矯正治療で抜歯をした後に考えられる症状は?【ドライソケットって何?】

矯正治療で抜歯をすることになった場合、やはり一番の心配は痛みがあるのか?ということではないでしょうか。学校生活や仕事に影響がでないかなど不安に思われている方もおられるかと思います。また、抜歯をした後、1週間以上痛む場合にはドライソケットになっている可能性があります。この記事では抜歯後に注意すべきことなどもご説明します。気になる方は是非読んでみてくだいね。

抜歯後の痛みや腫れはいつまで続くのか?

抜歯中は麻酔が効いているため痛みは感じないことがほとんどです。ただ、麻酔が切れた後に痛みが出る場合もあります。その場合は処方された痛み止めを服用してください。また、痛みが伴う期間は人それぞれです。1日~2日もすればおさまっていく場合がほとんどですが、数日して痛みが大きくなった、1週間以上痛みがおさまらないという人は担当の歯科医師にすぐに診察してもらってください。

抜歯後の腫れも人によって様々です。腫れのピークは1日~3日間くらいですが、歯の根が深く形も複雑だったりすると抜歯する際に時間がかかり、骨を削ったり歯茎を切開する面積が大きくなるのでより腫れやすくなります。

一般的には下の親知らずなどは骨の中に埋まっていることが多く、抜きにくいため腫れが長引きます。下の親知らずを抜いた場合、おたふくかぜのように頬が大きく腫れることもあります。大きく腫れると見た目も気になると思います。どの歯を抜いたとしても絶対に腫れないとはいえないので、なるべく休息がしっかりとれることがわかっている日に抜歯してもらうことをおすすめします。

もし1週間以上抜歯後の痛みが治らない場合、ドライソケットの可能性あり!?

抜歯をして1週間以上痛みがおさまらない場合、「ドライソケット」という症状を引き起こしていることがあります。ドライソケットというのはどの歯でも起こる可能性はありますが下の親知らずを抜いた場合に起こりやすいです。

血液が固まってできるかさぶた(血餅)ができなかったり脱落してしまったりすることで、骨がむき出しになり、食べたり飲んだりした際に飲食物が穴に入り、骨と接触することで痛みを伴います。

・痛みが弱まるどころか強くなっている

・1週間以上痛む

・飲食時にズキズキ痛む

このような症状がある場合、ドライソケットになっている可能性がありますので、すぐに歯科医院に行くことをおすすめします。特にドライソケットの場合、抜歯の直後は痛みをあまり感じず、数日してから痛みがひどくなるという特徴があります。

ドライソケットを引き起こさないための注意事項

①うがいを頻繁に激しくしない

血の味などが気になって頻繁にうがいをしてしまうと、血の塊を洗い流してしまい血液が固まりづらく、新たな歯茎を作るのを阻害します。そして骨がむき出しになりドライソケットになってしまいます。

もしうがいをする場合はお水を優しく口に入れ、決して激しくせずにそのまま出すようにし、傷口を刺激しないようにしてください。

②傷口を気にする

抜歯をした後に傷口が気になり、舌や指を使って傷口を触るようなことはやめましょう。これもまたうがいと同じように、触ってしまうことで血の塊をとってしまい血液が固まり新たな歯茎になっていくのを阻害します。

特に飲食をした後に食べ物が挟まっていないか確認してしまう人が多いのですが、あまり気にしないことをおすすめします。

③血流が良くなることはできるだけ控える

例えば激しい運動、熱くて長い風呂、飲酒など血流が良くなるような行為はしばらく控えましょう。なぜなら血流が良くなるとどうしても血が止まりづらくなってしまうからです。抜歯の穴がふさがりづらいとドライソケットになる確率が上がってしまいます。抜歯当日から3日間は控えるようにしてください。

いかがでしたでしょうか。この記事では抜歯後の注意事項やドライソケットについてお伝えしました。他の記事も是非ご覧になってくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です