人が積極的に矯正治療に取り組む姿勢がない場合には、インビザライン矯正はお勧めできる治療方法ではありません。

インビザライン公式に認められた実績

世界の100ヶ国以上で提供され、700万人を超える方がインビザラインによる治療を受けています。ちなみにこむら小児歯科・矯正歯科で治療したケースはインビザラインの公式サイトに掲載されています。日本の歯科医で15番目に選ばれました▶

インビザラインのメリット

 ①ほとんど目立たない

歯にアタッチメントという透明な出っ張りをつけますが、上からマウスピースすると見せなくなります。

②治療結果を事前に確認できる

無理のない計画であれば、かなりの精度で、測された位置に歯を動かすことができるので事前に完成イメージをご確認いただくことができます。

③取り外し可能

固定式の装置と比べると取り外しが簡単です。

④痛みが少ない

ワイヤーではなく、医療用プラスチックを用いて作られているので、柔らかくてワイヤーに比べると力が弱いためです。

⑤金属アレルギーでも大丈夫

金属を全く使わずに矯正を行うことができます。

⑥衛生的

週一回交換なのでどんどん新しいマウスピースが使えます。

⑦通院回数が少ない

協力度の高い方にはインビザラインバーチャルケアーを使うことで長期間、来院する必要なくご家庭で治療を進めることができます。

インビザラインのデメリット

①インビザラインには、適している症例、適していない症例があり、全ての人に有効な矯正方法ではありません。

例えば、抜歯が必要で歯の移動距離が大きい症例、歯の根の向きを変える必要があるような症例には適していません。(抜歯をするとしてもワイヤー矯正を併用したり、移動距離が小さい場合はできることもあります。)

また、上下の顎に骨格的な問題があるようなケースは、インビザラインだけで矯正するのは困難です。
そのためインビザライン治療が適しているのかどうかの見極めが重要です。矯正治療開始前に、歯科医院で担当ドクターと相談をして、矯正治療費用も含めて納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。こむら小児歯科・矯正歯科のホームページはこちらです(完全予約制)▶

①一日21時間以上という長時間装着しなければいけません

インビザラインは、マウスピースなので自分で取り外しができる矯正装置です。食事をする時や歯磨きをする時に外す事ができるため、食事も歯磨きもしやすいです。しかし、外している時間が長くなってしまうと、望んでいる効果が得られなくなり、治療期間が長引いてしまう事があります。インビザラインでは1日20時間以上の装着が推奨されています。食事や歯みがきが終わったら、再びすぐに装着する事が必要です。

②アタッチメントと呼ばれる装置を歯に貼付けたり、自分でゴムをかけてもらうことがあります

インビザライン治療では多くの場合、望む位置に歯を動かすためにアタッチメントと呼ばれる装置を歯に貼り付けます。
アタッチメントは白いプラスチックの材料を貼付けるものなのでほとんど目立ちませんが、インビザライン治療であれば歯の表面に何もつけないと思われている方は注意が必要です。(アタッチメント無しでの治療計画をたてることもできなくはないですが、計画していた歯の動きができなくなる可能性があります。)
また場合によってはご自身でゴムをかけていただくこともあります。

③歯を動かすスペースをつくるために歯と歯の間を少し削ることがあります

インビザラインでは歯と歯の間を削ることがあります。削る量は最大で1歯について0.5mm程度で、削るときの痛みもほとんどありません。歯を並べるためにあまりに多くの場所を削らないといけない場合には、抜歯をして矯正をしたほうがいい場合もあります。

④自分でしっかり装置を管理して装着していただく必要があります

インビザラインは、自分で紛失する事が無いようにきちんと管理し、適切に洗浄を行う事が大切です。
洗浄する際は必ず水で洗ってください。熱湯で洗うと変形、破損してしまいます。汚れの程度に応じて装置洗浄剤を使ってください。洗浄の頻度ですが、1週間交換の場合は、ひんぱんに装置洗浄剤を使ってもらってもよいと思います。
装置を外したら専用のケースに収納しましょう。ティッシュに包むと間違えて捨ててしまうことがありますので注意してください。
もし紛失してしまったら、再びマウスピースを作り直さなければならず、スムーズに治療が進まなくなってしまうので、注意しましょう。
インビザラインは決められた期間ごと(7日〜14日)に、新しいマウスピースに交換します。交換時期をきちんと守らないと、計画通りに矯正が進まなくなり、予定よりも治療期間が長くなってしまいますので注意してください。

インビザラインの費用

事前にインビザラインだけでの矯正治療が可能かどうかはまず全体的な検査をさせていただき、それによって選んでいただける選択肢が変わってくる場合がありますので、必ずレントゲンなど術前の検査をさせていただいております。

場合によってはマウスピースだけでなく、いくつかの補助装置を用いながら矯正治療をすすめていくこともあります。

豊中・こむら小児歯科・矯正歯科ではインビザラインのみの場合の費用は動的治療終了まで総額64万円〜74万円+消費税です。デンタルローン利用で月々9000円で治療できます。

いかがでしたでしょうか。この記事ではインビザライン矯正で失敗しないための注意点などについてお伝えしました。
他の矯正治療に関する記事もありますので気になる方はまたご覧になってくださいね。