マウスピース矯正 | 豊中市 こむら小児歯科・矯正歯科 (土日診療)

今のあなたに最善の

パーソナル歯列矯正

大阪府おすすめのマウスピース型矯正の名医9人に掲載されました▶

メインサイト▶︎

子どものインビザライン▶︎

ご質問はこちらから▶︎


 「歯並びに不安があり、笑顔に自信が持てない」→ 「インビザラインで歯並びが良くなって笑顔に自信が持てる」

「前は歯並びが良かったのに今は悪くなった」→「インビザラインで以前の歯並びを取り戻すことができる」

「昔、矯正したけど後戻りした。でももうワイヤー矯正はしたくない」→「インビザラインがあります」

インビザライン矯正×テクノロジー

インビザライン・システムは、全世界で最も多く使われているマウスピース矯正のシステムです。

当院では院長がクリンチェックという専用アプリで設計したマウスピースセットで、それぞれの歯を別々に現時点での最善の位置へを導いていきます。

https://makino-ortho.comより


Photoshopで上手に絵を描くのは簡単ではないようにクリンチェックを使いこなして正しくマウスピースを設計するのは簡単ではありません。

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正とは診断から治療方法まで全く違います。

当院では、治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザライン コンプリヘンシブで、 “パーソナル矯正” を行います

パーソナル歯列矯正:「歯を現時点での最善のポジションへ導くこと」

小児歯科の “早い時期からソフトな力で顎を広げる咬合誘導(Occlusal Guidance)” の考え方とインビザラインは親和性が高かったので、当院は、12年前の2012年からインビザラインを使用して “パーソナル矯正”を行ってまいりました。

当院は、床矯正、プレオルソ、マイオブレース、ワイヤー矯正、インビザライン、咬合誘導(小児矯正:Occlusal guidance )、成人歯列矯正のすべてにおいて10年以上の成功実績▶があり、それぞれの装置の特性を理解しています。

正しく設計されたソフトなマウスピース(インビザライン)で笑顔を変えてみませんか?

当院を訪れる成人患者様は、

① 当院の患者様の保護者
② 当院のサイトを熟読した方

が多いです。

10代〜40代の患者様が1番多いですが、50歳を越えて治療を完了し、ホワイトニングもなさっている方もおられます。

歯並び以外にも、

① 前歯で噛めない
② 噛み締めがきつくなってきた
③ 他院で抜歯矯正と言われた
④ 過去に受けられた治療後に後戻りした

という理由でお越しになる方が多いです。

神経を取った歯が多い方の治療の順序ですが、歯の根の治療→仮歯→矯正→最終的な被せものとなる場合が多いです。

まずは当院を受診してください。処置内容に応じて、それぞれのエキスパートの歯科医をご紹介しています。

ここで、マウスピース矯正であまり知られていないことを申し上げます。

設計の良し悪しで結果が全く異なります

【結論】CTレントゲンの情報を使用して正しく設計されたマウスピースが最重要

実は大人の場合、下記①、②のケースが多いのです。

① 歯が埋まっている土台の部分を広げることができないため、注意して歯を動かさないと歯が骨から出てしまう⚠️

普通のマウスピース矯正では、下の画像のように ”歯と歯ぐきの情報だけ” でマウスピースを設計します。

下の歯と歯ぐきの情報だけの設計図ではきれいに治っているように見えますが……↓

しかし、CTレントゲン情報を加えた下の設計図では、 ↓ 歯の根や骨の状態があまり良くないことがわかります。⚠️

これを知った以上、私達は、もうCTレントゲンなしの矯正治療は怖くてできません

「インビザライン コンプリヘンシブ」のみが、CTレントゲンの情報を活用して、歯を最善の位置に動かすマウスピースを設計することができます。

たとえば、下の画像の状態の患者様の場合には、どうしたら良いかというと

上の画像では、前歯の根は骨から出ている上に、小臼歯どうしは根と根がぶつかっています。

この状況を改善するために 歯の幅を少しヤスリで削って歯を小さくして、マウスピースを正しく設計した結果が、下の画像になります。↓

歯の根が明示されていないと調整を正しく行うことはまずできません。


②親知らずによって奥歯が前に倒れている(下のレントゲン参照)

実は、下のレントゲンのように親知らずに押されて歯が前に傾いてしまっている大人が多いです。

上のようなケースで、前歯だけの矯正を行っても、”奥歯から歯のドミノ倒し”が前歯まで波及して、すぐに後戻りしてしまいます。‼️ 

そもそも、多くの大人の歯並びが、数個のマウスピースで治るくらいなら、小児矯正など不要です😅

矯正で後悔しないために

私の知人はCTが利用できないマウスピース矯正を選択して。。。不満が残る結果になってしまいました。😭 詳しくはこちらをご覧ください▶︎ 

「思っていた感じと現実が異なった」というケースが多いのではないでしょうか?

