子供の矯正に保険はきくの?

子どもの歯の矯正に保険は?

お子さんの歯並びの悪さが気になってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、その費用の高さから治療を始めることを躊躇されている方は多いのではありませんか。そこで、今回は子どもの歯の矯正治療に適応する保険についてご説明いたします。ぜひ参考にしてみてください。

□健康保険は適応するのか

病院に行く際によく耳にする「保険」という言葉はこの健康保険を指します。
矯正治療の一部は健康保険が適応されます。
例えば、唇顎口蓋裂、顎変形症、鎖骨頭蓋異骨症といった病気の症状として歯ならびが悪くなっている場合は、噛み合わせが大きくズレていて、明らかに機能的に支障があるため健康保険を適応することができます。

しかし、通常の矯正治療は健康保険の適応外になります。

その理由は、歯並びが悪くても噛み合わせがひどく悪くなければ、見た目だけの問題であり、病気とは言えないからです。予防接種が保険の適応外であるのと同じ理由で、例えば、歯並びが悪いことで歯周病のリスクが上がるとしてもあらかじめ病気を予想して矯正治療を行うことは予防行為になります。

□医療費控除の利用

健康保険が適応できないので、どうしても矯正治療にかかる金額は高額になってしまいます。
そこで活用したいのが「医療費控除」と呼ばれる制度です。
医療費控除とは医療費を一定額以上払った場合に一定金額が返金される制度です。
この制度は納税者本人にかかった医療費だけではなく、家族のために支払った医療費にも適用されます。
そのため子どもの矯正治療費にも適応されることになります。
健康保険が適応できないので矯正治療費はどうしても高額になってしまいます。全額自己負担しなければなりません。
しかし、医療費控除という制度を用いることによって金額を抑えることができます。
子どもに矯正治療を受けさせてあげたいけれど金額が高くて受けさせてあげられないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
この制度を利用して金銭的なハードルを下げることができるようになります。また当院では、デンタルローンの中では最も低金利のジャックスと提携しています。

子どもの矯正治療は保険適用されるの?

大人の矯正治療である「歯列矯正」は、原則的に保険が適用されません。そのことをご存知の方は多いことかと思います。やはり、歯列矯正というのは、審美面の改善という側面が強いことから、保険適用されることは難しいのです。

▼小児矯正も原則的に保険は適用されない

小児矯正というのは、歯列矯正とは異なり、顎の発育を正常に促すことを目的としています。けれども、原則的には保険が適用されないということを知っておいてください。やはり、すべての小児矯正で保険を適用させてしまうと、国の医療費が大きく膨らんでしまうことから、原則的に適用外にせざるを得ないのでしょう。

▼保険が適用される小児矯正もある?

実は、一部の症例に限っては、保険適用される小児矯正も存在しています。具体的には、先天的な病気が原因の顎変形症や顎骨の発育不全、多数歯に及ぶ欠損などです。これらは外科矯正などを実施してその症状を改善しなければ、全身の発育にも大きな悪影響が及ぶことから、保険が適用されます。

▼小児矯正を受けることで医療費の抑制につながる

前期治療である小児矯正に保険が適用されないのであれば、後期治療である成人矯正から開始した方が、医療費を安く抑えられそうなものですが、実際はその逆です。

骨格的な問題をダイナミックに改善することができる小児矯正を受ければ、歯並びを細かく整える歯列矯正の必要性も低くなるからです。その結果、矯正治療にかかるトータルのコストを抑制することにつながります。また、後期治療が必要となったとしても、抜歯が不要であったり、治療期間を短縮できたりするなどのメリットが得られます。

▼まとめ

このように、子どもの矯正治療には原則的に保険が適用されません。けれども、顎の骨の発育期に適切な治療を受けることで、矯正にかかるトータルの費用を抑制することにはなります。 又、基本的に健康保険を適応させることはできないものの医療費控除は受けることができることはお分かりになれたのではないでしょうか。
ぜひこの記事を参考にして、金銭的な負担を減らし治療を始めてみてはいかがでお子様の歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。