お子様のインビザライン|豊中市 こむら小児歯科・矯正歯科(土日診療)

お子様に最善の

パーソナル小児矯正

当院は、床矯正、プレオルソ、マイオブレース、ワイヤー矯正、インビザライン、咬合誘導(小児矯正:Occlusal guidance )、成人歯列矯正のすべてにおいて10年以上の成功実績▶があり、それぞれの装置の特性を理解しています。


メインサイト▶

大人のインビザライン▶

ご質問はこちら▶︎ 


インビザライン・ファースト
矯正×テクノロジー

インビザライン・システムは、全世界で最も多く使われているマウスピース矯正のシステムです。

当院では院長がクリンチェックという専用アプリで設計したマウスピースセットで、それぞれの歯を別々に現時点での最善の位置へを導いていきます。

https://makino-ortho.comより


Photoshopで上手に絵を描くのは簡単ではないように、クリンチェックを使いこなして正しくマウスピースを設計するのは簡単ではありません。

インビザラインファーストは7歳〜9歳のお子様にワイヤーを使わずにオーダーメイドのマウスピースで精密にゆっくりと顎を広げる「全く新しい矯正治療」です。

年齢が上がると、成長を利用して顎を広げることはできません。

すき間がある・すきっ歯のように、何もしなくても自然に治る歯並びもあります▶︎

しかし、ハの字に生えている しゃくれている・受け口等は、トレーニングや自力では治らない場合がほとんどです。

その人にとっての理想の歯並びにするためには、10歳までに歯並びの土台をしっかりと作っていくことが大切です。

オーダーメイドのインビザライン・ファーストは、永久歯がきれいに生えるためのスペースを正確+安全+効率的に作成します。

インビザラインファーストは有効期間は1年半です。一般的に上下の前歯4本が生えた後は、しばらく歯の交換はないので、この時期を利用すると作り直しが最小限に済むので治療が効率的だと思います。

▶抜歯矯正で下の前歯が骨から出てしまうリスク

上のビデオ▶を見ると、その人にとっての理想の歯並びにするためには、10歳までに歯並びの土台をしっかりと作り、できるだけ小臼歯を抜歯せずに矯正を行うことが極めて重要であることがおわかりいただけると思います。


小児矯正で後悔しないために

下の3つをご理解下さい。

① 装着が大変 ② 前歯を並べるリスク ③ セファロ分析が必要

① 装着が大変

tk

プレオルソやマイオブレースですが、夜間の装着がかなり大変な場合があります。

どうしても慣れることができないお子様も一定数いらっしゃいます。

インビザラインファーストで装着が無理だったケースは今のところありません。

※インビザラインファーストに限った話になりますが、コロナで学校では歯磨きができなかった時期は、「装着は昼食時前まで、その後はケースに入れ帰宅後に歯磨きをして再装着」という状況で、装着時間は18時間程度でしたが、すべてのケースで無事に治療を終了することができました。

② 前歯を並べるリスクを知る

誇張されたビデオではありますが、ご覧下さい。

このように前歯は、犬歯によって動かされます。ですから、前歯を無理に動かさない注意が必要です。

お子様の矯正で無理に前歯を並べようとすると下のビデオのように前歯の根を犬歯にぶつけていくことになります。⚠️

③ セファロ分析が必要

人間の横顔は大きく分けて下のドリコ、メジオ、ブレーキーの3つに分かれます。

顔面タイプ

矯正で横顔のタイプを変えることはできません。

例えば、ドリコの人をメジオやブレーキーに変化させることは、実はできません。

また横顔のタイプで治療の難易度は変わります。

まずは、「お子様がどのタイプであるか?」をセファロレントゲンで調べる必要があります。

ネットで小児矯正を検索すると「小児矯正やらなきゃ良かった、小児矯正意味ない」と出ます。

後悔しないためには、やはり、治療開始前に

治療の難易度

第一期矯正と全体矯正の違い

第一期治療で改善できることと改善できないこと

等をよく説明を受けた上で治療を開始することが大切です。

1期治療(前期治療)で美しい歯並びの土台作り

小児歯科の “早い時期からソフトな力で顎を広げる咬合誘導(Occlusal Guidance)” の考え方とインビザラインは親和性が高かったので、当院は、12年前の2012年からインビザラインを使用して “パーソナル矯正”を行ってまいりました。