後悔しないためには、やはり、治療開始前に

ご自身の歯並び治療の難易度

矯正のメリットとデメリット

部分矯正と全体矯正の違い

抜歯矯正のメリットとデメリット

改善できること、改善できないこと、

等をよく理解した上で、治療するかどうかを決定することが大切です。

顔のタイプは変えることができません

人間の横顔は大きく分けて、下の3つのタイプ、ドリコ、メジオ、ブレーキーに分かれます。

顔面タイプ

矯正治療で横顔のタイプを変えることはできません。

例えば、ドリコの人をメジオやブレーキーに変化させることは、実はできません。

またタイプによって治療の難易度は変わります。

ご自身がどのタイプであるかはセファロレントゲンを撮らないとわかりません。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


公式認定された治療結果

インビザライン公式サイトに掲載された小村先生
インビザライン公式サイトに掲載された症例写真

当院でのインビザライン治療の結果が、4年前の2018年にインビザライン公式サイト:Align Global Gallery▶︎に掲載されました。

世界🌍で591番目、日本🇯🇵で15番目、大阪府で3番目です。


今は、インビザライン社のファカルティ(指導歯科医)の監修の下で、世界レベルの精密矯正治療を目指しています。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


米国の歯科大学19校では、マウスピース治療の教育が始まっています

実は、米国ではマウスピース治療が歯科大学で教えられています。

長年、小児歯科では、「咬合誘導として小学校低学年から顎を広げる」ことが、広く行われてきました。

小学校高学年になってしまうと大きく顎を広げることは非常に難しくなり、大人ではほぼできません。

インビザライン・ファーストを持つ男の子

しかし、矯正歯科では、下顎を広げるのは、昔から ”ご法度” で、諸問題が出尽くした13歳以降に、“白人👩‍🦳のように下がった口元“ を目指して矯正を行うのが定番でした。

そのために抜歯矯正が多く行われてきました。

抜歯矯正には下のビデオのように「歯が骨から出てしまうリスク」があることが、CTレントゲン情報付のインビザラインではわかります。⚠️

赤い部分で歯が骨から出てしまっています

口ゴボを矯正した結果、歯が骨から出てしまっては、元も子もありません。⚠️

ネットを検索すると「歯列矯正 やめたほうがいい やらなきゃよかった ブサイクになった 失敗 した方が良い人 後悔」とかが出てくるのは、これも原因の一つかもしれません。さらに知りたい方はこちらもご覧ください▶︎

当院では、インビザラインを用いて、歯を最善の位置に動かす “パーソナル矯正”(Personal Orthodonics)を行っています。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


日本歯科専門医機構認定歯科専門医は5つ

研究会も含めると、歯科医の「認定医」や「専門医」の数は膨大ですが…..

実は、日本歯科専門医機構認定の歯科専門医は、口腔外科、歯周病、歯科麻酔、小児歯科、歯科放射線の5つしかありません▶⚠️


●日本口腔外科学会 口腔外科専門医
https://www.jsoms.or.jp/public/senmon/setsumei/

●日本歯周病学会 歯周病専門医
http://www.perio.jp/

●日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医
http://kokuhoken.net/jdsa/

●日本小児歯科学会 小児歯科専門医
http://www.jspd.or.jp/

●日本歯科放射線学会 歯科放射線専門医
https://www.jsomfr.org/


ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

下の図のようにワイヤー矯正では、ワイヤーと歯との接触面積が狭いので、歯を動かすにはワイヤーにかなり強い力をかけないといけません。

また歯に接着されているブラケットという器具とワイヤーとの間には”遊び”があるため、歯を動かす精度については限界があります。

マウスピース矯正治療では、マウスピースと歯の接触面積が広く”遊び”が少ない分、歯を動かす精度は高いです。また、根の先が短くなるリスクもワイヤー矯正に比べて少ないように思います。

