大人の歯並びを矯正する際の費用は?

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

1:この記事は大人が歯並びを矯正したい大人の方に向けて書いてます。

2:この記事には、当歯科で大人が歯並びを直す場合の費用について書いています。

3:トータルでいくら費用がかかるか気になる方はお読み下さい。

【インビザライン治療をご存じですか?】

インビザライン治療は形の異なるマウスピースを順番に装着することで歯並びを直していく治療です。

通常の場合、技工所に矯正装置を作成すると対価が発生します。

しかし、このサイトにも書かれていますように▶マウスピースも作り直しの場合、インビザラインは5年間の保証期間があり、アライン社は作り直しや追加作成の費用を請求しないのです。(注:アライン社は2022年から追加の費用がかかるように変更)

そのため、現時点ではインビザラインによる5年以内の矯正治療に関しては、当歯科では40万円+消費税~で行っています。

いかがだったでしょうか?

このページでは【大人の歯並びを矯正する際の費用】についてお伝えしました。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