コンセプト

色々な医療機関と連携して、「健康な永久歯と美しい歯ならびのサポート」を多くの方に行っています。

お子様にはダイナミックな成長変化が期待できます。ですから豊中・こむら矯正歯科・小児歯科は歯並びが悪くなってから矯正治療を開始するのではなく、「最適の時期に治療をスタートし、インビザラインやマルチブラケット装置によって、小臼歯をできるだけ抜かずに奥歯の咬み合わせまでを直す矯正治療」を心がけています。また、「今どうしても必要なことだけを行い、仕上げの矯正はお子様が大きくなった時にお子様ご自身の選択に任せたい」というケースにも対応しています。

ブラケット

ポイント

①第二大臼歯の咬み合わせまで考えます
②成長を利用した小臼歯を抜かない治療の経験が多い
③お子さまが無理なく続けられるような工夫があります
④簡単なケースはリーズナブルな費用
⑤「見えない矯正装置」の治療費は動的治療終了まで60万+消費税(デンタルローン使用で月額9000円)

院長より

豊中・こむら矯正歯科・小児歯科は、できるだけ小臼歯を抜かずに前歯の並びだけでなく、奥歯の咬み合わせもキチンと直すため期間は長くなります。成人後も安定した良い歯並びとかみ合わせを達成することが私達の願いです。そのためには、適切な時期に親知らずを抜歯する事がほとんどのケースで必要です。 詳細についてはこちらをご覧下さい。

「矯正治療は必要ですか?」と時々聞かれます。

ざっくりと言わせて頂ければ、「虫歯治療≒家の修理」で「矯正治療≒リフォーム」です。雨漏りは修理が絶対に必要です。しかし、リフォームして「美しく快適に生活したい」という方もいれば、「雨風をしのげて住めたら良い」という方もミニマム思考の方もいらっしゃいます。

歯並びに関しても、完璧な歯並びを希望される方もおられますし、「かめるから問題ない」とお考えの方もいらっしゃいます。私たちは、自由を尊重し、保護者様のご要望をお伺いした上で、ご提案いたします。

ページトップへ

予防歯科

生活習慣を改善することで「歯の再石灰化」を促すことができれば、「なるべく削らない虫歯治療」が可能です。

豊中・こむら矯正歯科・小児歯科は、虫歯予防に関心が高く、できるだけ歯を削って欲しくないとお考えの患者様の比率が高い歯科医院です。

--歯の健康に関心の高い患者様が多いので、院内の雰囲気は生活習慣を指導する「道場」っぽいかもしれません-- 

人間にとって、歯が健康で詰め物がなく、前歯から奥歯までが美しく並んで健康的に機能していることが理想です。そのために必要なのは、「砂糖なしでは生きていけないライフスタイルを改める事」だと痛感しています。

院長より

1995年から「食事指導+なるべく削らない虫歯治療」を行ってきました。 しかし当時は、まだ「歯が黒かったら削るのが当たり前の時代」でした。

当時は、一部の歯科医から「むし歯を見落としている」とか「むし歯が悪くなるまで放置している」などと批判されました。

しかしその後、時代は変わり、「できるだけ歯を削らないことの重要性」が世間に浸透し、「ミニマムインターべーション:(最小限の介入)」が世界の常識になりつつあります。

下記に「削らない虫歯治療の流れ」をまとめました、ご参照ください。(注:予防重視の歯科です。軽度の虫歯は削らずに経過観察します。ですから虫歯の進行の早い方やジュースやお菓子を制限しない方の場合は虫歯が進んでしまいます。)

<削らない虫歯治療の流れ>

1995年
こむら小児歯科・矯正歯科を豊中市で開業
開業当初より、小さい虫歯は削らない方針を採用するも、一部の方々からは理解されない状態から始まる

2000年
なるべく削らない治療「ミニマムインターベーション」が国際歯科連盟により提唱される

2002年
日本でもようやく学校検診の方法が変わり、日本の歯科も削らない方向へ

2015年
12月に発表されたシドニー大学での研究でこの治療が正しいと証明される。(ただし、虫歯の進行の早い患者さんにはあてはまりません)


2019年
個室を作り、主に小児歯科を卒業された方を対象に予防歯科を開始しました。

ページトップへ

診療風景01 日本の子どもの虫歯は激減しています。4歳でも虫歯のない子がほとんどです。

もしお子様に虫歯が多いならば、遺伝的な理由もありますが、多くの場合は、ライフスタイルの中に問題があります。

どうか、お子様の健やかな歯のために、一度、ライフスタイルを見直されることをお勧めします。 見直すことで健康へのメリットも現れ、結果的には、「健康な体づくり」につながっていきます。

豊中・こむら矯正歯科・小児歯科の小児歯科治療は、

*経験に基づいた「なるべく削らない治療」
*ライフスタイルの改善提案をさせていただく

この2つが中心となっております。ただし、虫歯の進行の早い患者様については、当歯科の方式では対処しきれません。

ページトップへ

<治療方針の決め方について>

診療風景02

開業から20年が経過し、12,300人(2018年10月現在)の患者様(矯正患者様:1,200人)を治療させていただきました。 その中には、虫歯を予防しやすいお子様もいれば、一生懸命に頑張っても虫歯が進んでしまうお子様もいます。