マウスピース矯正はワイヤーを使わずにマウスピースで精密にゆっくりと歯を動かして、歯並びを改善する「全く新しい矯正」ですが…

インビザラインは非常に精密に作成されますので、少しでも間違って設計してしまうと、間違いがダイレクトに歯に伝わり、間違った方向に歯が動いてしまいますので、注意が必要です。⚠️

マウスピースを正確に設計しないと良い治療結果を出すことはできません。▶

ここで大切なことは

❌インビザラインはAI自動矯正ではありません

ということです

スマイルビュー、矯正後の笑顔をシミュレーション

AI(人工知能)技術を用いたSmile Viewにより、治療完了後の笑顔をお見せすると謳われていますが…

スマイルビューで矯正後の笑顔をシミュレーション

しかし…AIの作るシミュレーションは、あくまでもプロモーション用であり、実際の笑顔とは異なるので注意が必要です。

  • 実際には、AIではなく、インビザライン社のクリニカルデザイナーが、患者様のCTレントゲン情報とお口の中のスキャンデータという二つのデジタルデータを統合して、マウスピースの設計図の原型を作ります。
  • AIがマウスピースを設計するわけではありません。
  • 歯科医は、このマウスピースの設計図の原型をクリンチェックというアプリで何回も修正し、患者様の了解を得て、インビザライン社に完成した設計図通りの作成を依頼します。
  • インビザライン社が歯科医の設計図通りにマウスピースを作成する流れです。



マウスピース矯正で良い治療結果を出すための4つの条件

治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザラインコンプリヘンシブを使えば、正確な治療を行うことができますが、そのためには次の4つの条件が必要です。

① 患者様のCTレントゲンの情報を含めて正しくマウスピースを設計すること

② 患者様がマウスピースを決められた時間しっかり装着⇒歯が完全に動き切ってから、新しい次のマウスピースに交換すること

③ 患者様がゴムを決められた時間正しく使用すること

④ 定期的なチェックをきちんと行うこと(マウスピースがフィットしているだけではダメ)



インビザライン装置の主なメリット

① 1枚につき0.1mmの単位でゆっくりと弱い力で動かすので、歯ぐきに優しく痛みがほとんどありません。

② マウスピースは目立ちにくく、装着していても気づかれることはほぼありません。

③ マウスピースは食事や歯磨きの際に取り外して洗えるため、口の中の衛生状態を良く保ちやすいです

④ 歯の幅を0.01mmまで正確に測定可能なので、従来のワイヤー矯正では小臼歯を抜歯していたケースでも、歯の幅をヤスリで削って小さくすることで抜かずに治療できることが増えました。

治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザラインの最高グレード「インビザライン コンプリヘンシブを使えば、CTの情報を組み込んだ精密で安全なマウスピースを設計することができます。

⑥ ワイヤー矯正装置と比べて壊れる確率が低く、固定式装置のようなトラブルはなく、違和感も少ないです。

⑦ ワイヤー矯正では、まず歯のねじれを取り、前歯のかみ合わせを浅くしてから顎間ゴムを使用するといったステップを踏んだ治療になり、どうしても期間が長くなりがちです。

マウスピース矯正の場合は、最初から顎間ゴムを使用することができる上に、それぞれの歯を同時にいろんな方向に正確に動かすことができるため、治療期間が短縮されます。

⑧ ワイヤー矯正装置の場合、顔に衝撃のあるようなスポーツや楽器の演奏はよくありませんが、 マウスピース矯正では可能な場合が多いです。

⑨ マウスピース矯正装置は歯を目的の場所へダイレクトに移動できるため、余計な歯の移動を減らすことができ、治療期間も短く、生体に優しい治療ができます。

⑩ インビザライン装置はデジタル化されているため、治療のモニタリングが容易です。治療が計画通り進んでいない場合はマウスピースが合わなくなるので、発見も容易です。


デンタルモニタリング▶をご購入いただき、下のビデオのように操作していただくことでご来院回数を減らすことができます。

⑫ ワイヤー矯正の場合、歯の移動を行うと歯の根の先が短くなることがありますが、インビザライン治療の場合はそのリスクが比較的小さいです。

⑬ MRIを撮影する時もワイヤー矯正装置のように一旦外して治療が中断することがありません。

⑭ 金属パーツがないので軽く、余計な重みが歯にかかりません。


マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正とは診断から治療方法まで全く違います。

実は、私たちが友人や親戚を治療するとしたら、もうワイヤー矯正の選択はありません。

治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザライン コンプリヘンシブで、 “パーソナル矯正” を行います