インビザライン・ファーストを持つ男の子

2つのインビザライン

お子様のインビザラインには

「インビザライン・ファースト」
「インビザライン・コンプリヘンシブ」
の二つがあります。

永久歯がきれいに生えるためのスペースを安全に効率的に作成することができます。

インビザライン・ファーストを持つ女の子
インビザラインの診察を受ける男の子

お子様の歯列矯正はインビザラインがベスト

  • 優れた矯正効果
  • 幼少期から始めることで、顎の成長を活かし、将来の歯並びを美しく整えます。
  • 快適な装着感
  • マウスピースはオーダーメイド。薄くて透明、違和感が少ないためお子様が嫌がらずに装着できます。
  • 生活習慣を妨げない
  • マウスピースは取り外しが可能なため、食事や歯磨きがしやすく、通常の生活習慣を妨げません。
  • 成長サポート
    • 装置に厚みがあり噛みごたえがあるため、顎の発育をサポートします。

    マウスピース矯正のメリット

    • 精密な歯の動き
    • 歯を0.1mm単位でゆっくりと移動させるため、歯ぐきに優しく痛みがほとんどありません。
    • 目立たない
    • マウスピースは透明で目立たず、装着していても気づかれることがほとんどありません。
    • 衛生的
    • 食事や歯磨きの際に取り外しが可能で、口の中を清潔に保てます。

    設計の良し悪しで結果が全く違います

    マウスピース矯正は「AIが治療を行う」というイメージがありますが、実は、AIは実用レベルに達していません。

    マウスピース矯正は歯科医がアプリでマウスピースを設計し、製作会社に発注したマウスピースで行います。

    インビザライン・ファーストTM矯正×テクノロジー

    当院はインビザライン・ファーストが日本に導入された2019年から使用しています。

    インビザライン社のファカルティ(指導医)の監修下で世界レベルのクオリティーを目指しています。

    インビザラインファースト(お子様のインビザライン)については下の動画をご覧下さい。

    公式に認められた治療結果

    インビザライン公式サイトに掲載された小村先生
    インビザライン公式サイトに掲載された症例写真

    当院での治療ケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Gallery▶︎に掲載されました。

    世界で591番目、日本で15番目です


    今は、インビザライン社のファカルティ(指導歯科医)の監修の下で、世界レベルの精密矯正治療を目指しています。

    どの歯をどこに動かすか。
    一つでも間違えると治療はうまくいきません。

    良い治療結果を出すためには・・・

    インビザラインはオーダーメイド。インビザラインで良い治療結果を出すためには、クリンチェックというアプリで上の写真のように一つ一つの歯に細かく正しく移動を入力することが必須です。

    インビザラインはオーダーメイド。マウスピースの設計が少しでも間違っていたら
    良い治療結果を出すことはできないのがインビザライン治療の難しいところです。

    インビザドクターの認定基準▶

    大阪府おすすめの小児矯正の名医6人に掲載されました▶

    当院でのインビザライン治療のビフォーアフター

    上の前から2番目の歯の根が犬歯の進路を妨げないように最善の位置に動かしています。(レントゲン参照)

    上の前から2番目の歯の根が犬歯の進路を妨げないように配慮しています。

    インビザラインはオーダーメイド。

    いろいろな要素を考慮に入れて、将来を見越してインビザラインファーストを設計することで “パーソナル小児矯正”を行うことができます。

    当院は床矯正、プレオルソ、マイオブレース、ワイヤー矯正、インビザライン、小児矯正、成人矯正のすべてにおいて10年以上の成功実績▶がありますので、「行ってはいけない歯の移動」は理解していると思います。

