歯列矯正に使われる青ゴムの痛み

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら小児歯科・矯正歯科」は、1995年の開業時から「削りすぎのむし歯治療、抜きすぎの矯正治療」に疑問を感じ、「多くの人にとって正しい歯科医療とは何か?」をずっと考えてきました。

こむら小児歯科・矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を行ったケースが、審査の結果、2018年5月にアライン社の公式症例集サイト:グローバル インビザライン ギャラリーに591番目に掲載されました▶ 歯と歯の間にスキマをあけるために 歯と歯の間に青い丸いゴムを入れることがあります。


インビザライン治療について詳しくはこちら▶︎

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶

これをセパレーションと言います。 これは特に矯正治療の初期の段階で行われることが多く、“痛み“としてはかなり強い場合もあります。ゴムでスキマが広がってしまえば痛みは感じなくなります。

詳しくは、下の記事をご覧ください。