Woman holding a blank sign

米国のインビザラインのサイトに

invis is straightening teeth…

  • Faster than braces1
  • More comfortably than braces2
  • And more predictably3

と記載されています▶

ワイヤー矯正より短期間で、快適で、予測通りに歯並びを治します

インビザラインの利点と可能性

成人の歯並び治療に適している理由

生体に最適な弱い力でゆっくりと精密に

患者様にとって「目立たない」「痛くない」というメリットに加えて、マウスピース矯正装置には、「歯をいろいろな方向へ精密にゆっくりと動かすことができる」という利点があります。

成人は骨格が固まっており、骨を大きくすることがほぼできません。⚠️

また35歳以降では、歯ぐきが健康でない場合も多いため、上のビデオのように歯が骨から出ないように繊細かつ正確に動かす必要があります。⚠️

精密にカスタマイズされた

大人の歯並び治療

チェスや将棋のように限られた範囲では強いAIですが、歯並びの治療については、まだ実用レベルではありません。

現時点であなたにとっての最適な歯ならび治療を行うには、経験値を積んだ歯科医がマウスピースの設計をアプリで行い、歯を最善の位置に動かす必要があります。

歯並びの治療は信頼する歯科医師のもとで

7歳~50歳代の幅広い年齢層の患者様にお越し下さっています


歯並びが気になったら、早めにご相談を!

患者様に最適なマウスピースの設計は、実は非常に難易度が高いです。

私たちがインビザライン・システムを導入して12年が経過しました。


私たちはインビザライン・ドクターとして成功事例を重ねてきました。


治療後は、マウスピースを用いたホームホワイトニングもできます。

矯正歯科の問診票(土日も診療)

ご予約・お問合せ

※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


こむら小児歯科・矯正歯科

invisalign

2012年にインビザラインを開始して12年の実績

細かいご要望にもできるだけお答えしています。

ハート型の手の中にあるインビザライン

症例 01


何度もマウスピースの設計を練り直し、ワイヤー矯正装置では細かい移動が難しい下の7番目の歯を良い位置に精密に動かすことができました。

治療前→治療後

治療前→治療後

治療前→治療後

治療前→治療後

治療前→治療後


症例 02


何度も修正を重ねたマウスピースの設計に基づいて、すべての歯を細かく精密に動かしています。

前歯だけでなく、奥歯も精密に動かすことが安定した美しい結果のために欠かせません。

奥歯を動かさないマウスピース矯正ではここまでの精度の治療はできません。

治療前→治療後

症例01矯正写真(左)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例02矯正写真(前)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例02矯正写真(右)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例02矯正写真(上)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例02矯正写真(下)、治療前→治療後

症例 03


マウスピースの設計を何度も修正し、骨から少し飛び出していた下の前歯を良い位置に移動し、歯ぐきも改善できました。

インビザライン装置は設計が正しければ、個々の歯に対して細かい力を正しい方向に正確に加えることが可能なので、歯ぐきに優しい精密治療が可能です。

治療前→治療後

症例03矯正写真(左)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例03矯正写真(前)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例03矯正写真(左)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例03矯正写真(上)、治療前→治療後

治療前→治療後

症例03矯正写真(下)、治療前→治療後

2022年にインビザライン社のプラチナステータス
そして2023年にはプラチナエリートステータスを取得しました。

ただし、こういうステータスは治療開始数が一定数以上なら、誰でももらえます。TVでも放映されたように、レッドダイヤモンドはインビザライン治療の成功数ではありません。▶︎

インビザライン・システム

ワイヤー矯正とは診断や治療方法が違います。

私達は、何度もアプリで修正を繰り返した設計を横浜にあるインビザライン社のトリートセンターに伝えます。トリートセンターは、その設計を元に工程を作成してくれます。

設計が完成するとメキシコのマウスピース作成工場に伝達され、それぞれの患者様に最適なマウスピースを作成します。

できるだけ抜かずに

当院ではインビザライン・システムを用いて、できるだけ小臼歯を抜歯しない治療を行います。

治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザラインコンプリヘンシブを選択し、クリンチェックを使用し、CTレントゲンデータを利用し、色々な角度からお口の中の状態を見て、かみ合わせを考慮した設計を行います。