    むやみに前歯をそろえたり、入念な修正を行わないまま、即日に治療を開始するようなことはいたしませんので、ご安心ください。

    お子様の矯正では、大人になった時の歯並びから逆算することも同様に大切です。
    ファーストの設計には、成人のマウスピース矯正治療の正しい経験値も必要です。

    インビザラインロゴ

    インビザライン社|横浜トリートセンター

    当院では、お口のデジタルデータをインビザライン社の横浜トリートセンターに送付し、国内で設計の原型を依頼します。

    その原型をファカルティーの監修下で何度も修正を重ねて、設計を完成させます。
    患者様のご了解を得られましたら発注します。

    発注した設計図通りにインビザライン社のメキシコ拠点が複数の連続したマウスピースを作成します。

    発注した設計図通りにインビザライン社のメキシコ拠点が複数の連続したマウスピースを作成します。

    完成したマウスピースを一日22時間程度装着して頂き、1W〜2Wで新しいマウスピースに交換して、徐々に歯並びを直していきます。


    ① マウスピースの設計が正しいこと

    ② 歯が動き切るまでマウスピースをしっかり装着⇒次のマウスピースに交換すること

    ③ ゴムを決められた時間正しく使用すること

    ④ 定期的なチェックをきちんと行うこと


    ① 歯を0.1mmの単位でゆっくりと弱い力で精密に動かすので、歯ぐきに優しく痛みがほとんどありません。

    ② マウスピースは目立ちにくく、装着していても気づかれることはほぼありません。

    ③ マウスピースは食事や歯磨きの際に取り外して洗えるため、口の中の衛生状態を良く保ちやすいです

    ④ それぞれの歯を同時にいろんな方向に非対称に正確に動かすことができ、歯の幅を0.01mmまで正確に測定可能なので、従来の装置とは比較にならないレベルの精密な歯の移動ができます。

    ⑤ LINEで写真を送っていただくことで通院回数を減らすことが可能です。

    ⑥ワイヤー矯正の場合、顔に衝撃のあるようなスポーツや楽器の演奏は禁忌ですが、マウスピース矯正では比較的大丈夫です。

    ⑦ インビザライン装置は歯を最終位置へとダイレクトに移動できるため、歯の無駄な移動を減らすことができます。

    ⑧ インビザライン装置はデジタル化されているため、治療進行のモニタリングが容易です。

    ⑨ MRIを撮影する時もワイヤー矯正装置のように一旦外して治療が中断することがありません。

    ⑩ 金属パーツがないので軽く、余計な重みが歯にかかりません。

    小児歯科で行われているお子様の矯正(咬合誘導)は成長中の子供の顎と歯の発育を正しく導くことで将来的な問題を予防または軽減することを目的としています。

    小学校高学年になってしまうと大きく顎を広げることは非常に難しくなり、大人ではほぼできません。

    インビザライン・ファーストを持つ男の子

    インビザラインはオーダーメイド
    ワイヤー矯正とは全く違います

    米国のインビザラインのサイトには▶以下のように書かれています。

    インビザラインをしている女の子

    アメリカの歯科大学19校で、インビザラインシステムの教育プログラムが行われています。

    アメリカ矯正歯科学会での演題の半分近くはマウスピース治療についてです。

    インビザライン

    抜歯矯正には、下のビデオのようなリスクがあることが、CTレントゲン付のインビザラインコンプリヘンシブではわかります。

    理想を目指して矯正した結果、歯が骨から出てしまっては元も子もありません。

    日本歯科専門医機構認定の歯科専門医は5つのみ

    研究会も含めると、歯科医の「認定医」や「専門医」の数は膨大ですが、日本歯科専門医機構の認定歯科専門医は、実は以下の5つしかありません。⚠️

    ●日本口腔外科学会 口腔外科専門医
    https://www.jsoms.or.jp/public/senmon/setsumei/

    ●日本歯周病学会 歯周病専門医
    http://www.perio.jp/

    ●日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医
    http://kokuhoken.net/jdsa/

    ●日本小児歯科学会 小児歯科専門医
    http://www.jspd.or.jp/

    ●日本歯科放射線学会 歯科放射線専門医
    https://www.jsomfr.org/

    正しく設計されたマウスピースならワイヤー矯正より短期間で、快適で、予測通りに歯並びを治します

    インビザラインの利点と可能性

    お子様の歯並び治療に適している理由

    生体に最適な弱い力でゆっくりと精密に

    「目立たない」「痛くない」というメリットに加えて、インビザライン装置には、「歯をいろいろな方向へ精密にゆっくりと動かすことができる」という利点があります。

    この画像のようにインビザラインドクターのみが使用できるクリンチェックというアプリを用いて、一つひとつの歯に非常に高度で繊細な動きを入力し、マウスピースを設計していきます。

    矯正歯科の問診票(土日も診療)


    ご予約・お問合せ

    当院のメインサイトはこちら▶ 矯正歯科の問診票(土日も診療)