矯正も同様に、簡単な矯正で済むお子様もいれば、長い間、歯列育成をしても、非抜歯矯正ではうまく並ばないお子様もいます。

誰一人同じケースはない、これが現実です。

そのために、予防歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科の知識・技術・経験、 そして評価の定まった新しい治療方法を踏まえて、お子さんの歯はもちろん、発育状況も考慮し、 合理的かつ前向きに考えて治療します。当方では治療が無理なケースは、ご希望をお聞きし、適切な医療機関をご紹介し、患者様にとって良い結果となるように努めています。理解とご協力をよろしくお願いします。

患者様にも様々なご事情があり、時には耳が痛く、受け入れがたいアドバイスになる場合がございますが、健康のために前向きに聞いてもらえたら、私達もとてもうれしいです。 一緒にお子様の健康な歯をつくり、守っていきましょう。

ページトップへ

スタッフ 小児歯科歴20年以上の歯科医師 4名 (日本小児歯科学会専門医1名を含む)
矯正歯科歴10年以上の歯科医師 1名 
一般歯科、矯正歯科歴4年の歯科医師 1名
歯科衛生士 9名
保母、幼稚園教諭資格所有者 3名
栄養士資格保有者 1名

○豊中市のこむら矯正歯科・小児歯科は、ベテラン、中堅、若手をバランス良く配置して、安全面・衛生面に配慮し治療法をアップデートしながらチーム医療を行っております。

○当院は6年以上のインビザライン治療実績があり、スタッフは、インビザラインのスマイルコーディネーターのコースを終了しています。

インビザライン スマイルコーディネーター

インビザライン スマイルコーディネーター

○最先端の治療法にすぐに飛びつくのではなく、その治療法の評価が定まった時点で治療法をアップデートするように心がけています。

○担当制の方が「なじみやすい」という利点はありますが、担当者も人間ですから見落としの可能性は残ります。さらに、もし担当者にエラーを隠そうとする心理が働けば、手遅れになってから発見される可能性もあります。そのため、当歯科では、医療過誤防止のために担当制ではなく、一人の患者様につき、複数の人間が様々な角度から確認を行いながら診療を行っています。

○治療の質を維持するため「分院」は出さず、スタッフを充実させて、診療科目を2つに限定し、診療を行っています。

ページトップへ

○豊中・こむら矯正歯科・小児歯科は治療の際、お口の中で使用する機械・器具は、患者様ごとにすべて滅菌・消毒しています。機械・器具

○多くの患者様に対応できるように機械・器具は費用をかけて、大量に準備しております。

○患者様お一人毎に交換すべての器具を取り替えるため、お待たせする場合もございます。

○紙トレー、コップ、エプロン、グローブは、患者様お一人毎に交換しております。

○スリッパは、紫外線消毒のスリッパと、使い捨てのスリッパの両方をご用意しております。

浄活水器・フィルター○上水道の水は浄活水器で浄水し、更にチェアーの除菌装置を通して使用しています。




ページトップへ

現在、こむら矯正歯科・小児歯科には予防と矯正をご希望される患者様の比率が非常に高くなっていますので、そのニーズに応えるように医院の治療内容をシフトしてまいりました。

たとえば、建築やリフォームの業界では、色々な専門の業者さんが協力して行うのが常識ですが、歯科の業界は、未だに分業制になっていません。多くの歯科では、大工さんが、解体から壁塗や電気工事も行っているような状況です。

医院の稼働率を優先して、朝は高齢者、昼からは子供、夜はビジネスマンというように色々な患者様のすべての治療を行えば、当方においては、治療の質の低下につながると考えています。

そのため、以下の治療は、当院では行っておりません。

×身体抑制しながらの治療
×笑気吸入鎮静しながらの治療
×薬剤投与が必要なケースの治療
×外科矯正治療
×差し歯等の治療
×早めにむし歯を削って白くする治療

これらが必要な場合には、他の適切な医療機関をご紹介させていただいています。

また、大きく削らないといけない治療は普段から行わないので、当院では下記が苦手な治療になります。お手数をおかけしますが、他院での受診をご検討ください。

クイック矯正(矯正の教科書に載っていない治療なのでお勧めしていません)
▲永久歯の神経処置治療(歯内療法専門医が得意な治療)豊中では城徳先生マイクロスコープを使って熱心に取り組んでおられます。)
▲折れた歯の治療(外傷歯学会の先生が得意な治療)骨と違って、歯は一度折れると元には戻らないので、最終的には削る治療が必要になります。私は大きく削る治療は得意ではありません。豊中では早田先生が外傷歯の治療に熱心に取り組んでおられます。)

歯は折れたら元には戻りません

歯は折れたら元には戻りませんー

▲開咬や骨格性の受け口の矯正治療(開咬や受け口の場合は、複雑な装置が必要で治療期間が長期間かかります。トータルプライス制の医院で治療を受けられた方が当方で治療を行うより総費用は安くなります。)

ページトップへ

PAGE TOP