下の写真のように私たちは ”クリンチェック” というアプリを使用して、歯を最善の位置に動かせるようにマウスピースの設計を何度も練り直します。

入念な修正を行わないまま、患者様にお見せして即日に治療を開始する等は当院ではありえません。

クリンチェックというアプリでは、このような角度からも噛み合わせを確認することができます。

ここもワイヤー矯正と比べて決定的に異なるポイントです。

難易度が高い場合は、TAD(ミニスクリュー)を一時的に併用します。

当院では、安全を第一に考えて、ミニスクリューは血管や神経の走行を熟知した口腔外科専門医に依頼し、治療を行っています。

笑顔の女性

一人ひとりの個性に調和し、それぞれの歯が本来の機能を果たすことを重視しています

審美優先ではなく、機能を最重視して治療を行っています。


矯正を失敗しないためには

矯正歯科の問診票(土日も診療)

量より質が大切

治療の成功のための2つの鍵


1つ目の鍵】:インビザライン公式サイトに掲載

インビザラインは世界で最もメジャーなマウスピース型矯正装置で、すでに1700万人を超える患者様が治療を受けています。

しかし、日本にインビザラインが導入されたのは、米国から7年遅れのため、日本では「従来型のワイヤー矯正」が主流です。▶︎ 

大学にはワイヤー矯正の常勤指導歯科医はいますが、インビザライン社のファカルティーはいませんので、日本の大学で正式にインビザラインを学ぶことはできません。

クリンチェックという専用アプリで緻密に設計してマウスピースが出来上がります。Photoshopで上手に絵を描くのは簡単ではないようにクリンチェックを使いこなすのは簡単ではありません。

インビザライン治療を行うには、まずはインビザライン社の講習を受けて、クリンチェックというアプリを使用できる権利を得る必要があります。

その上で

① 各種のインビザラインセミナーで勉強を続ける

② インビザライン社認定のファカルティ(指導医)から指導を受け、簡単なケースから難しいケースへと経験を積み、クリンチェックを使いこなして、マウスピースを正しく設計できる能力を身につける

③ 設計と実際の治療結果▶を見比べて、マウスピース設計の精度を高めていく

この①②③を繰り返して、技術力を地道に上げていくことが非常に大切です。


【2つ目の鍵】:ビフォーアフターの写真を多く掲示▶︎

間違った設計で作られたマウスピースで歯が変に動いてしまった後で当院に転医を希望されて来られる方もいらっしゃいます。

正直に申し上げると「最初から当院でインビザライン治療を行わせていただきたかった」というのが本音です。😔

治療の成功には、最初から最後まで歯の移動を一本も間違えずにマウスピースを設計することが必要です。

ワイヤー矯正とインビザライン装置は全く違うので、ワイヤー矯正の知識と経験だけでは、インビザライン治療はいずれ必ず失敗します。⚠️

インビビザラインできちんと治療が終了できているケースがどれくらいあるかが重要です。

ビフォーアフターの写真をたくさん見せてもらいましょう。

余談

業界に詳しい矯正関係の業者さんによれば、「矯正歯科医のうち6~7割しかインビザラインを行っていない上に、上手にマウスピースを設計できる先生はそのうちの約2割」と厳しい評価をされていました。

矯正歯科の問診票(土日も診療)

繰り返しになりますが、治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザラインコンプリヘンシブを使用し、CTレントゲン情報を用いて設計することが大前提になります。

 矯正を安全に行うためには、設計段階で下の写真の赤い部分のように歯の根が骨から出てしまうことを未然に防ぐ必要があります。⚠️

インビザラインはワイヤー矯正と比べると簡単そうなので、多くの歯科医院がインビザラインを手掛けるようになりました。

しかし、マウスピースの設計の自由度が高い分、設計を少しでも間違うと良い治療結果が出ないため、複数の知り合いの歯科医はインビザライン治療をやめてしまいました。

ゴルフでも、たまにナイスショットが出ることはありますが、どのコースでもコンスタントに良いスコアを出すのは簡単ではありません。

先進的な矯正装置インビザライン

こむら小児歯科・矯正歯科の

インビザライン治療の流れ

一般的な歯科医院のインビザライン治療の流れ

最初に送られてくる設計でマウスピースを作成すると治療はまずうまくいきません。

「質の高い」成人の歯並び治療には、2、4、7のプロセスは欠かせません。


横浜トリートセンターのクリニカルデザイナーが作成した計画



各種のデータを参照しながらインビザライン社のファカルティ(指導医)の監修下で何度も修正


いベストの設計でのインビザラインをご提供できるように努力しています。

正しく設計されたインビザラインは治療が早い

あなたの歯茎に合わせてデザイン


カウンセリング

「歯並びを治したい」「他の医院でマウスピース型では治療できないと言われた」と悩んでいる人は、まずはカウンセリングにお越しください。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