    ※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。


    こむら小児歯科・矯正歯科

    invisalign

    2012年にインビザラインを開始して12年の実績

    細かいご要望にもできるだけお答えしています。

    ハート型の手の中にあるインビザライン

    症例 01


    1年半で顎がかなり広がりました。マウスピースは数回作り直しています。残りの歯が生えてきたらインビザライン セカンドフェイズという後期治療を行います。

    治療前→治療後

    症例

    治療前→治療後

    症例

    治療前→治療後

    症例

    治療前→治療後

    症例

    治療前→治療後

    症例

    症例 02


    このケースも熟考した上で、すべての歯を細かく精密に動かしました。

    左前歯だけでなく、奥歯も精密に動かすことが安定した美しい結果のために欠かせません。従来型の装置では難しい上の奥歯の後方への移動ができています。

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後


    症例 03


    このケースも熟考した上で、すべての歯を細かく精密に動かしました。

    小学校高学年になってしまうと大きく顎を広げる矯正は非常に難しくなり、大人ではほぼできません。
    、インビザラインでは、上の前歯の並びだけではなくもっとも難易度が高い下顎の拡大を効果的に行うことができます

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後

    治療前→治療後


    2022年にインビザライン社のプラチナステータス
    そして2023年にはプラチナエリートステータスを取得しました。

    ただし、こういうステータスは治療開始数が一定数以上なら、誰でももらえます。TVでも放映されたように、レッドダイヤモンドと治療の成功は関係ありません。▶︎

    実際、レッドダイヤモンドの歯科で治療された3名の患者様の再治療を当院で行っています。

    インビザライン・システム

    ワイヤー矯正とは診断や治療方法がまったく違います。

    正しい設計をインビザライン社に送り、正確にマウスピースに反映します。

    患者様一人ひとりにとって最適なマウスピースをお届けします。


    できるだけ抜かずに

    「健康な永久歯をその方のベストポジションへと導き、お口を守っていくこと」が私たちのミッションです。

    当院ではインビザライン・システムを用いて、できるだけ小臼歯を抜歯しない歯ならび治療を行います。

    一人ひとりの個性に調和し、それぞれの歯が本来の機能を果たすことを重視しています

    審美優先ではなく、機能を優先して歯ならび治療を行っています。


    矯正を失敗しないために

    治療の質が大切です


    1つ目の鍵】:インビザライン公式サイトに掲載

    【結論】治療の質が大切です

    インビザラインは世界で最もメジャーなマウスピース型矯正装置で、すでに1700万人を超える患者様が治療を受けています。

    しかし、日本にインビザラインが導入されたのは、米国から7年遅れのため、日本では「従来型のワイヤー矯正」が主流です。▶︎ 

    大学病院にはワイヤー矯正の常勤指導歯科医はいますが、インビザラインの常勤指導歯科医はいませんので、大学で正式にインビザラインを学ぶことはできません。

    クリンチェックという専用アプリで緻密に設計してマウスピースが出来上がります。Photoshopで上手に絵を描くのは簡単ではないようにクリンチェックを使いこなすのは簡単ではありません。

    ですから、インビザライン治療を正しく学習するには、まずはインビザラインドクターになってクリンチェックというアプリを使う権利を取得した後、

    ① 各種セミナーで学習を続ける

    ② インビザライン社認定のファカルティ(指導医)から指導を受け、簡単なケースから難しいケースへと経験を積み、クリンチェックを使いこなして、マウスピースを正しく設計できる能力を身につける

    ③ 設計と実際の治療結果▶を見比べて、マウスピース設計の精度を高めていく

    インビザライン治療が上手になるには、このサイクルを回し、良い治療実績を積み重ねて、経験値を上げる必要があります。


    【2つ目の鍵】:ビフォーアフターの写真を多く掲示

    設計が間違っているマウスピースで歯が変に動いてしまった後では、修正は難しくなり、うまく治らず、妥協した状態で治療終了ということになりがちです。⚠️

    転医して来られた患者様もおられますが、正直なところ、「最初から当院でインビザライン治療を行わせていただきたかった」というのが本音です。😔

    最初のマウスピースの設計だけでなく、仕上げの段階でのマウスピースの設計にも高度な技術が必要です。

    剛性の高いワイヤー矯正とソフトなインビザライン矯正とで力学的に大きく異なるので、ワイヤー矯正の治療感覚ではマウスピース矯正を成功させることが難しいのです。

    ビフォーアフターの写真をたくさん見せてもらいましょう

    余談

    業界に詳しい矯正関係の業者さんによれば、「矯正歯科医のうち6~7割しかインビザラインを行っていない上に、上手にマウスピースを設計できる先生はそのうちの約2割」と厳しい評価をされていました。

