子供の歯の矯正に保険はきくの?補助金はあるの?

子どもの歯の矯正に保険は?

お子さんの歯並びの悪さが気になってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、その費用の高さから治療を始めることを躊躇されている方は多いのではありませんか。そこで、今回は子どもの歯の矯正治療に適応する保険についてご説明いたします。ぜひ参考にしてみてください。

□健康保険は適応するのか

病院に行く際によく耳にする「保険」という言葉はこの健康保険を指します。

▼保険が適用される小児矯正もあります

一部の症例に限っては、保険適用される小児矯正も存在しています。具体的には、先天的な病気が原因の顎変形症や顎骨の発育不全、多数歯に及ぶ欠損などです。これらは外科矯正などを実施して現状を改善しなければ、非常に咬みにくいため、保険が適用されます。
例えば、唇顎口蓋裂、顎変形症、鎖骨頭蓋異骨症といった病気の症状として、かみ合わせが大きくズレていて、明らかに機能的に支障があるため健康保険を適応することができます。

◎歯列矯正で保険適用になるとき

国が認めた疾患に当てはまる場合=疾患による嚙み合わせの異常であるとされた場合は、歯列矯正に保険が適用されます▶

▼矯正は保険の適用外です

その理由は、歯並びが悪くても噛み合わせが悪くなければ、見た目だけの問題であり、病気とは言えないからです。

例えば、歯並びが悪いことで将来、歯周病のリスクが上がるとしても あらかじめ病気を予想して矯正治療を行うことは予防行為になります。予防接種が保険の適応外であるのと同じ理由です。

やはり歯並びの矯正というのは、審美面の改善という側面が強いことから、美容外科と同じで保険適用されないのです。

実際のところ歯並びが良くても嚙み合わせが悪い方もおられますので、歯並びやかみ合わせについて「ここからは病気です」という線引きができないのです。

▼小児矯正を受けることでトータルの料金は少なくなります

前期治療である小児矯正に保険が適用されないのであれば、全部永久歯になってから開始した方が、費用を安く抑えられそうなものですが、実際はその逆です。

下の写真の方は高校2年生ですが、最近急に前歯がガタガタしてきたと相談されました。

もし10歳までにご来院されていたら…ここまでひどくはならなかったのにと残念に思います。ここまで悪化してしまうと歯を抜歯しないといけないか、あるいはインプラントアンカーを用いた大規模な治療になり、小児矯正とは違い、それなりの費用と期間がかかってしまいます。

小学生のときに来ていただいていたらここまでにはなりませんでした

成長を利用して骨格的な問題をダイナミックに改善することができる小児矯正を受ければ、歯並びを細かく整える歯列矯正の難易度が下がり、抜歯が不要になったり、治療期間を短縮できたりするなどのメリットが得られます。

お子様の時期に最低限やるべきことをやっておけば、保定期間は長くはなりますが、大人になってから仕上げの矯正だけできれいな歯並びを得ることが可能になります。

こむら小児歯科・矯正歯科では小児矯正の費用は比較的低く設定し、できるだけ多くの方々に小児矯正を受けていただきたいと思っています▶︎

(いろいろな矯正器具や材料の価格が上がっています。今年は据え置きさせていただきましたが、来年1月から開始される方からは値上げをお願い申し上げることになると思います。)

歯列矯正の費用を安くする方法

医療費控除を利用する

医療費控除は、最高で200万円までが控除の対象となります。歯列矯正治療で支払った料金や、通院にかかった交通費などにも適応されます。

医療費控除を受けるためには、翌年の確定申告期間に、近くの税務署へ書類を出さなくてはいけません。

高額療養費制度を利用する

高額療養費制度の上限額は、本人の所得や年齢によっても変わります。高額療養費制度については、健康保険組合に申請書を出さなくてはいけません。期間も決まっているので問い合わせてみましょう。

分割払いを利用する

こむら小児歯科・矯正歯科では10万円以下の金額は5回以内、10万円を超える金額は10回以内の分割が可能です。(お利息はかかりません。)均等払いでなくても大丈夫です。

デンタルローンを組む

この方法は治療費を安くするというよりは、支払い1回あたりの負担を軽くするものです。

デンタルローンについてはこちらをご参照ください。当院では、デンタルローンの中では最も低金利のジャックスと提携しています▶︎

http://dentalLP020_211206 (komura.jp)

このように、子どもの矯正治療には原則的に保険が適用されません。けれども、顎の骨の発育期に適切な治療を受けることで、矯正にかかるトータルの費用を抑制することにはなります。お子様の歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

▼まとめ

このように、子どもの矯正治療には原則的に保険が適用されません。けれども、顎の骨の発育期にその状態や程度に応じて、タイミング良く、適切な治療を受けることで、矯正にかかるトータルの費用を抑制することにはなります。 

また、基本的に健康保険を適応させることはできないものの医療費控除は受けることができることはお分かりになれたのではないでしょうか。
ぜひこの記事を参考にして、金銭的な負担を減らし、治療を始めてみてはいかがでしょうか?

お子様の歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。


大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎの虫歯治療、抜きすぎのワイヤー矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶



インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

マウスピース矯正は、床矯正と同じで簡単そうに思われていますが、奥歯の移動が必要なケースでインビザラインGO(奥歯を動かせないタイプ)を選択してしまったり、たとえ1本の歯の移動であっても歯科医が移動の指示を間違えてマウスピースを作製すると治療はうまく進みません。多くの矯正歯科医院がマウスピース矯正を行っていない理由がこの辺りにあります▶

こむら小児歯科・矯正歯科でインビザライン・システムによる歯並び治療を行ったケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに#591番、Dr T. Komuraとして世界で591番目、大阪府では3番目に掲載されました▶
インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

インビザライン・ファカルティとは、米国アライン・テクノロジー社公認の講師の資格で、日本全国で約20名の歯科医がファカルティ(指導医)として認定されています。
インビザラインの診断や治療技術、治療経験などについてセミナーを通して他のインビザラインドクターに指導しています。
当院では院長が立てた計画をインビザライン・ファカルティに監修していただくことで「本物のインビザライン」をご提供致します。

歯並びが悪くないのに違和感がある方はこちら▶

Follow me!