歯並びの治療に関するどのような細かな疑問やご質問にも丁寧にお答えいたします。

(注:難症例の場合は、CTレントゲン、パノラマレントゲン、口腔内スキャンを先に行って、インビザライン社にシミュレーション作成を依頼し、実際に設計してみないとわからない場合もあります。

シミュレーション作成に実費で2万9千円がかかります。インビザライン社はドライな会社ですから、クーリングオフもなく、キャンセルした場合でも返金はありませんのでご注意下さい。⚠️

当院で治療開始される場合は、矯正費用は、通常の価格からこの2万9千円を差し引いた金額になります。

このシミュレーションはご自身で無料でできますが、これはあくまでもマーケティングツールであり、実際のこのように治療できない場合も多いのでご注意下さい。▶)

レントゲン撮影・セファロX線

骨格を計測して、標準値と比較します。

歯並びや咬み合わせだけでなく、顔の形や大きさも治療に関係します。

気になる部分以外の隠れた問題点も明らかにする必要があります。

●分析費用 3,000円(税別)

診断1

治療方針・費用の説明

現状分析と将来の見通しについてお話いたします。(1~2週間後・約60分)

治療方針・費用の説明

各種資料採得・検証

他の各種資料を採得します。

顎の関節に問題がないか?外傷歯や虫歯がないか?をチェックすることも大切です。(約30分)

数日かけて、診断に問題がないかを検証。

●精密検査 50,000円(税別)

3D光学スキャナーで歯型どり

お口の型取りの代わりにお口の中をスキャンします。

また、インビザライン専用アプリ“クリンチェック“を使用して写真撮影を行います。

3D光学スキャナーで歯型どり

セファロレントゲンやCTのデータも同時にインビザライン社に提出します。

治療シミュレーション

最終的な歯並びを確認できることができます。この段階で選択肢をいくつかご用意し、お選びいただくことも可能です。

インビザライン治療シミュレーション

安|心|確|実|に

できるだけ抜かない削らない設計を行います

当院の場合、横浜トリートセンターの優秀なクリニカルデザイナーが私たちの要望に沿った設計の原型を作ってくれます。何回も横浜を訪れてコミニュケーションを密にし、誤解なく当院の要望を正確に伝達できる体制を整えました。

最初のマウスピースの最初の設計が極めて重要です。間違った歯の移動の後では、正しいゴールには辿り着けなくなってしまいます。

診断2

当院の場合、横浜のインビザライン社のクリニカルデザイナーが、歯の大きさを0.01mmの精度まで計測し、当院の要望に沿ったマウスピースの設計の原型を作成してくれます。

この原型をインビザライン・システムのファカルティ(指導歯科医)の監修下で何度も改善していきます。このステップが極めて重要です。

マウスピースの設計が完成

実現可能性の高い正確で安全なマウスピースの設計が完成

マウスピースの発注

患者様の御了承後にマウスピースを発注します。

治療開始


1〜2週間に1度のペースでマウスピースを交換。

バーチャルケアを使用し、ご自身のスマホで経過を撮影すれば、歯の動き、アライナーのフィット確認を行う事も可能です。

途中で3〜4回、マウスピースを作り直します。ゴルフのように何回かに分けて問題を解決していきます。

注:多くのケースで親知らずを抜くことを前提で治療計画を立てています。

インビザライン治療を開始した症例写真

治療完了後の保定

日常生活において、歯にはさまざまな力がかかります。治療後に歯並びをそろえておくためには、ビベラリテーナー(片顎:¥15,000円(税別) 上下顎:¥18,000(税別)という純正の保定装置をお勧めしています。

成人の場合は保定期間は長ければ長いほど良いと言われていますので、可能であれば超長期間の保定をお願いしています。


年に数回、保定装置の定期検診を行います。

ビベラリテーナーを用いることでホワイトニングも可能です。

耐久性に優れた従来型のリテーナー(片顎:¥15,000(税別)も可能です。

当院の場合、11歳以上のケースは治療開始から5年間、何回でもマウスピースの作製が可能なインビザラインコンプリヘンシブという最高グレードのインビザラインで治療を行なっています。

