抜歯してから隙間が埋まるまでの期間について

抜歯後の隙間がどのくらいで埋まるのか、気になりますよね。

抜歯した場所や歯の動かし方、ガタツキ具合によって、期間は大きく異なります。

矯正治療で抜く対象となることの多い小臼歯部分は、

隙間が埋まるまで大体1年〜1年半ほどかかります。

歯は1ヶ月に約1mm程度動きます。しかし、動きには個人差があるため動きやすい人、またその逆の人もいます。

*歯根を動かすのには時間がかかる

抜歯空隙を閉じるステージは大きく分けて2つに分かれます。それは、でこぼこや出っ歯を治すために傾斜移動と呼ばれる歯を傾けながら動かすステージと、その後に残った空隙を歯体移動と呼ばれる歯を平行移動させるステージです。傾斜移動のステージでは、歯茎に埋まっている歯根の動きは少ないため、早いスピードで歯を動かす事ができます。ワイヤー矯正治療の装置をつけて最初の半年間は、とにかく歯がきれいに並んで行くのが嬉しいのですが、これは傾斜移動は先行して起きているからです。一方、歯体移動ステージは、歯根の動く量が多くなります。炎症反応により歯茎の中のアゴ骨が再構成され、歯根は動きますので非常に時間がかかります。同じ距離を動かすのに傾斜移動の4倍くらいもの時間を要してしまいます。

*抜歯隙間が中々閉じない理由は歯体移動が起きているから

矯正治療中は、「傾斜移動」と「歯体移動」が交代ずつ起こります。傾斜移動だけで抜歯空隙閉鎖を行えるケースは多くなく、歯体移動も少なからず必要です。例えば、先に傾斜移動が起きていて、どんどん抜歯空隙を閉鎖できた場合は、最後の最後で歯体移動が必要になります。この瞬間、抜歯した隙間が閉じるスピードが1/4程度になり一気に遅くなります。この時、これまで順調に歯が動いていたのに最後の1mmの隙間がいつまでたっても閉じない事に、患者さんは少し不安感を持ちます。ですが、たった1mmの空隙閉鎖でも歯体移動をさせなくてはならない場合は、半年以上かかる事もあるのです。特に下の前から5番目である下顎第二小臼歯を抜歯した場合は、抜歯空隙閉鎖に時間がかかります。これは、隣の歯根が太く平行移動に期間がかかる第一大臼歯を多く動かさなくてはならない事と、下顎は上顎と比較して骨密度が高く、アゴ骨の再構成に時間がかかるからです。