抜歯を併用した矯正治療について。隙間は本当に閉じるの?

今日は矯正治療による抜歯について、アシスタントのIが紹介します。

矯正治療で抜歯が必要な理由

①歯を並べるスペースを作る

ガタガタの原因は、主に永久歯の生えるスペースの不足です。抜歯をすることで不足している歯を並べるスペースをつくります。

②あごと歯のバランスを整える

歯並びが悪くなる理由として、歯の大きさや歯並びがあごの大きさに釣り合っていないことが一つの原因となっています。こうした場合は、あごにおさまっていない歯を抜くことで全体の歯並びを整えていくことができます。

③親知らずの悪影響がある場合

親知らずは斜めに生えていたり、骨の中で埋もれてしまっている場合、治療終了後にほかの歯に悪影響を及ぼし、後戻りの原因となる可能性があります。親知らずの状態によっては治療途中や治療終了後に抜歯を行うことがあります。

こうした理由から、ほかの矯正方法では対処が難しい場合、抜歯による矯正が必要となります。
特に現代は、硬い食べ物をしっかりかむ機会が減り、あごが鍛えられずに小さくなりやすいと考えられています。
そのため、抜歯でスペースをつくってから矯正を行います。ただし抜歯にはデメリットもあるため、抜歯部位や必要性については慎重な判断が必要です。

抜歯するデメリット

矯正治療による抜歯のデメリットも理解しておくことが大切です。抜歯をすると以下のデメリットがあります。

・健康な歯を抜かないといけない
・一時的に痛みや腫れが出る場合もある
・知覚過敏になることがある

抜歯にはこうしたデメリットがあるため、治療をためらうかたもいるかもしれません。しかし、逆に必要な場合でも抜歯をしないと、さらなるデメリットがあらわれてしまいます。そのため抜歯をしない場合のデメリットも確認しましょう。

抜歯をしなかった場合のデメリット

必要と診断されたときに抜歯をしなかった場合は、主に以下のデメリットが考えられます。

・歯茎が下がる
・口が出た顔になってしまう
・後戻りが起きやすくなる

矯正歯科治療できちんと歯を並べるためには、抜歯が必要なケースが多いです。抜歯の有無に限らず治療計画に無理が生じると必要以上に治療期間が長くなったり、歯や歯茎に負担がかかります。
そのため、歯科医師に何を優先したいのか要望を伝えた上で、なぜ抜歯が必要なのか説明を聞いて、納得してから治療をすすめるようにしましょう。

抜歯後の隙間はどれくらいで閉じるか

個人差や抜く歯の直径にもよりますが、抜歯したあとの隙間は一か月に1mm閉じていくと言われています。

抜歯のタイミングは治療計画の一部なので、治療開始からどのくらいで抜歯を行うのかおおよその流れを確認していただくことをオススメします。人前に出る機会があるときや、大切なイベントがあるときは事前に担当医に伝えて治療開始のタイミングを相談しましょう。

隙間を閉じる方法

抜歯後の隙間を閉じるためには、主に以下の3つの装置を用いる方法があります。それぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

ゴム
ゴムで隙間を閉じる方法は3つの方法の中でも、もっとも広く普及しています。
矯正用のワイヤにかけるだけですむため、構造を単純にすませることができ、調整がしやすいです。
また、下記の2つと比較しても見えにくいです。しかし、カレー等の食べ物により素材自体が着色しやすいという性質を持っています。

バネ
金属製のバネを使用します。ゴムと比べると、メリットとデメリットがほぼ逆と言えます。耐久性、持続力がゴムに比べてともに高いです。ただ、見た目につきやすくバネの隙間に食べ物がひっかかりやすかったりなどのデメリットもあります。また口内炎などもできやすい傾向があります。

ループ
矯正用のワイヤの一部を「Ω」の形に曲げて作ります。
ワイヤによる締めつけだけではなく、このループを閉じようとする力がさらに加わります。そのため、ほかの2つよりも強い力を加えることができます。

矯正をしようと考えている人が失敗しないためにすべきこと

失敗しないために、これから矯正をしようとする場合に注意すべきことは何でしょうか。

①本当に矯正治療をしたいのか、よく考える

矯正には個人差があります。ホームページ等に掲載されている治療例や治療期間などは他の人のケースであり、参考にすぎません。矯正治療がスタートすると長期間に及ぶ矯正装置とのお付き合いが始まります。元に戻せる治療ではありませんので、デメリットや失敗例なども知った上で、本当に今、治療を受けたいのかを、ご自身(お子様の場合は保護者様)でよく考えてください。

②費用ではなく、信頼できる歯医者さんを選ぶ

矯正には多額の費用がかかりますので、なるべく安く行ってくれる歯医者さんを選びたくなる気持ちも分かります。しかし、大事なのは必要な費用をきちんとかけて信頼できる歯医者さんで治療を受けることです。

事前にしっかり相談して治療計画を立てる

よい歯医者さんが見つかったら、治療内容を納得いくまで説明してもらい、治療計画を立ててもらいます。少しでも不安や疑問があれば、治療開始までに相談しましょう。

セカンドオピニオンをもらう

万一、歯医者さんの説明や治療に不安を感じたら、他の歯医者さんのセカンドオピニオンを聞くことも大事です。理由を率直に話して、別の角度からのアドバイスをもらいます。

まとめ

歯並びの矯正は歯の美容と健康のために重要ですが、終えるまでに時間がかかり、また矯正中の見た目も気になるものです。
そのため治療にかかる期間や、その間の対処法について事前によく相談しておきましょう。また必ずしも抜歯をしなくてもすむ例もあります。
どういった治療がよいのか自分だけで決めるのではなく、頼りがいのある歯医者さんをみつけて、担当の歯科医師に不安に思っていることを気兼ねせずに納得いくまで相談することが大切です。

こむら小児歯科・矯正歯科のサイトはこちら▶