開始から5年以内であれば、仮に後戻りしてもインビザライン治療で後戻りの矯正を行うことが可能です。

インビザライン治療完了後の保定装置

大人のインビザラインのデメリットは

① 大人の場合、歯を取り囲む骨や筋肉が元の悪い歯並びに合わせて完成しています。


ですので保定装置がないと骨や筋肉が歯を元の位置へと戻そうとします。ですから保定期間は非常に長期になり、夜間はずっと保定装置を入れていただく必要があります。

お子様の場合、歯を取り囲む骨や筋肉は歯並びを整え終わってから完成します。

お子様の場合、新しい環境に沿った骨や筋肉となるため、大人に比べると保定期間は短くなります。

② ワイヤー矯正でもそうですが、かみ合わせが変化していくので一時的に咬みにくくなります。

お子様もかみ合わせが変化するのですが、顎全体が成長している時期のため、大人よりずっと適応力が高く、一時的に咬みにくくはなるのですが、大人より違和感を感じません。

咬み合わせが変化して一時的に咬みにくくなっています。

新しい咬み合わせがほぼ完成し、また咬めるようになりました。

治療計画が正しければ、安全なインビザライン治療ですが、歯を動かす以上リスクはあります。下のリンク先もお読みください。


インビザライン

料金について

相談・診断

治療を開始する前に、インビザライン・システムの費用をご説明させていただきます。

これ以外にクリンチェック監修料がかかります。

価格表 初診相談(模型・レントゲン代) 3,000円(税別) 治療計画・方針の説明 0円 精密検査 50,000円(税別)

インビザライン・システムの料金

価格表 イージーケース エクスプレスパッケージ 280,000円(税別) お子様の第1期治療のみ インビザライン ファースト 350,000円(税別) 歯列全体・かみ合わせの治療 インビザライン 5年 620,000円(税別)


ご来院の際には、観察時は観察料1,000円(税別)、IPR時は3,000円(税別)、アタッチメント装着時は3,000円(税別)、スキャン時は5,000円(税別)がかかります。

・万が一、インビザライン・システムでの治療が困難な場合、仕上がりの精度は低くなりますが従来型の装置に切り替えることも可能です。 その場合は、装置代の実費と毎回の調整料5,000円(税別)で行います。

インビザラインコンプリヘンシブは開始から5年間、無制限に作り替えができます。

(注:最初は無料でしたが数年前に作り替えは、すでに契約済みの患者様についても有料に変更されています。)


しかし、廉価版のインビザラインはマウスピースを作成できる期間と回数が制限されていますので、治療途中で「もうちょっと綺麗にしたい」と患者様が思われた場合、乗り換え割引もないので、もうどうしようもありません。▶︎

こちらもご覧ください▶︎

マウスピース治療をお考えの方最初から当院にお越し下さるようお願い申し上げます。

お支払い方法について

一括払い:
当院受付でのお支払い、カードでのお支払い、または当院の銀行口座へお振込みください。

分割払いがご利用になれます。

・装置の作成前にインビザライン社に支払う費用以外については、10万円以下の金額は5回以内、10万円を超える金額は10回以内の分割が可能です。(お利息はかかりません。)均等払いでなくても大丈夫です。

(インビザライン社はクーリングオフもなく患者様のキャンセルに対しても一切返金はありませんのでご注意ください。)



・お支払にはクレジットカードや金利3%のローンによる最大で84回分割でのお支払いが可能です。

ご予約・お問合せ

※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。

矯正歯科の問診票(土日も診療)