    先進的な矯正装置インビザライン

    こむら小児歯科・矯正歯科の

    インビザライン治療の流れ

    一般的な歯科医院のインビザライン治療の流れ

    インビザラインの技術はワイヤー矯正の技術とは別です。

    こむら小児歯科・矯正歯科インビザライン治療の流れ

    「質の高い」成人の歯並び治療には、2、4、7のプロセスは欠かせません。

    横浜の優秀なクリニカルデザイナーが作成したマウスピースの設計の原型



    各種のデータを参照しながらインビザライン社のファカルティ(指導医)の監修下で何度も修正


    「世界レベルのインビザライン」をご提供できるようにつとめております。

    正しく設計された、マウスピースだと治療が早い

    あなたの歯茎に合わせてデザイン



    カウンセリング

    「他の医院でマウスピース型では治療できない」と言われた方は、まずはカウンセリングにお越しください。
    歯並びの治療に関するどのような細かな疑問やご質問にもお答えいたします。

    矯正歯科の問診票(土日も診療)

    (注:難症例の場合は、CTレントゲン、パノラマレントゲン、口腔内スキャンを先に行って、インビザライン社にシミュレーション作成を依頼し、実際に設計してみないとわからない場合もあります。

    シミュレーション作成に実費で2万9千円がかかります。インビザライン社はドライな会社です。
    インビザライン社はクーリングオフがなく、キャンセルした場合でも返金は一切ありませんのでご注意下さい。

    当院で治療開始される場合は、矯正費用は、通常の価格からこの2万9千円を差し引いた金額になります。

    こちらのシミュレーションはご自身で無料でできますが、これはあくまでもインビザライン社のマーケティングツールであり、実際の治療結果とは全く関係ありませんのでご注意下さい。▶)

    レントゲン撮影・セファロX線

    骨格を計測して、標準値と比較します。
    歯並びや咬み合わせだけでなく、顔の形や大きさも治療に関係します。患者様が気になる部分以外の隠れた問題点も明らかにする必要があります。

    ●分析費用 3,000円(税別)

    診断1

    治療方針・費用の説明

    患者様の現状分析と将来の見通しについてお話いたします。(1~2週間後・約60分)

    治療方針・費用の説明

    各種資料採得・検証

    他の各種資料を採得します。顎の関節に問題がないか?外傷歯や虫歯がないか?をチェックすることも大切です。(約30分)
    数日かけて、診断に問題がないかを検証。

    ●精密検査 50,000円(税別)

    矯正各種資料採取とパソコン画像

    3D光学スキャナーで歯型どり

    お口の型取りの代わりにお口の中をスキャンします。また、インビザライン専用アプリを使用して写真撮影を行います。

    セファロレントゲンやCTのデータも同時にアライン社に提出します。

    3D光学スキャナーで歯型どり

    治療シミュレーション

    最終的な理想の歯並びを確認できることができます。患者様にご承認いただいた後に作成に入らせていただきます。

    インビザライン治療シミュレーション

    安|心|確|実|に

    できるだけ抜かない削らない設計を行います

    インビザライン治療ではマウスピースの設計の自由度が非常に高く、全ての歯をいろいろな方向に動かせるため、治療計画は無限に作れてしまいます。⚠️

    ですからインビザライン治療の経験値が低いとどうしたら良いのかわからないため、インビザライン社のコスタリカ拠点から送られてきた設計の原型のままでマウスピースを作ってしまいがちです。⚠️

    インストラクター監修下でマウスピースを設計

    診断2

    当院の場合、横浜の優秀なインビザライン社のクリニカルデザイナーが、歯の大きさを0.01mmの精度まで計測し、マウスピースの設計の原型を作成します。

    この原型をインビザライン・システムのファカルティ(指導歯科医)の監修下で何度も修正をかけます。

    マウスピースの設計が完成

    実現可能性の高い正確で安全なマウスピースの設計が完成

    パソコンでインビザラインの高い正確で安全な計画が完成

    マウスピース発注

    患者様の御承認をいただいた後で発注いたします

    治療開始

    1〜2週間に1度のペースでマウスピースを交換。

    お子様のファーストは1年半しかないので、定期的にご来院いただいています。

    歯が交換するとマウスピースが合わなくなるのでその都度作り直します。ゴルフと同じように何回にも分けて問題を解決していきます。

    ファースト終了後の一回目の保定

    日常生活において、歯にはさまざまな力がかかります。治療後に歯並びをそろえておくためには、ビベラリテーナー(片顎:¥15,000円(税別) 上下顎:¥18,000(税別)という純正の保定装置をお勧めしています。

