歯列矯正に使われる青ゴムの痛み

歯と歯の間にスキマをあけるために 歯と歯の間に青い丸いゴムを入れることがあります。

これをセパレーションと言います。 これは特に矯正治療の初期の段階で行われることが多く、“痛み“としてはかなり強い場合もあります。ゴムでスキマが広がってしまえば痛みは感じなくなります。

詳しくは、下の記事をご覧ください。