こむら小児歯科矯正歯科


ごあいさつ

撮影と標準語が苦手なのでAIで失礼いたします。

12年前からインビザラインを使った “パーソナル矯正” に取り組んでまいりました。

洋館を和風建築にリフォームするのは無理があるように、矯正治療でまったく違ったタイプのお顔にするのは困難です。

「すべての患者様に対して、矯正学的に理想とされるゴールを設定して矯正治療を行うこと」は間違っていると当院では考えています。

開業以来、患者様の個性に合った歯並び(その方にとっての現時点でのベストの歯並び)のための “パーソナル矯正”をずっと考えてきました。

従来の矯正治療であれば、小臼歯を抜歯していた多くのケースがインビザラインのおかげで小臼歯を抜くことなく治療を完了できるようになりました

インビザライン・システムはワイヤー矯正と比べて導入は簡単ですが、治療を成功させることは、実は簡単ではありません。

私たちは2012年にインビザライン・システムを導入し、最初は家族やスタッフから慎重にスタートしました。

しかし、インビザライン社から最初に送られてくるマウスピースの設計をどう修正すれば良いのか当時はよくわかりませんでした。

おまけにワイヤー矯正の治療感覚とインビザラインの治療感覚は全く異なるので、本当に簡単なケース以外は怖くてインビザラインで治療できませんでした。

当時、インビザライン社のクリニカルサポートであった佐藤様にいろいろ教えてもらい、試行錯誤しながら、なんとか家族の治療を完了しました。

その後、無事に治療終了できたケースが徐々に増え、ワイヤー矯正装置との違いも徐々に明確になってきました。

従来のワイヤー矯正治療であれば、小臼歯を抜歯していた多くのケースがマウスピース矯正で小臼歯を抜くことなく治療を完了できるようになりました。

そして、2018年には当院での治療ケースがインビザライン公式サイト:Align Global Galleryに掲載されました▶。

ようやく、インビザライン治療に自信を持てるようになったので、この度、皆様にマウスピース矯正の素晴らしさを広く周知させていただくために このマウスピース矯正専用サイトを作りました。

現在では、CTレントゲンのデータをフルに利用してマウスピース矯正治療計画を立てることができるようになりました。

これからも「抜きすぎの矯正治療」をなくし、 “パーソナル矯正” を広めてまいります。


質の高い手仕事を提供するスタッフ

マウスピースが正しく設計されていても、マウスピースがお口にきちんとフィットしていなければ治療はうまく進みません。細かい観察が必要です。

患者様に対する注意深いまなざしを持ち、仕事への誇りを抱く矯正実務経験11年以上の信頼できるスタッフです。


診察
14,200人以上

矯正治療
2,200症例以上

●小児歯科歴30年以上の歯科医師3名
●インビザライン治療歴12年以上の歯科医師1名
●インビザライン治療歴9年以上の歯科医師1名
●インビザライン治療歴12年以上の衛生士1名
●インビザライン治療歴7年以上の衛生士4名

(2024.4現在)

最後になりましたが、クルマでも走行機能や安全性を無視した改造は違法になります。

「機能を犠牲にし、安全性を無視した審美矯正を行うことは、たとえ患者様から強いご要望であっても行ってはいけない」

と当院では考えています。

Information

こむら小児歯科・矯正歯科

歯並びの治療は信頼する歯科医師のもとで

大阪府豊中市中桜塚5-14-4
TEL:06-4305-4965

メインサイトはこちら▶

完全予約制

大阪府の豊中市役所東400mにある「こむら矯正歯科・小児歯科」

◎診療時間

【月、火、水】10:00~12:40

       14:30~18:40
【金】14:30~18:40 
【土】10:00~12:40、14:30~16:30
   (16:40~17:40は矯正のみ
【木、日祝】休診
日曜日に月3回、矯正のみ10:00~12:40

受付時間完全予約制です。ご来院前に0120-55-8249  or  15:30までのネット予約 での事前ご予約を必ずお願いします。電話受付は平日は18時まで、土曜日は17時までです)

また当医院では、1995年より小児歯科+矯正歯科として、強い歯を育て、美しい歯並びを造り、守ってまいりました。

これまで14000人以上のご来院があり、矯正においては2000人以上です。

2010年頃から こどもさんのむし歯が少なくなり、インビザライン矯正をご希望される方が増えたため、現在では予防歯科+矯正歯科が私たちのメインの仕事になっています。

当医院は岡町駅(阪急宝塚線)から東へ徒歩12分です。医院前に4台、医院の東隣にある白い大きな家の地下に3台の駐車場(ノーマルのアルファードの車高OK)があります。

駐輪場は医院脇と医院の東隣の白い大きな家の地下の1番奥にあります。ご不便をおかけしますが、クルマとの接触事故を防ぐために離していますのでご理解いただければ幸いです。

 桃山台、緑地公園、宝塚、箕面、茨木、吹田、伊丹、少路から来られる方もおられます。

We can help.

Your confident smile starts here!

Komura Ortho & Pedo

Wondering which treatment is right for you?

ご予約・お問合せ

メインサイトはこちら▶

※WEB予約枠が表示されている場合でも、お電話とご予約が重複した場合はご希望に添えない可能性がございますのでご了承ください。


こむら小児歯科矯正歯科