    保定期間は長ければ長いほど良いと言われています。
    年に数回、保定装置の定期検診を行います。

    耐久性に優れた従来型のリテーナー(片顎:¥15,000(税別)も可能です。

    インビザライン治療完了後の保定装置

    インビザライン 2nd Phase

    前歯と奥歯以外の歯がきれいにはえてこなかった場合には、2回目のインビザライン治療を行って、すべての歯をきれいに整えます。(後期治療になり、別料金です)

    治療完了後の保定

    日常生活において、歯にはさまざまな力がかかります。治療後に歯並びをそろえておくためには、ビベラリテーナー(片顎:¥15,000円(税別) 上下顎:¥18,000(税別)というインビザライン純正の保定装置をお勧めしています。

    保定期間は長ければ長いほど良いと言われています。お子様の場合は、上の親知らずを抜き終わるまで保定をお願いしています。


    年に数回、保定装置の定期検診を行います。

    耐久性に優れた従来型のリテーナー(片顎:¥15,000(税別)も可能です。

    インビザライン治療完了後の保定装置


    インビザラインファーストのデメリットは

    ①  大人のインビザラインと違い、有効期間が1.5年しかないので、設計をミスったら終わらない。

    ② 従来型の装置と比べて、装着時間が長い。

    ③ お子様の場合、歯の高さが短いので大人にくらべるとマウスピースが壊れやすい。

    ④ 計画が正しければ安全なインビザライン矯正ですが、歯を動かす以上リスクがあります。


    インビザライン

    料金について

    相談・診断

    治療を開始する前に、インビザライン・システムの費用をご説明させていただきます。

    これ以外にクリンチェック監修料がかかります。

    インビザライン・システムの料金

    価格表 イージーケース エクスプレスパッケージ 280,000円(税別) お子様の第1期治療のみ インビザライン ファースト 350,000円(税別) 歯列全体・かみ合わせの治療 インビザライン 5年 620,000円(税別)

    ただ、インビザライン社は非常にドライな会社です。 装置の作成前にインビザライン社に装置の費用を支払う必要があり、クーリングオフもキャンセルもできません。

    患者様にどのインビザラインが適切かは、患者様の難易度で決まります。

    理想を言えば、5年間有効でCTレントゲン情報を用いることができるインビザラインコンプリヘンシブがお勧めです。

    ご来院の際には、観察時は観察料1,000円(税別)、IPR時は3,000円(税別)、アタッチメント装着時は3,000円(税別)、スキャン時は5,000円(税別)がかかります。

    ・万が一、インビザライン・システムでの治療が困難な場合、仕上がりの精度は低くなりますが従来型の装置に切り替えることも可能です。 その場合は、装置代の実費と毎回の調整料¥5,000円(税別)で行います。

    お支払い方法について

    一括払い:
    当院受付でのお支払い、カードでのお支払い、または当院の銀行口座へお振込みください。

    分割払いがご利用になれます。

    ・装置の作成前にインビザライン社に支払う費用以外については、10万円以下の金額は5回以内、10万円を超える金額は10回以内の分割が可能です。(お利息はかかりません。)均等払いでなくても大丈夫です。

    ・お支払にはクレジットカードや金利3%のローンによる最大で84回分割でのお支払いが可能です。

    ご予約・お問合せ

    ※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。

    矯正歯科の問診票(土日も診療)


    こむら小児歯科矯正歯科


    ごあいさつ

    撮影と標準語が苦手なのでAIで失礼いたします。


    12年前から、インビザラインを用いた “パーソナル矯正” に取り組んでまいりました。

    洋館を和風建築にリフォームするのは無理があるように、矯正治療でまったく違ったタイプのお顔にするのは困難です。

    「すべての患者様に対して、矯正学的に理想とされるゴールを設定して矯正治療を行うこと」は間違っています。

    開業以来、患者様の個性に合った歯並びのための “パーソナル矯正”をずっと考えてきました。

    従来の矯正治療であれば、小臼歯を抜歯していた多くのケースがインビザラインのおかげで小臼歯を抜くことなく治療を完了できるようになりました。

    インビザライン・システムは導入は簡単ですが、良い治療結果を出すことは簡単ではありません。

    私たちは2012年にインビザライン・システムを導入し、最初は家族やスタッフから慎重にスタートしました。

    しかし、インビザライン社から最初に送られてくる治療シミュレーションをどう修正すれば最適の治療を行うことができるのか当時はよくわかっていませんでした。

    そこで、インビザライン社のクリニカルサポートの佐藤様にいろいろ教えてもらい、試行錯誤しながら、なんとか家族の治療を完了しました。

    その後、無事に治療終了できたケースが徐々に増え、ワイヤー矯正との治療感覚の違いも明確になるまで5〜6年かかりました。

    当院での治療ケースが2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに掲載されました。

    さらにお子様用のインビザラインファーストについても職員のお子様から使用を開始し、多くのケースで良好な治療結果を得ることができました。

    そこでこの度、マウスピース矯正治療を正しくお伝えさせていただくために このマウスピース矯正専用サイトを作りました。

    現在では、CTレントゲンのデータをフルに利用してインビザライン治療計画を立てることができるようになりました。

    これからは「抜きすぎの矯正治療」をなくし、 “パーソナル矯正”を、広めてまいります。

    こむら小児歯科・矯正歯科
    院長:小村隆志


    質の高い手仕事を提供するスタッフ

    良い治療結果を出すためには正しく設計されたマウスピースだけでは不十分です。「細かな手仕事」も必要です。

    患者様に対する注意深いまなざしを持ち、仕事への誇りを抱く矯正実務経験11年以上の信頼できるスタッフです。


    診察
    14,200人以上

    矯正治療
    2,200症例以上

    ●小児歯科歴30年以上の歯科医師3名
    ●インビザライン治療歴12年以上の歯科医師1名
    ●インビザライン治療歴9年以上の歯科医師1名
    ●インビザライン治療歴12年以上の衛生士1名
    ●インビザライン治療歴7年以上の衛生士4名

    (2024.5現在)

    Information

    こむら小児歯科・矯正歯科

    歯並びの治療は信頼する歯科医師のもとで

    大阪府豊中市中桜塚5-14-4
    TEL:06-4305-4965

    メインサイトはこちら▶

    完全予約制

    大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら矯正歯科・小児歯科」

    ◎診療時間

    【月、火、水】10:00~12:40

           14:30~18:40
    【金】14:30~18:40 
    【土】10:00~12:40、14:30~16:30
       (16:40~17:40は矯正のみ
    【木、日祝】休診
    日曜日に月3回、矯正のみ10:00~12:40

    受付時間完全予約制です。ご来院前に0120-55-8249  or  15:30までのネット予約 での事前ご予約を必ずお願いします。電話受付は平日は18時まで、土曜日は17時までです)

    矯正歯科の問診票(土日も診療)

    また当医院では、1995年より小児歯科+矯正歯科として、強い歯を育て、美しい歯並びを造り、守ってまいりました。

    これまで13500人以上のご来院があり、矯正においては1900人以上です。

    2010年頃から こどもさんのむし歯が少なくなり、インビザライン矯正をご希望される方が増えたため、現在では予防歯科+矯正歯科が私たちのメインの仕事になっています。

    当医院は岡町駅(阪急宝塚線)から東へ徒歩12分です。医院前に4台、医院の東隣にある白い大きな家の地下に3台の駐車場(ノーマルのアルファードの車高OK)があります。

    駐輪場は医院脇と医院の東隣の白い大きな家の地下の1番奥にあります。ご不便をおかけしますが、クルマとの接触事故を防ぐために離していますのでご理解いただければ幸いです。

     桃山台、緑地公園、宝塚、箕面、茨木、吹田、伊丹、少路から来られる方もおられます。

    We can help.

    Your confident smile starts here!

    Komura Ortho & Pedo

    Wondering which treatment is right for you?

    ご予約・お問合せ

    メインサイトはこちら▶

    ※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。


    こむら小児歯科矯正歯科


    インビザライン・ジャパン株式会社は公式アクセサリーウェブショップをAmazon.co.jpにオープンしました。⁣

    どなたでもAmazon.co.jpのインビザライン・ジャパン アクセサリーウェブショップより購入いただけます☺

    ⁣今すぐチェック▼
    https://amzn.to/3yo44Ph